早稲田の記事一覧

1〜10件(全11件)
早稲田の杜に生まれた新しい文化の発信基地。10月にオープンした「村上春樹ライブラリー」に行ってみました
早稲田大学早稲田キャンパスに、早稲田大学国際文学館(通称:村上春樹ライブラリー)が10月1日に開館した。作家・村上春樹氏から寄贈された書籍や執筆関係資料、数万枚のレコードなどを所蔵。同キャンパスの4号館を改築した本館の設計は、建築家の隈研吾氏が手掛けており、扉をくぐると木を使ったぬくもりあふれる「階段本棚」が出迎えてくれる。隈氏は設計に際して「日常から突然違う世界に入ってしまう、トンネルのような村上文学の要素を意識した」とのこと。定期的に入れ替わる開架は、村上作品だけではなく、街や音楽、食にまつわる本などジャンルはさまざま。
変わりゆく街の記録、“路地ャース”結成、レレレのレ……10月上旬の「こりゃいいぜ!」紹介【投稿ピックアップ】
さんたつサポーターが街を歩いて見つけたものを投稿する「こりゃいいぜ!」、10月に入ってから投稿いただいたなかから一部をご紹介します。素敵な投稿をしてくださった方にAmazonギフト券をプレゼントする「今月のいいぜ賞」も10月から始まりました。また、新しいお題も追加されています。引き続き、素敵な投稿をお待ちしております!
西早稲田『イトウベーカリー』は、赤坂の老舗「長野ベーカリー」の味を受け継いだ町パンの超優等生
地域の再開発や後継者などの問題で、廃業してしまう老舗ベーカリーは多い。しかし、今回、紹介する『イトウベーカリー』は、あるユニークな形で老舗ベーカリーの味を受け継いで、見事に成功した。どのような経緯があったのか、紹介しよう。
神田川沿いに文化の変遷をたどる散歩コース 〜早稲田・江戸川橋エリア〜
匠の技や大名庭園など、日本の伝統文化を垣間見るエリア。これらとは異なる文化をもつ大聖堂や洋館が、早稲田・江戸川橋さんぽにバリエーションを与えてくれる。
健康に御利益のある神社仏閣めぐりで心身向上! ~散歩ついでに健康祈願~
神社仏閣は長い参道や高い石段を有し、参拝するだけで運動になる場所も少なくない。また静謐(せいひつ)な空間が心も落ちつかせてくれる。加えて、健康に御利益ある神社仏閣をアクセスよい都心部から選び、一石三鳥で健康アップを狙うのだ。
岩茶に単叢、鐵観音。まだまだ知らないお茶の魅力を発見! 東京の中国茶カフェ5選
長い歴史を持つ中国茶。烏龍茶やジャスミン茶など、日本人にも馴染みの深いお茶も増えているが、まだまだ奥深い魅力を秘めている。今回は、中国茶に精通した店主が営む中国茶カフェ(喫茶)を紹介する。同じ中国大陸のお茶を扱っているとはいえ、それぞれの店主のこだわりが表れるセレクトが垣間見えるなど、“四者四様”の楽しみ方ができるはずだ。
本場のお茶を気軽に楽しめる! 西早稲田の中国茶カフェ『甘露(かんろ)』
名門校が集う文教地区として知られる早稲田。この街に、本格的な中国茶を提供するカフェがある。中国茶ビギナーも利用しやすいよう、バランスよくセレクトした種類と幅広い価格設定が特徴の『甘露』だ。
名店の忘れられないサイドスープ/第11回「町中華についてくるスープ」【後編】
数々の名店を取材してきた町中華探検隊が、中華にとどまらず和食や洋食も併せ飲む「町中華」の気になるメニューや文化を研究。第11回は「町中華についてくるスープ」。メニューにないけど黙ってもついてくる、サイドスープ。チャーハンたちを支える、縁の下の力持ちにして料理を食べ進める推進力となる。本来地味な存在だが、ときに「語りたくなるレベル」のスープたちに出合えるのが町中華探検の醍醐味でもある。今回は前回に続いて町中華のスープを深堀りしてみたい。
新大久保駅からはじめる新大久保・早稲田・護国寺散歩~コリアンタウンから文教地区まで街の表情も多彩なコース
名物グルメの食べ歩きも楽しみな大久保コリアンタウンに始まり、戸山公園の豊かな自然を楽しみ、伝統建築にふれる木組み博物館や名門・早稲田大学、文教地区の歴史を今に伝える永青文庫や鳩山会館など、明治から現在までの文化の変遷を楽しむ散歩コース。
これで街歩き御利益フル装備! 散達的七福神めぐり
家内安全商売繁盛などなど世間的な御利益がある神様・仏様がいるならドカドカ歩く人向きの神様がいたっていいじゃないか! 不屈の散歩ファンが詣でるべき、素敵な御利益ある神仏様を、えいやぁと巡礼するのだぁ。

早稲田のスポット一覧

1〜12件(全17件)
早稲田大学国際文学館(村上春樹ライブラリー)
2021年10月に開館した、早稲田大学早稲田キャンパス内のライブラリー。作家・村上春樹氏から寄贈された書籍や執筆関係資料...
イトウベーカリー
メニューはサンドイッチなど惣菜系が多め。店主の伊藤さんによると「朝、仕事の前に買っていってくれるお客さんを、大事にしたい...
穴八幡宮
康平5年(1062)、源義家の創建と伝わる。付近の穴の中から金剛仏が出土したことが「穴八幡」の名の由来だという。朱塗りの...
甘泉園公園(かんせんえん)
徳川御三家を補佐する役目である御三卿であった清水家の下屋敷跡。池や中島、磯渡り、築山などを配した池泉回遊式庭園で、往時の...
神田川ベーカリー
店名どおり、神田川近くの住宅地にあるベーカリー。民家の店頭に約30種類のパンが並ぶショーケースがあるだけの小さな店。添加...
新宿区立漱石山房記念館(しんじゅくくりつそうせきさんぼうきねんかん)
夏目漱石が亡くなるまでの9年間を過ごし、漱石山房と呼ばれた家があったところ。書斎、客間、回廊が再現され、展示室では漱石に...
夏目漱石誕生の地(なつめそうせきたんじょうのち)
文豪・夏目漱石は、慶応3年(1867)1月5日に、この地で生まれ、昭和41年(1966)に漱石生誕100年を記念して建て...
甘露
西早稲田で営業を行う中国茶とスイーツのカフェ。お茶は、中国茶ビギナーも利用しやすいようバランスのよい品ぞろえが特徴で、価...
五芳斉(ごほうさい)
おかみの森下よし枝さんの作り出す中華は、家庭的で温かみにあふれている。麺類はボリュームたっぷり、定食メニューも大充実と、...
永青文庫(えいせいぶんこ)
刀剣や茶道具、東洋美術まで、およそ6000点の美術工芸品(うち国宝8件)と8万8000点の歴史文書を所蔵。膨大なコレクシ...
関口芭蕉庵(せきぐちばしょうあん)
俳人・松尾芭蕉が延宝5年(1677)から3年間ほど居住した後に、芭蕉を慕う人々により「芭蕉堂」や「五月雨塚」などが建てら...
キッチンミキ(きっちんみき)
メニューのほとんどがライスとスープが付きで500円という安さ。自慢のハンバーグは和風やイタリアンなどバリエーションがある...
PAGE TOP PAGE TOP