スポットを探す

和歌山県 山口県 石川県 大分県 三重県 島根県 京都府 岩手県 熊本県 長野県 青森県 兵庫県 東京都 保谷・東久留米・清瀬・秋津 東京駅・丸の内・八重洲 東京駅 八重洲 銀座 有楽町・新橋・日比谷・汐留 日比谷 有楽町 新橋 日本橋・人形町 日本橋 人形町 神田・神保町・秋葉原 神田 神保町 秋葉原 御茶ノ水 水道橋 上野・浅草 上野 浅草 御徒町 鶯谷 赤羽・十条・王子 赤羽 王子 十条 中野・高円寺・阿佐ケ谷 高円寺 中野 阿佐ケ谷 浅草橋・蔵前 浅草橋 蔵前 恵比寿・中目黒 恵比寿 中目黒 立石・堀切 立石 板橋 大山 品川・大崎・大井町 大崎 大井町 品川 蒲田・大森 蒲田 大森 神楽坂・本郷・飯田橋 飯田橋 神楽坂 四ツ谷・市ケ谷 四ツ谷 千駄ケ谷 柴又・金町・亀有 金町 亀有 柴又 荻窪・西荻窪 荻窪 西荻窪 吉祥寺 三鷹・武蔵境・小金井 三鷹 武蔵境 小金井 武蔵小山・戸越 武蔵小山 戸越 目黒・五反田・白金 五反田 目黒 深川・門前仲町・清澄白河・森下・豊洲・木場 森下 清澄白河 門前仲町 谷根千 根津 湯島 千駄木 谷中 向島・曳舟・押上 向島 曳舟 東向島 麻布十番・麻布・六本木 六本木 麻布十番 渋谷 新宿・大久保 新宿 代々木 大久保 青山・原宿・表参道 原宿 表参道 青山 池袋・早稲田・高田馬場・目白 早稲田 池袋 高田馬場 目白 巣鴨・大塚・駒込 護国寺 巣鴨 大塚 駒込 日暮里・三河島・町屋 日暮里 北千住・南千住・綾瀬 南千住 北千住 小岩・新小岩 錦糸町・亀戸・大島・両国 大島 両国 錦糸町 亀戸 赤坂・霞ケ関・永田町 赤坂 浜松町・芝浦・三田 浜松町 三軒茶屋・世田谷線 世田谷線 三軒茶屋 小田急線・京王線 豪徳寺 明大前・下高井戸・千歳烏山 下北沢・駒場東大前 下北沢 二子玉川・駒沢大学 江古田・練馬・石神井公園 練馬 石神井公園 西武新宿線 東村山 自由が丘・学芸大学 自由が丘 馬込・池上 永福町・浜田山・三鷹台 築地・月島・佃島・八丁堀・新川 立川・国立・国分寺 国分寺 国立 立川 調布・府中・深大寺 深大寺 調布 府中 八王子・高尾 八王子 町田 奥多摩・青梅・五日市線 奥多摩 青梅 神奈川県 小田原周辺 足柄上郡 横浜・みなとみらい 横浜 川崎・鶴見・武蔵小杉・日吉 武蔵小杉 鎌倉・江ノ電・湘南 江の島 茅ケ崎 藤沢 鎌倉 横須賀・三浦・葉山 横須賀 三浦 箱根・湯河原 箱根 相模原・海老名・厚木 相模大野 埼玉県 大宮・浦和 浦和 大宮 所沢・狭山・入間・飯能 飯能 所沢 入間 狭山 川越・朝霞・ふじみ野・志木 川越 秩父・長瀞・三峰口 秩父 上尾・久喜・熊谷 千葉県 野田 千葉・船橋・津田沼 千葉 船橋 津田沼 習志野 市川・本八幡 本八幡 柏・松戸・流山 流山 我孫子 松戸 成田・佐倉・佐原・富里 群馬県 山梨県 茨城県 取手 静岡県 熱海 伊豆 栃木県 北海道 山形県 愛知県 その他 大阪府 全国 台湾 台北
97〜120件(全146件)
noimage
東慶寺
通称「縁切寺」で知られる東慶寺といえば、ウメの名所として有名だが、梅雨の時期には境内の参道がアジサイ一色に。華やかな園芸アジサイだけでなく、侘寂を感じさせるヤマアジサイも可憐な花を咲かせる。
noimage
青蓮寺(しょうれんじ)
きれいに手入れされた青蓮寺の境内には石像や石塔があり、季節によって異なる顔を楽しめる。四季折々、花を眺めながらのそぞろ歩きもいい。アジサイの咲く季節なら墓地裏の高台へ。古い石仏群に寄り添うように青いアジサイが群生している。
noimage
二階堂
鎌倉宮から瑞泉寺へと続く谷戸道、通玄橋を過ぎると崖の斜面にはアジサイが埋め尽くされている。10年以上前にボランティア活動としてアジサイの植栽が始められ、現在では400株ものアジサイが咲いている。
noimage
珈琲ヲガタ
コーヒーを愛して30年以上の店主が営むコーヒー店。カウンターの後ろには、コレクションのカップがずらり。その中から、季節やお客の印象に合わせて選ぶという。看板メニューの自家焙煎豆をハンドドリップした一杯と、店主がコーヒーと同じくらい愛してやまない“あんこ”を使ったロールケーキのセットが人気。
noimage
納言志るこ店(なごんしるこてん)
戦後にこの地で開業して以来、鎌倉の街の移り変わりを見守ってきた甘味処。学校帰りに訪れる学生も多く、胸がきゅんとなるような青春が繰り広げられていたのだとか。古き良き時代に思いを馳せながら、ノスタルジックな味わいの甘味をいただく時間もまた愛おしい。
noimage
OXYMORON komachi(オクシモロン コマチ)
鎌倉小町通りにあるカリーと甘いものと雑貨のお店。素材の持ち味を存分に生かしたカリーと、どこか懐かしく力強いお母さんが作ってくれたようなスイーツが人気を集める。味のある古家具が配置された店内には穏やかな空気が流れ、ついつい長居してしまいそうだ。
noimage
井上蒲鉾店 本店
鎌倉に古くからあるかまぼこの専門店。歯ごたえに腰があり、雪のように白い、江戸時代から伝わる蒸しかまぼこから、鎌倉いちばブランドの野菜を使用したカラフルなかまぼこまで様々な商品を取りそろえている。グチと相性良く焼き上げた甘い伊達巻も人気の店。
noimage
カフェ チー坊ノワール
陶芸教室とギャラリーも展開しているカフェ。チー坊とは陶芸教室にいる黒猫の名前だという。いつの間にか近所のみんなから愛され、溶け込んでいったチー坊と一緒に「エスプリの効いた時間」と「チー坊ストーリー」を楽しんではいかが?
noimage
北鎌倉燻煙工房 市場店
ウイスキーの古罇のチップで燻製したアーモンドやクルミなどのナッツをホワイトチョコレートでコーティング。チョコレートの甘みがあるはずなのに、スモーキーな風味が鼻に抜け癖になる。
noimage
arbre noir YAKUMI(アルブル ノワール ヤクミ)
日本古来の薬味をオリジナルレシピで手がける薬味専門店。薬味には昔から伝わる日本人の知恵と効能が秘められているとか。他の食材とも合うが、薬味本来の色、香り、風味をぜひ楽しんでほしい。
noimage
【閉店】かまくら七十二
1年に72回訪れる季節の移ろいにそって、作り手が丁寧に作り出す「贈り菓子」のギャラリーかまくら七十二。店内に並ぶお菓子からは、「手土産」という、めぐる季節を感じ取り暮らしの中に取り入れられてきた美しい習慣を感じ取れる。
noimage
鳥料理ごとう
最高級の比内地鶏のみを使用する店。備長炭で焼いた串焼きを口にすれば、その弾力と濃厚な味わいで食べた人の舌を唸らせる。日本酒は定番10種・限定仕入れ約20種が揃う。
noimage
萬屋商店(よろずやしょうてん)
大正初期創業という歴史を誇る酒屋。販売している酒やつまみなどは買えば飲食OKの和気あいあいとした店内では老若男女幅広い客が集い、楽しい時間を共有できるのも特徴だ。
noimage
山本餃子
アットホームな空気が流れる店内は居心地が良く、女性でも入りやすい店。餃子はニラやニンニク不使用なので、匂いを気にせず餃子を堪能できるのも嬉しいポイント。
noimage
小町 よしろう
オムレツやいわし黒酢煮など女将・姫田さんの手料理にはファンも多いという創業約30年の店。また、昼間は「甘処あかね」として営業しており、甘味好きにも知られている。
noimage
TRES(トレス)
店を切り盛りする夫婦はどちらもソムリエというワイン食堂。ワインは国内外の少量生産ものを中心に500本ほど並ぶ。おつまみは食べ応え抜群の一番人気の水餃子がぴったり。
noimage
三献(さこん)
コシが強い徳島の手延素麺「半田麺」をはじめ丁寧に作られる品々と、酒がよく合う。旬の魚介や鎌倉野菜を使用したクオリティの高い一品料理も特徴的でぜひ注文したい。
noimage
【閉店】円覚寺如意庵茶寮 安寧 an-nei(えんかくじにょいあんさりょうあんねい)
お寺の境内にある、住職の奥さんが週3回のみ開く茶寮。名物の安寧あんみつは、時間をかけて手作りした寒天と茹でたての白玉がハーモニーを奏でる。縁側に面した日本庭園を眺めれば、心安らぐこと請け合い。
noimage
テールベルトとカノムパン
閑静な住宅街に佇む、カフェ&ベーカリー。DIYやヴィンテージ家具がセンス良く配置された空間には、スタッフのセレクトした本や雑貨、観葉植物なども並ぶ。県内産の小麦とオーガニック素材を使ったパンは絶品。
noimage
Sasho(サショ)
昭和初期の鎌倉の風情を守り続ける和喫茶。昭和2年に建てられた古式ゆかしい建物を、店主の祖父が10年かけて作った広大な日本庭園が囲む。要予約のランチは、季節感あふれる料理を丹念に手作り。
noimage
Garage Bluebell(ガレージ ブルーベル)
線路沿いにひっそりと佇む、古民家をリノベーションした隠れ家カフェ。ポット出しの紅茶やスコーン、キャロットケーキなど、英国スタイルのメニューが揃う。アフタヌーンティーに立ち寄りたい。
noimage
味噌屋 鎌倉INOUE
日本人の味噌離れを解消スべく、長年レストランのシェフとして培ってきた技術で味噌料理を開発。ランチでは、味噌漬けした鶏肉のフライドチキンが味わえる。
noimage
Latteria BeBè kamakura(ラッテリア ベベ)
チーズ工房を併設した古民家を改築してできたレストラン。搾りたての生乳を使ってできた新鮮なモッツァレラは、ピッツァとして焼き上がった後もコクと爽やかさを失わなず、お腹に優しい。
noimage
Pho RASCAL(フォー ラスカル)
「ラーメンのような感覚で、フォーを身近に味わってほしくて」と語る店主の新井秀明さん。最後の一滴まで飲み干せそうな優しいスープと弾力ある麺の相性は抜群。
PAGE TOP トップへ PAGE TOP 目次へ