スポットを探す

東京都 東京駅・丸の内・八重洲 東京駅 八重洲 銀座 有楽町・新橋・日比谷・汐留 日比谷 有楽町 新橋 日本橋・人形町 日本橋 人形町 神田・神保町・秋葉原 神田 神保町 秋葉原 御茶ノ水 水道橋 上野・浅草 上野 浅草 御徒町 鶯谷 赤羽・十条・王子 赤羽 王子 十条 中野・高円寺・阿佐ケ谷 高円寺 中野 阿佐ケ谷 浅草橋・蔵前 浅草橋 蔵前 恵比寿・中目黒 恵比寿 中目黒 立石・堀切 立石 板橋 大山 品川・大崎・大井町 大崎 大井町 品川 蒲田・大森 蒲田 大森 神楽坂・本郷・飯田橋 飯田橋 神楽坂 四ツ谷・市ケ谷 四ツ谷 千駄ケ谷 柴又・金町・亀有 金町 亀有 柴又 荻窪・西荻窪 荻窪 西荻窪 吉祥寺 三鷹・武蔵境・小金井 三鷹 武蔵境 小金井 武蔵小山・戸越 武蔵小山 戸越 目黒・五反田・白金 五反田 目黒 深川・門前仲町・清澄白河・森下・豊洲・木場 森下 清澄白河 門前仲町 谷根千 根津 湯島 千駄木 谷中 向島・曳舟・押上 向島 曳舟 東向島 麻布十番・麻布・六本木 六本木 麻布十番 渋谷 新宿・大久保 新宿 代々木 大久保 青山・原宿・表参道 原宿 表参道 青山 池袋・早稲田・高田馬場・目白 早稲田 池袋 高田馬場 目白 巣鴨・大塚・駒込 護国寺 巣鴨 大塚 駒込 日暮里・三河島・町屋 日暮里 北千住・南千住・綾瀬 南千住 北千住 小岩・新小岩 錦糸町・亀戸・大島・両国 大島 両国 錦糸町 亀戸 赤坂・霞ケ関・永田町 赤坂 浜松町・芝浦・三田 浜松町 三軒茶屋・世田谷線 世田谷線 三軒茶屋 小田急線・京王線 豪徳寺 明大前・下高井戸・千歳烏山 下北沢・駒場東大前 下北沢 二子玉川・駒沢大学 江古田・練馬・石神井公園 練馬 石神井公園 西武新宿線 自由が丘・学芸大学 自由が丘 馬込・池上 永福町・浜田山・三鷹台 築地・月島・佃島・八丁堀・新川 立川・国立・国分寺 国分寺 国立 立川 調布・府中・深大寺 深大寺 調布 府中 八王子・高尾 八王子 町田 奥多摩・青梅・五日市線 奥多摩 青梅 神奈川県 小田原周辺 足柄上郡 横浜・みなとみらい 横浜 川崎・鶴見・武蔵小杉・日吉 武蔵小杉 鎌倉・江ノ電・湘南 江の島 茅ケ崎 藤沢 鎌倉 横須賀・三浦・葉山 横須賀 三浦 箱根・湯河原 箱根 相模原・海老名・厚木 相模大野 埼玉県 大宮・浦和 浦和 大宮 所沢・狭山・入間・飯能 飯能 所沢 入間 狭山 川越・朝霞・ふじみ野・志木 川越 秩父・長瀞・三峰口 秩父 上尾・久喜・熊谷 千葉県 千葉・船橋・津田沼 千葉 船橋 津田沼 習志野 市川・本八幡 本八幡 柏・松戸・流山 我孫子 松戸 成田・佐倉・佐原・富里 群馬県 山梨県 茨城県 取手 静岡県 熱海 伊豆 栃木県 その他 全国 台湾 台北
1〜24件(全89件)
noimage
アルミーナ
神田の多町大通りに店を構えるパレスチナ人料理店。パレスチナ人は日本にわずか約70人しかいないと言われているため、レストランはコミュニティーというわけではないが、祖先から受け継いだ大切な味を堪能できる。
noimage
東京ブッチャーズ(トウキョウブッチャーズ)
ランチ激戦区の神田駅西口で行列のできる店として有名な『東京ブッチャーズ』は、高コスパが話題の肉料理専門店。炭火でじっくり焼き上げる赤身肉はやわらかくてジューシーで肉そのもののうま味が感じられ、ガッツリ食べたいときにうってつけ。御徒町にある系列店で醸造した食事にぴったりのクラフトビールもおすすめ。
noimage
とんかつ やまいち(とんかつ やまいち)
亡き店主の後を継いだ母と娘で営むとんかつの名店。神田須田町の閑静な一角にあり、一人でも入りやすい雰囲気。銅鍋で揚げたかつはカラッと中はジューシー、肉の甘味を感じる格別のおいしさ。ツヤツヤのごはん、赤だしの味噌汁も美味。
noimage
東京豆花工房(とうきょうトウファこうぼう)
店主・田邊与志久さんの妻の珮嘉さんが台湾出身で、一緒に里帰りした際に惚れ込み、本場で修業。豆花は「二日酔いでも食べられる」と近隣の会社員にも人気だ。
noimage
Intersection Cafe(インターセクション カフェ)
世界各国の文化や生活風景を食を通じて発信。トルコ周辺のバクラヴァは、バターたっぷりのパイ生地を焼きたてのうちに甘いシロップに漬け込むので、サクッとした部分とじゅわっと染みた部分を楽しめる。
noimage
カレー&オリエンタルバル 桃の実
ランチは、日本米に合うことを追求したカレーを提供。定番はチキンカレーだ。ディナータイムには、新設の炭火のタンドール窯の料理やナチュラルワインを提供している。
noimage
Caliquors Tokyo(キャリカーズトーキョー)
神田駅近く、夜な夜な酒ラバーが集う風変りな酒屋。自他共に認める無類の酒好き店主、白石達磨(たつま)さんが、新しいアプローチで酒を発信する基地にしたい、との思いで20年に開店した。扱うのは、クラフトビールとナチュールワイン、そしてオールお燗向けの日本酒の3本柱。有料試飲に来る客は飲食店関係者も多く、3種の酒が軽やかにクロスオーバーする。
noimage
味坊
中国東北地方の家庭料理の名店。ラム肉入り手打ち焼きそばはうどんにも通じるような手打ちのもちもちとした太麺に、ラム肉・トマト・キャベツ・セロリの具材と絶妙な醤油味がナイスマッチした絶品焼きそば。他の料理も絶品。
noimage
ASSIST COFFEE ROASTERY(アシスト コーヒー ロースタリー)
「自転車好きがふらっと立ち寄れる場所をつくろう」と開業したコーヒー店。各国のコーヒーが並ぶなか、イチオシはブラジル。ナナハンという真っ赤な焙煎機で中浅に仕上げたコーヒーは、香ばしく甘い芳香を持ち、まろやかな舌触りだ。
noimage
RAKU SPA 1010 神田(ラクスパ せんとう かんだ)
5線4駅からいずれも徒歩5分という好立地。館内すべての施設が利用できるRAKU SPAコースのほか、風呂やサウナだけを利用するコースがあり、目的や空き時間などの応じて使い分けができる。多目的に利用できるくつろぎスペースは、洗練された意匠が施され、まさに“都会のオアシス”といった雰囲気。
noimage
Chanp de Soleil(シャン ドゥ ソレイユ)
在日ベルギー人に愛されて27年。星付きレストランを皮切りにブリュッセルで修業した原田シェフの作るジビエや季節の食材を生かした料理が評判だ。
noimage
竹むら
この店は昭和5年(1930)創業時の木造建築。長年のお客がいつ来ても同じ味をと昔ながらの調理法だが、クリームあんみつも案外甘さ控えめに感じる。
noimage
【閉店】喫茶けやき
コーヒー豆へのこだわり、淹れ方、そして軽食に対しても手を抜かない姿勢で臨むハイレベルな喫茶店。スペシャリティコーヒーの最高峰である豆を多数取り扱う。また、厚切りのトーストを使った軽食も絶品なので、広々とした店内で、落ち着いたコーヒータイムを楽しもう。
noimage
Cafe Respiro(カフェ レスピーロ)
がっつり系の定食屋が多い神田駅周辺では珍しい、野菜たっぷりのご飯が食べられるカフェ。総菜もパンもすべて手作りなので、常に作りながら出しながら、品切れが出たら、代わりになにかをアレンジして、と、休む暇はない。毎日焼き上げるお菓子もギフトとしても好評で、頼れる「ふだん着のゴハン」提供する。
noimage
カレースタンドPLUCK(カレースタンドプラック)
スパイスをたっぷり使った鮮烈な味わいのカレーがならぶ『プラック』。有名店の『シターラ』『エリックカレー(現・エリックサウス)』で修業を積んだ店主が腕をふるう。
noimage
チャントーヤココナッツカリー
常時14種類ものココナッツカレーが並ぶ専門店。マイルドな辛さが広がる濃厚な味わいのココナッツカレーはクセになること間違いなし。海の家をイメージした心地よい店内でゆっくり過ごせる。
noimage
ヨンイチカレー
体にやさしい低糖質のカレーを食べられる。丁寧に抽出したコラーゲンスープがベースのカレーで、糖質量を抑えながらも、コクとうま味が凝縮された味わい。
noimage
Spice Box
ランチタイムはカレー、ディナータイムにはミールスと呼ばれる正餐を提供する『Spice Box』。本場・南インドで修業を積んだオーナーシェフが日本向けにアレンジしたメニューが並ぶ。
noimage
スープカレーカムイ
トマトベースの本格スープカレーを提供する『スープカレーカムイ』。本場北海道出身の店主が腕をふるう一皿はしっかりとスパイスが効いていて、体の芯から温まる。
noimage
Komi'z(コミズ)
『Komi’z(コミズ)』は、正統派で辛さやうま味、コクがしっかり際立つプレーンなルーのカレーを楽しめる。個性の光るトッピングや、期間限定のメニューも注目。これまでに見たことのないアレンジ系カレーに出会えるニューフェイス。
noimage
大三萬年堂HANARE(だいさんまんねんどうハナレ)
兵庫県たつの市にある、江戸時代中期創業の老舗和菓子店『大三萬年堂』が、神田の商業施設ワテラスにオープンした和カフェ。話題のスイーツも多くテイクアウトも人気だが、イートインでは和スイーツの他に食事メニューや平日ランチもある。和スイーツに使われる秘伝のあんこは絶品で、大きな竹筒に甘酒豆乳くりーむや黒本わらび餅、抹茶アイスなどが入った大三ぱふぇや、見た目も可愛いどらぱんがおすすめ。茹でたてもちもち白玉に黒蜜ときなこの組み合わせも絶妙だ。日本茶メニューも豊富だが、和菓子に合わせたブレンドの珈琲もある。
noimage
喫茶プペ
1970年オープンの喫茶店。こだわりのコーヒーのほか、オムライスやナポリタン、創業から変わらない味を守り続けるカレーライスなど、フードメニューも高い人気を集める。ランチタイムは、近隣で働く人々で連日にぎわいを見せている。
noimage
神田 雲林(カンダ ユンリン)
「接待でご利用されるお客様が多く、ごちそう感がある食材でホストの方にも喜ばれるんです」と、シェフ・成毛幸雄さん。炒め物に用いるのは、なんとその日仕入れたばかりの活蝦夷(エゾ)アワビ。同店では通年、すべてのコースに活のアワビを盛り込んでいる。
noimage
Tee Time(ティータイム)
コーヒとゴルフを愛する店主が2015年にオープンした喫茶店。コーヒー豆は毎日お店で焙煎し、数日熟成させたものを使用する。看板メニューのプレスコーヒーは、コーヒーが持つ油分までもしっかりと味わうことができる。
PAGE TOP トップへ PAGE TOP 目次へ