スポットを探す

和歌山県 山口県 石川県 大分県 三重県 島根県 京都府 岩手県 熊本県 長野県 青森県 兵庫県 東京都 保谷・東久留米・清瀬・秋津 東京駅・丸の内・八重洲 東京駅 八重洲 銀座 有楽町・新橋・日比谷・汐留 日比谷 有楽町 新橋 日本橋・人形町 日本橋 人形町 神田・神保町・秋葉原 神田 神保町 秋葉原 御茶ノ水 水道橋 上野・浅草 上野 浅草 御徒町 鶯谷 赤羽・十条・王子 赤羽 王子 十条 中野・高円寺・阿佐ケ谷 高円寺 中野 阿佐ケ谷 浅草橋・蔵前 浅草橋 蔵前 恵比寿・中目黒 恵比寿 中目黒 立石・堀切 立石 板橋 大山 品川・大崎・大井町 大崎 大井町 品川 蒲田・大森 蒲田 大森 神楽坂・本郷・飯田橋 飯田橋 神楽坂 四ツ谷・市ケ谷 四ツ谷 千駄ケ谷 柴又・金町・亀有 金町 亀有 柴又 荻窪・西荻窪 荻窪 西荻窪 吉祥寺 三鷹・武蔵境・小金井 三鷹 武蔵境 小金井 武蔵小山・戸越 武蔵小山 戸越 目黒・五反田・白金 五反田 目黒 深川・門前仲町・清澄白河・森下・豊洲・木場 森下 清澄白河 門前仲町 谷根千 根津 湯島 千駄木 谷中 向島・曳舟・押上 向島 曳舟 東向島 麻布十番・麻布・六本木 六本木 麻布十番 渋谷 新宿・大久保 新宿 代々木 大久保 青山・原宿・表参道 原宿 表参道 青山 池袋・早稲田・高田馬場・目白 早稲田 池袋 高田馬場 目白 巣鴨・大塚・駒込 護国寺 巣鴨 大塚 駒込 日暮里・三河島・町屋 日暮里 北千住・南千住・綾瀬 南千住 北千住 小岩・新小岩 錦糸町・亀戸・大島・両国 大島 両国 錦糸町 亀戸 赤坂・霞ケ関・永田町 赤坂 浜松町・芝浦・三田 浜松町 三軒茶屋・世田谷線 世田谷線 三軒茶屋 小田急線・京王線 豪徳寺 明大前・下高井戸・千歳烏山 下北沢・駒場東大前 下北沢 二子玉川・駒沢大学 江古田・練馬・石神井公園 練馬 石神井公園 西武新宿線 東村山 自由が丘・学芸大学 自由が丘 馬込・池上 永福町・浜田山・三鷹台 築地・月島・佃島・八丁堀・新川 立川・国立・国分寺 国分寺 国立 立川 調布・府中・深大寺 深大寺 調布 府中 八王子・高尾 八王子 町田 奥多摩・青梅・五日市線 奥多摩 青梅 神奈川県 小田原周辺 足柄上郡 横浜・みなとみらい 横浜 川崎・鶴見・武蔵小杉・日吉 武蔵小杉 鎌倉・江ノ電・湘南 江の島 茅ケ崎 藤沢 鎌倉 横須賀・三浦・葉山 横須賀 三浦 箱根・湯河原 箱根 相模原・海老名・厚木 相模大野 埼玉県 大宮・浦和 浦和 大宮 所沢・狭山・入間・飯能 飯能 所沢 入間 狭山 川越・朝霞・ふじみ野・志木 川越 秩父・長瀞・三峰口 秩父 上尾・久喜・熊谷 千葉県 野田 千葉・船橋・津田沼 千葉 船橋 津田沼 習志野 市川・本八幡 本八幡 柏・松戸・流山 流山 我孫子 松戸 成田・佐倉・佐原・富里 群馬県 山梨県 茨城県 取手 静岡県 熱海 伊豆 栃木県 北海道 山形県 愛知県 その他 大阪府 全国 台湾 台北
25〜48件(全146件)
noimage
SLOVE(スローブ)
十割そばが看板商品の店。なめらかな喉越しとソバ本来の深く濃い香りのタッグに拍手だ。古材をアップサイクルしたウッディな内装も魅力。
noimage
BREEZE BIRD CAFE&BAKERY(ブリーズバード カフェ&ベーカリー)
ランチがパスタ、魚、肉の3種から選べるカフェ。食後には柑橘のさわやかな風味が香るランチデザートが登場する。ほぼ週替わりで内容が一新されるのもうれしい。レジ隣には毎朝焼きたてのパンが10種ほど並ぶ。
noimage
稲村ヶ崎温泉
遠くには江ノ島、天気がいいと富士山。美しい鎌倉の海を眺める露天風呂が評判の天然温泉。泉質は世界でも珍しいモール泉で、褐色がかった黄金色が特徴的だ。木をあしらった内装は重厚感があり、高級旅館のような風情があり落ち着いた雰囲気。朝はさわやかな潮風、きらきらとした海に落ちる夕焼け、海に浮かぶ月と、どんな時間でも素晴らしい風景が待っている。
noimage
立呑処まごころ(した心)
夜な夜な長谷のジモティが集う居酒屋。時折ある音楽ライブを肴に深酒している。目の前が由比ガ浜という空気に酔い、そしてオーナー兼皿洗いの虎さん、店長マッキーさんの最高にゆるいコンビの人柄にも酔える。
noimage
昭和スウイング立飲みバアル テンスケ
深夜に開いている食堂が皆無に近い鎌倉で、午前までしっかり食事ができる地元民の深夜食堂としても機能している。お酒のちょっとしたおつまみから、炭水化物がっつりの食事までメニューの豊富さはレストラン並みだ。
noimage
天昇
自分で冷蔵庫を開けてホッピーとグラスを取り出す常連、天昇が好きすぎて週4回串打ちを手伝いに来る女性客などがいる地元愛され酒場。もつ煮のスープで煮込んだ串煮込みが名物だ。L字カウンターが特等席。
noimage
Hostel YUIGAHAMA + SOBA BAR
湘南を中心に活躍するクリエイターたちが結集し、人力車の車庫・事務所だった建物をゲストハウスにリノベーション。“MEET LOCAL”をテーマにしているこの宿には、単純に宿泊するだけでなく、地元の人の日常を少しでも体験できる場にしたいと、地元の人気店『ふくや』の2号店を併設している。地元の『ふくや』ファンと宿泊客の間で、自然に交流が生まれるという。
noimage
鎌倉ゲストハウス
宮大工による和風建築の料亭をゲストハウスに改装。最大の特徴は、囲炉裏のある共有スペースだ。夕飯どきには自然と人が集まり、ゲスト同士やスタッフとの間で会話が生まれる。初対面でも酒を酌み交わすうちに地下のバーへ、近隣の飲み屋へと流れることもしばしばあるという、新たな出会いが生まれる場所でもある。
noimage
WELKAM
Welcome to kamakuraでこの店名。鎌倉の旅のちょっとした思い出になればと、地元在住のオーナーがデザインした鎌倉みやげを販売する。
noimage
chahatカマクラ(チャハットかまくら)
小さな1軒家にインドの布製品やネパールのレザー小物など旅先で出合った品々が並ぶ。鎌倉をモチーフにした独特な絵葉書もおすすめ。
noimage
豊島屋 本店
鳩サブレーで知られる、明治27年(1894)創業の和菓子店。本店には鳩サブレー以外にも、鎌倉限定商品の和三盆製打ち菓子・若宮大路などが並ぶ。お菓子だけでなく、様々な愛らしい鳩グッズ「鳩これくしょん」(文具や雑貨)があるのも本店の魅力だ。
noimage
鎌倉・文具と雑貨の店 コトリ
2011年に由比ガ浜に開店、翌年より大町に移転した、使って楽しい文具と雑貨のセレクトショップ。遊び心あるオリジナルグッズも揃う。
noimage
ポタティス
目の前が海という絶好のロケーションの店。ポテトは5種の形状、12種のディップから選び、シェイクはバニラかヨーグルトのベースに、フレーバーやトッピングを追加するスタイル。迷ったらオススメを聞こう。
noimage
高崎屋本店
輸入ビールを約60種販売。店内でひときわ目立つのが、鎌倉の大仏をイメージしたラベルの黒ビールで、香ばしさと甘さが同居した軽い口当たりと飲みやすさが特徴だ。量り売りしている紹興酒や焼酎もおみやげに最適。
noimage
豊島屋洋菓子舗 置石
鎌倉みやげの定番である“あの”お菓子を粉砕し、練り込んだソフトクリームを販売。しっかりミックスされているから、最後の一口までサクサクの食感を楽しめる。
noimage
極楽寺坂切通し
極楽寺から由比ガ浜へ抜ける切通しで、切通しの雰囲気が薄い道。現在は車道のために元の道をかなり掘り下げている。元は切通しの上にある成就院脇の道と同じ高さにあったといわれる。
noimage
巨福呂坂切通し(こぶくろざかきりどおし)
現在は巨福呂坂洞門となった切通し。車道として残っている。また、鶴岡八幡宮から切り通し方面に向かい、途中から左に折れて行くと民家に突き当たるが、そこが元々のルートで、ちょうど洞門の上部近くまで行ける。
noimage
名越切通し(なごえきりどおし)
鎌倉から三浦へ通じていた要路。横須賀線が開通する明治22年(1889)までは幹線道路として利用されていた。道の途中には防御のためか大きな置き石と呼ばれる岩が置かれている。
noimage
朝夷奈切通し(あさいなきりどおし)
朝比奈切通しとも表記する。頼朝時代、朝夷奈三郎義秀が一夜で切通しを開削したことからこの名がついたようだ。道の長さ、景観とも素晴らしい。
noimage
化粧坂切通し(けわいざかきりどおし)
仮粧坂とも書く切通し。鎌倉幕府滅亡前、元弘元年(1331)の元弘の乱でとらえられ、首を切られた日野俊基の墓が近くにあるが、実はこの化粧坂で首を切られたようだ。切通しには岩壁はないが、道には岩が露出していて勾配は急だ。
noimage
大仏切通し
鎌倉から藤沢方面に抜ける切通し。道の真ん中に巨石があることや、両側にある岩壁の様子は、七口の中でも見ごたえのあるものだが、この様相が鎌倉時代からあったものかどうかは不明だ。
noimage
亀ヶ谷坂切通し(かめがやつざかきりどおし)
別名が亀返坂。亀も引き返したというほどの急坂だったようだが、今は歩きやすい緩やかな坂だ。仁治元年(1240)に北条泰時が造ったとされるが、本当のところは不明。現在、車は通行止めなので歩くにはいいところだ。
noimage
お蕎麦 結(おそば ゆい)
北海道、滋賀、福井など、そば粉は産地を変えながら手打ち。十割、田舎もあるが、まずは二八の細打ちを。干ししいたけも加えたそばつゆにつければ、思いの外、しなやかだ。締めは注文後に仕上げるそば団子で。
noimage
AWANOUTA
「安心して食べてもらいたい」と化学調味料を一切使わない店。真っ黒な見た目に反し角のない優しい味のラーメン・七里ブラックと、スープがまるでポタージュのような豚泡ラーメンが看板メニューだ。
PAGE TOP トップへ PAGE TOP 目次へ