お招き屋・ディデアン

汗かき食べながら、代謝アップを実感

赤いクコの実をちりばめた薬膳カレーセット ケフィアヨーグルトドリンク付1000円(11~17時、夜は1300円)。

サラリとしたスープタイプの極辛カレー。しかし、辛味がジャスミンライスと合わさると、深いコクと甘みが口いっぱいに広がる。コクの正体は、名古屋コーチンのガラで取るブイヨンだ。「濃厚過ぎて冷蔵庫で固く煮こごるので、のばすのにひと苦労」と、シェフの永添愼一さんは苦笑いする。使用スパイス20数種類の中には、当帰(トウキ)や高麗人参など変化球もあり、独自の風味を醸し出している。体にいいものを伝え続けてきた『お招き屋・ディデアン』。完食後、「医食同源」の言葉がよぎった。

スタッフの皆さん。
薬効高い珍茶が揃うが、お酒もある。

『お招き屋・ディデアン』店舗詳細

住所:東京都江東区富岡1-15-3/営業時間:8:00~21:00LO(土・日・祝は~21:00LO、月は~15:00)/定休日:不定/アクセス:地下鉄東西線・大江戸線門前仲町駅から徒歩3分

ビストロ アギャット

週に2、3度届く「父」ブランドの野菜が立役者

平日限定ランチ1000円。日替わりの鮮魚か肉料理かを選べ、スープ、有機野菜のサラダ、パンがセットに。

もとは小料理屋だった”純和”な店舗で、2011年6月から夫妻二人で営む。「日本にある食材で表現するフレンチ」がモットーの店を支えるのは、シェフの父上が育てる山形の有機野菜。今や自家農園と化した畑から届く食材は、平日限定ランチでも味わえ、この日はポワレしたメダイに大葉をソースにして添えた。ビネガーの酸味、クルミのコクと相まって、大葉の香味が強すぎずちょうどの塩梅。付け合せのグリル野菜にも底力を感じる、親子の力を終結したひと皿だ。コースランチは2700円~(4200円もあり)、ディナー4200円~(5500円、8000円~10000円のおまかせコースあり)。

秋葉哲俊さん、陽子さん夫妻。
6名まで利用可の個室も。

『ビストロ アギャット』店舗詳細

住所:東京都江東区富岡1-24-8/営業時間:11:30~13:00LO・18:00~22:00LO(土・日・祝は12:00~13:30LO・18:00~21:30LO、火は夜のみ)/定休日:月(祝の場合翌)/アクセス:地下鉄東西線・大江戸線門前仲町駅から徒歩2分

来々軒

店主の熱意に感謝! 受け継がれる木場名物

餃子5個530円。土産用は生、冷凍あり。

50年続いたタンメンの名店がのれんを下ろすと聞き、先代に直談判して味の継承を許されたのが約2年前。「何を入れてどう作ってるか、全部教えるよ」と語る店主・荒張好衛さんだが、スープをすすれば、それが一朝一夕の味でないことは明確だ。主に鶏ガラとモミジでとったスープは、煮干しとサバ節が深みを持たせ、野菜の甘みも加わったシンプルな奥深さ。同じスープで茹で、多めの油で揚げ焼きにする餃子とは、いつの時代も名コンビ!

タンメン760円。強いコシが自慢の太麺というのが珍しい。ほか、餃子3個は270円、しょうゆラーメン600円、ビール中びん630円、ラー油500円。
タンメンの具の野菜だけをサービスで供する。注文したものが出てくるまで、それを肴にビールを開ける人多し。

『来々軒』店舗詳細

住所:東京都江東区東陽3-21-4 ライオンズマンション東陽2/営業時間:10:00~15:00・17:00~20:00/定休日:月(祝は翌)・第3火/アクセス:地下鉄東西線木場駅から徒歩5分

満寿庵

そば前からそば、デザートまでフルで楽しめる

ダッタンそば茶プリン450円と、季節野菜のバラ天せいろ1650円。ダッタンそば茶を使ったミルクプリンで、ピスタチオをトッピング。絶品!

木場で材木業を営む社長が、そば好きが高じて始めた店。昨年赤坂見附から当地へ移転した。モットーは「挽きたて、打ちたて、茹でたて」。北海道、茨城県のソバの実を自家製粉し、上品な二八そばに仕上げた。「バラ天せいろ」の「バラ天」はひと口サイズに切ったエビやさつまいも、ズッキーニなどの天ぷらを指し、噛むと水気がほとばしる新鮮素材でつゆをつけずともうまい。日本酒も充実し、そば前も◎と評判だ。

打ちたてを味わってもらうべく1日5回は打つ。
広々とした店内。テーブル54席。

『満寿庵』店舗詳細

住所:東京都江東区富岡1-22-29/営業時間:11:30~14:00(土・日・祝17:00~20:00)/定休日:無/アクセス:地下鉄東西線・大江戸線門前仲町駅から徒歩2分

バール フランセ ラ・レプブリック

シェフ思い出の仏・地方料理にワインが寄り添う

エスカルゴのブルゴーニュ風830円、温野菜のアンチョビソース850円。

ブルゴーニュ地方で修業経験がある小林英幸さんの手がける料理は、当時食べた味を再現したものが多い。「ここにお客として来たら、必ずこれを頼みます」と断言するのがエスカルゴ。ガーリックを香りづけたバターとサクサクのパン粉がエスカルゴを包み込み、ワインもバケットも恋しくなる。見た目に男気あふれるシュークルートは、いっしょに煮込んだ酢キャベツが塊肉の旨さを引き出す。ディジョンマスタードをたっぷりつけて召し上がれ。

じっくり煮込んだ豚肉と骨付ソーセージのシュークルト980円。
キッチンを囲むカウンター席、奥まったテーブル席。シェフは全席を見渡せる。

『バール フランセ ラ・レプブリック』店舗詳細

住所:東京都江東区深川2-12-7 喜久屋ビル/営業時間:11:30~13:30LO・18:00~22:30LO/定休日:日・第1月/アクセス:地下鉄東西線・大江戸線門前仲町駅から徒歩5分

取材・文=佐藤さゆり、松井一恵、信藤舞子、阿部真奈美(teamまめ) 構成=松木里絵 撮影=高野尚人、オカダタカオ、金井塚太郎、井原淳一