串焼き 炭心

筑波地鶏と備長炭で作る極上焼き鳥

多くの客が注文するレバー290円とつくね370円。

店主の高林正隆さんと奥さんの二人で切り盛りする店は、気取りがなく、すぐに打ち解けられそうなアットホームな雰囲気がある。筑波の広大な飼育場でオーガニック飼料で育てた筑波地鶏を使い、備長炭で焼く焼き鳥は、大きめカットで食べごたえあり。なかでも高林さんが「自信あり!」と力説したのがレバー。ふっくらと焼けたレバーは粒が大きく、臭みもなく、タレとの相性もいい。鶏肉と鴨肉のミンチ、玉ねぎ、ユズ、タレを混ぜ合わせて、手練りする自家製つくねも自信作だ。

「食材と調味料、そして炭にこだわっています」と話す店主の高林正隆さん。
店内はカウンター7席と4人掛けテーブル3卓。調理はご主人、ホールは奥さんの担当だ。

『串焼き 炭心』店舗詳細

住所:東京都大田区西蒲田7-51-13 小林ビル2F/営業時間:17:00~22:10LO/定休日:月・第1火/アクセス:JR・私鉄蒲田駅から徒歩5分

若鳥焼 鳥樹 蒲田店

注文を受けてから丸鶏を切り分けて調理する鳥焼き

ももたたき1200円(奥)、そぎ身のお造り800円(右)、から揚げ(むね)700円(左)。朝絞めの若鶏だから、いずれもレア状態で提供される。

この店の焼き鳥は、串に刺して焼くのではなく、注文が入るたびに必要な部位を切り分けて調理するスタイル。看板メニューの「ももたたき」は、まずは皮面を高温でパリッと焼き上げ、続いてひっくり返して身側を焼く。生でも食べられるほど鮮度が良いので焼き加減はレア。自家製のポン酢ダレで味わえば、香ばしい皮や柔らかくジューシーな身は噛むほどに鶏肉本来の旨味が広がる。むね肉をサッと湯通しして、薄くそぎ切りにして、わさび醤油で食べる「そぎ身のお造り」、もも、むね、手羽先、軟骨の4種類が用意されているから揚げも中はレア状態だ。

食鳥処理免許を持つ相原さんは、「鶏肉は鮮度が命」と話す。だから、調理は、注文を受けてから鶏を捌くところから始まる。
1階はカウンター席と2人掛けのテーブル席。2階は板張りの座敷で、掘りごたつ式のテーブル席となっている。

『若鳥焼 鳥樹 蒲田店』店舗詳細

梅Q

釜めし、焼き鳥、うなぎを三枚看板に半世紀の老舗

胸の厚い部分を使う皮260円、プリプリ食感のえび塩390円、鶏肉ミンチと玉ねぎで作ったつくね260円。焼き鳥盛合わせ5本1100円。

昭和45年(1970)、東急プラザ別館の誕生とともに開業。看板料理の釜めしは、秋田県湯沢市産「あきたこまち」を、いりこ出汁を中心にしたオリジナルの魚介スープで炊くので、ふたを開けたときに出汁の香りが鼻をくすぐる。一番人気の特製五目釜めしは、牛肉、エビ、ズワイガニ、ホタテ、ごぼう、しいたけ、錦糸玉子など具だくさん。焼き鳥は1本1本店内で串打ちし、丁寧に焼き上げる。食事中心の店なので、「焼き鳥で一杯」という居酒屋的な客より、食事のサイドメニューとして注文する客が多いそう。もも、ねぎま、レバー、皮、つくね、手羽先など、1本から注文できるのもうれしい。

特製五目釜めし1840円は、通常の五目釜めし1220円とは具の種類や数、質が異なる。
飲食店が連なる蒲田東急プラザ別館の1階にあり、純和風の意匠を施した店内は、京風の雅さえ感じさせる上品な造りだ。

『梅Q』店舗詳細

住所:東京都大田区西蒲田7-69-1 蒲田東急プラザ別館1F/営業時間:11:30~14:00LO・17:00~21:00LO/定休日:不定/アクセス:JR・私鉄蒲田駅から徒歩3分

鳥万 本店

焼き鳥もいいけど、唐揚げの気分!という日は

蒲田に店を構えて55年以上、飲んべえのランドマークとも言える大衆酒場。酒飲みなら一度は巡礼しておきたい名店だ。どれを食べても“当たり”だが、名物・若鶏の唐揚は食べておきたい。食べ切れるか心配になるボリュームだが、案ずることなかれ。最小限のシンプルな味付けでありながら、正統派なジャンクともいえる味わい。パリッと衣を突き破れば、肉汁が溢れて、唐揚げを持った自分の指まで美味しくなる。常連に愛される刺し身やたくあんなどのつまみも充実しており、〆料理にはオムライスや磯辺もちまである。

300円~500円ほどのリーズナブルな価格。ついつい頼みすぎてしまう。
堂々たる風格の4階建ビル。

『鳥万 本店』店舗詳細

住所:東京都大田区西蒲田7-3-1/営業時間:16:00~23:00(日・祝は15:00~22:00)/定休日:無/アクセス:JR京浜東北線・東急電鉄蒲田駅から徒歩1分

取材・文・撮影=塙 広明、福井 晶