スポットを探す

東京都 東京駅・丸の内・八重洲 東京駅 八重洲 銀座 有楽町・新橋・日比谷・汐留 日比谷 有楽町 新橋 日本橋・人形町 日本橋 人形町 神田・神保町・秋葉原 神田 神保町 秋葉原 御茶ノ水 水道橋 上野・浅草 上野 浅草 御徒町 鶯谷 赤羽・十条・王子 赤羽 王子 十条 中野・高円寺・阿佐ケ谷 高円寺 中野 阿佐ケ谷 浅草橋・蔵前 浅草橋 蔵前 恵比寿・中目黒 恵比寿 中目黒 立石・堀切 立石 板橋 大山 品川・大崎・大井町 大崎 大井町 品川 蒲田・大森 蒲田 大森 神楽坂・本郷・飯田橋 飯田橋 神楽坂 四ツ谷・市ケ谷 四ツ谷 千駄ケ谷 柴又・金町・亀有 金町 亀有 柴又 荻窪・西荻窪 荻窪 西荻窪 吉祥寺 三鷹・武蔵境・小金井 三鷹 武蔵境 小金井 武蔵小山・戸越 武蔵小山 戸越 目黒・五反田・白金 五反田 目黒 深川・門前仲町・清澄白河・森下・豊洲・木場 森下 清澄白河 門前仲町 谷根千 根津 湯島 千駄木 谷中 向島・曳舟・押上 向島 曳舟 東向島 麻布十番・麻布・六本木 六本木 麻布十番 渋谷 新宿・大久保 新宿 代々木 大久保 青山・原宿・表参道 原宿 表参道 青山 池袋・早稲田・高田馬場・目白 早稲田 池袋 高田馬場 目白 巣鴨・大塚・駒込 護国寺 巣鴨 大塚 駒込 日暮里・三河島・町屋 日暮里 北千住・南千住・綾瀬 南千住 北千住 小岩・新小岩 錦糸町・亀戸・大島・両国 大島 両国 錦糸町 亀戸 赤坂・霞ケ関・永田町 赤坂 浜松町・芝浦・三田 浜松町 三軒茶屋・世田谷線 世田谷線 三軒茶屋 小田急線・京王線 豪徳寺 明大前・下高井戸・千歳烏山 下北沢・駒場東大前 下北沢 二子玉川・駒沢大学 江古田・練馬・石神井公園 練馬 石神井公園 西武新宿線 自由が丘・学芸大学 自由が丘 馬込・池上 永福町・浜田山・三鷹台 築地・月島・佃島・八丁堀・新川 立川・国立・国分寺 国分寺 国立 立川 調布・府中・深大寺 深大寺 調布 府中 八王子・高尾 八王子 町田 奥多摩・青梅・五日市線 奥多摩 青梅 神奈川県 小田原周辺 足柄上郡 横浜・みなとみらい 横浜 川崎・鶴見・武蔵小杉・日吉 武蔵小杉 鎌倉・江ノ電・湘南 江の島 茅ケ崎 藤沢 鎌倉 横須賀・三浦・葉山 横須賀 三浦 箱根・湯河原 箱根 相模原・海老名・厚木 相模大野 埼玉県 大宮・浦和 浦和 大宮 所沢・狭山・入間・飯能 飯能 所沢 入間 狭山 川越・朝霞・ふじみ野・志木 川越 秩父・長瀞・三峰口 秩父 上尾・久喜・熊谷 千葉県 千葉・船橋・津田沼 千葉 船橋 津田沼 習志野 市川・本八幡 本八幡 柏・松戸・流山 我孫子 松戸 成田・佐倉・佐原・富里 群馬県 山梨県 茨城県 取手 静岡県 熱海 伊豆 栃木県 北海道 山形県 愛知県 その他 全国 台湾 台北
1〜24件(全146件)
noimage
スパイス小料理+呑み処 Magic hour(マジック アワー)
体によくておいしいものを、との思いから2020年にオープン。体を整える陰陽五行の考えも食に取り入れている。常連曰く「ここは上級家庭料理」「食べたら体が喜ぶ!」。
noimage
良酒屋(よいさけや)
材木座の住宅地にあり、常連客でにぎわう居酒屋。店主のシンさんは地元愛にあふれ、糠漬けは仕入れ先の酒販店の女将から受け継いだぬか床を使い、水カマスのフライはおでん種を仕入れる老舗から教わったものだ。瓶や缶酒は巨大冷蔵庫から、セルフで取るシステム!
noimage
野分
“鎌倉価格”の逆を行く貴重な昭和酒場。おまかせ3点盛りを頼むとイサキの炙り、ブリの漬けなど実際は4点盛りでなんと650円。酒の品書きには赤星・バイスが並び大衆酒場好きの心をつかむ。
noimage
23(ニジュウサン)
地元客でにぎわう鉄板ビストロ。看板のタコス カルニータスはしっとり生地の香ばしさと豚肉、ラードの旨味、ライムの酸味が口で一体となる未体験のおいしさだ。
noimage
寶月(ほうげつ)
江の島参道の入り口にそびえる青銅の鳥居のすぐ手前の店。注目すべきは江の島名物だった貝細工だ。父の代から店主自らが手がけた真珠貝の彫刻アクセサリーに、帆船やとぼけた人形の貝細工などが潜んでいる。
noimage
山海堂商店
元は高徳院境内に関東大震災前からあった店で、なんでもありのみやげ店。際立つのが日本の武具の数々で、模造刀や手裏剣、鉄菱と驚きの充実ぶりだ。
noimage
Cafe みなづき
自宅を改装して開店したカフェ。店主の北村厚さんが長年作っていたシフォンケーキをブラッシュアップして提供している。ハンドドリップで淹れたさらりとした口当たりのコーヒーに合う。
noimage
TEA COFFEE HASEROJI(ティー コーヒー ハセロジ)
坪庭を眺めながら、とっておきの時間が過ごせるカフェ。お供は、スコーンと冷緑茶という意外な組み合わせだ。注文ごとに急冷式で淹れる冷緑茶は最後の一滴まできっちり注ぎ、旨味を抽出する。
noimage
La maison ancienne(ラ メゾン アンシェンヌ)
古民家を利用したカフェ。人気のメニューは、スリランカ人のオーナーが同郷のシェフを迎え、2021年から出すようになった本場のカレーだ。靴を脱いで上がる店内は板張りの床が足触りよく、ホッと和む。
noimage
IL BIRRAIO
気軽なトラットリアで、季節に応じて近海の魚介を使ったパスタも登場。イタリアの海に近い街で経験を積んだ店主の坂下祐樹さんは「その時々手に入るもののよさを最大限に引き出すよう心がけています」。肉料理も評判。
noimage
marisqueria morimori (マリスケリア モリモリ)
スペイン人直伝の滋味深き田舎の味を堪能できる店。たっぷりの魚介で旨味をうんと染み込ませたシーフードパエリアは、ふくよかな磯の香りが優しく鼻に抜ける。1人前から注文可。
noimage
旧ヤム邸かまくら荘
鎌倉市農協連即売所(レンバイ)などで食材を仕入れ、毎回それらを生かしたレシピを考えて作ったカレーを提供。月替わりカレーに週替わりA、Bいずれか、または両方を組み合わせるシステムだ。
noimage
文教堂 鎌倉とうきゅう店
そのときどきの世情に沿った品揃えで、地域の人々の暮らしを支える生活密着の本屋。入り口の平台は、人の目に入りやすいように角度をつけて並べていたり、表紙と背を交互に見せてメリハリを出したり、本を見つけやすいような工夫が随所に光る。
noimage
ポルベニールブックストア
店主の金野典彦さんが出版社に勤めたのち、2018年11月に開店。棚に並ぶのは絵本、自然科学、社会科学、国内外の文化や旅と幅広く「自分の好奇心が選書の基準」という。
noimage
島森書店 鎌倉本店
駅に近く、観光客も地元の人も頼りにする地元密着の老舗書店。『吾妻鏡』などの古典や、歴史解説、伝記など、バラエティに富んだご当地本の並びは壮観だ。
noimage
鎌倉_今小路ブックストア
映像プロデューサーでもある店主の高木徳昭さんが、独立して会社を興し、2021年4月に開いた古書店。映画はもちろん、旅や歴史の本を厚く揃えている。レジ横、村上春樹の一群は入魂の棚だ。
noimage
妙本寺
境内が歴史的風土特別保存区域に含まれた寺。本堂の背後には自然あふれる衣張山(きぬはりやま)がそびえる。木立ちに挟まれた参道は鬱蒼(うっそう)とし、マイナスイオンが心地よい。
noimage
報国寺
竹の庭が有名な寺。まっすぐ伸びる約2000本もの孟宗竹(もうそうちく)が視線を空へと誘うが、実は足元も必見だ。青々とした苔がふっくらと地面を覆い参詣者を迎える。
noimage
鎌倉うどん 川ひろ
倉敷出身、関西住まいの長かった川井啓由(ひろよし)さんが、2020年に開店。両輪のひとつ、ぶっかけうどんは、修業先の倉敷うどん店の味がベース。もうひとつの看板、京風だしうどんは黄金色のつゆが麗しい。
noimage
手打釜揚うどん みよし
切りたて茹でたての完全手打ち麺を提供する店。麺肌は透明感があり、立ったエッジが美しい。鎌倉野菜や蒸し焼きイモなど旬の野菜天が付く、天ざる胡麻出汁うどんは2種の出汁で提供。
noimage
À côté zaimokuza(ア コテ ザイモクザ)
ローカル御用達のフレンチビストロ。料理だけでなくケーキや焼菓子も贅沢な味わいで人気だ。カヌレなどのフランス伝統菓子もショーケースに並ぶ。
noimage
MODERATO ROASTING COFFEE(モデラートロースティングコーヒー)
洗練された空間でコーヒーが味わえるカフェ。店主の庄司さんが店内の焙煎(ばいせん)所で毎朝ローストする豆は新鮮だ。コーヒーの風味とぶつからないよう、リキュールを使わずに仕上げたティラミスもおすすめ。
noimage
珈琲とお酒 プラテーロ
本と映画の好きな店主・平方麻衣さんのコレクションが、随所に散りばめられているカフェ。営業は14時からで、小腹を満たすちょうどよいメニューがあれこれ揃う。
noimage
燻製食堂 燻太(くんせいしょくどう くんた)
さまざまな燻製料理を味わえる店。燻製シラスのわっぱ飯は小鉢、香の物、味噌汁付きだ。自慢のベーコンが乗ったなめらかなポテトサラダも絶品。
PAGE TOP トップへ PAGE TOP 目次へ