深川・門前仲町の基礎知識

深川・門前仲町は、江戸時代初期は漁師町。寛永4年(1627)に富岡八幡宮が創建され、門前町となり、勧進相撲や深川八幡祭などが行われた。また、この地に紀伊國屋文左衛門などの豪商も居を構えた。現在でも、富岡八幡宮をはじめ、成田山新勝寺の出開帳が起源の深川不動堂、江戸三閻魔の一つ、深川ゑんま堂など、歴史を感じる社寺がある。

隣接する木場の貯木場は木場公園に生まれ変わった。ほかにも、当時の雰囲気を再現した親水公園、江戸城築城の石置き場を整備した親水公園などが点在。門前町と自然豊かな公園を一緒に巡りたい。

illust_2.svg

1 深川ゑんま堂

色鮮やかな江戸三大閻魔のひとつ

寛永6年(1629)創建。1989年建立の閻魔大魔王像は日本最大級の大きさ。家内安全やぼけ封じなど、19の祈願ごとの賽銭箱に賽銭を投入すると、その説法が自動で流れるシステムを日本で初めて採用。

住所:東京都江東区深川2-16-3/定休日:無/アクセス:地下鉄東西線・大江戸線門前仲町駅から徒歩6分
illust_2.svg

お招き屋・ディデアン

元気が蘇る 渾身の朝食!

発芽発酵玄米、生みそ汁、糠漬けの発酵食セット800円が朝食の一番人気。看板メニューの薬膳カレー1000円〜は体に染みる味わい。参道でゆったりと過ごすひと時を。

住所:東京都江東区富岡1-15-3/営業時間:8:00~21:00LO(土・日・祝は~21:00LO、月は~15:00)/定休日:不定/アクセス:地下鉄東西線・大江戸線門前仲町駅から徒歩3分
illust_2.svg

2 深川不動堂

成田山の出開帳が期限の別院

元禄16年(1703)、成田山新勝寺の御本尊の出開帳をしたのが始まり。明治14年(1881)に不動堂が建てられた。新勝寺の東京別院で、「深川のお不動様」として親しまれる。

住所:東京都江東区富岡1-20-3/営業時間:参拝自由/アクセス:地下鉄大江戸線・東西線門前中町駅から徒歩3分
illust_2.svg

大衆酒場 魚三

昭和38年(1963)創業の人気酒場

(撮影=門馬央典)

1階と2階のコの字形カウンター席は連日多くの人でにぎわう。元が魚屋なので、魚料理が人気。まぐろ240円や中トロ650円など。コップ酒200円とアルコールもリーズナブル。

住所:東京都江東区富岡1-5-4/営業時間:16:00〜22:00(2階は〜21:30)/定休日:日・祝/アクセス:地下鉄大江戸線・東西線門前仲町駅から徒歩1分
illust_2.svg

3 富岡八幡宮

篤く信仰を集める深川の八幡様

寛永4年(1627)創建。徳川将軍家から手厚い保護を受けてきた。勧進相撲発祥の地で、境内には歴代横綱の石碑が立つ。8月15日前後に行われる深川八幡祭は、江戸三大祭の一つ。

illust_2.svg

4 木場親水公園

江戸情緒を感じる水辺の公園

木場の風景をテーマに整備した親水公園。木場駅近くから仙台堀川にかけの約900mには、石積みの掘割や木製の太鼓橋、和船などがあり、江戸情緒を感じさせてくれる。

住所:東京都江東区木場2-3丁目/営業時間:入園自由/アクセス:地下鉄東西線木場駅から徒歩2分
illust_2.svg