蒲田・大森の記事一覧

21〜40件(全157件)
noimage
大森で昭和トリップ? レトロ感満載の純喫茶『珈琲亭 ルアン』で、本格コーヒー片手に至高のカフェタイムを
ディープな飲み屋街やおしゃれなランチスポットが点在する街、大森。そんなエリアで長年愛されているのが、近年数多くのドラマのロケ地として利用されることも多い『珈琲亭 ルアン』だ。昭和レトロ感満載のノスタルジックな雰囲気漂う店内では、オーナー自らが淹れた本格コーヒーが味わえる。今回は、喫茶店100名店に選出されたこともある『珈琲亭 ルアン』を営むオーナーの宮沢さんに、お店の歴史やコーヒーへのこだわりについて詳しく話を伺った。
noimage
高級デニッシュ食パンMIYABIのハニートーストが味わえるカフェ『CAFE&BAKERY MIYABI 大森店』
JR大森駅北口の目の前にある『CAFE&BAKERY MIYABI 大森店』は、知る人ぞ知る人気の高級デニッシュ食パンMIYABIを筆頭に、さまざまな種類のパンを提供するベーカリーカフェだ。テイクアウトも可能なこちらのお店では、MIYABIの食パンを使ったメニューが存分に堪能できるという。
noimage
味も素材も一切の妥協なし! こだわり抜いた至高のラーメンを堪能できる大森の『Homemade Ramen 麦苗』
大森駅から徒歩7分の場所に『Homemade Ramen 麦苗(むぎなえ)』は店を構えている。予約不可のため、連日朝9時から店外に用意されるウェイティングリストに記帳するお客さんが絶えない名店だ。地元にも愛され、全国各地のお客さんを魅了するラーメンを提供する、『Homemade Ramen 麦苗』店主の深谷明大(あきひろ)さんに今回はお話を伺うことができた。
noimage
東京のおすすめ個性派カレー9選。カレー専門店から「ひそみカレー」「間借りカレー」まで、五感を駆使して味わい尽くしたい!
昔ながらのどろっとしたカレーに、スパイスや具材のバランスを追い求めた今風カレー。忘我するほどおいしいひとときを僕らに与えてくれるカレー。今回は東京で味わえるおすすめ9選をご紹介します。カレー専門店だけじゃなく、中華料理屋やうなぎ専門店のメニューの端に紛れている知る人ぞ知る「ひそみカレー」に「間借りカレー」も。唯一無二のカレーを目がけて、いざ、行かん! 
noimage
横浜で誕生したキャラバンコーヒーと共にゆったりとした時を。大森『MIKADO-YA珈琲店 Oomori』
JR京浜東北線 大森駅の階段を降りてすぐ目に入る『MIKADO-YA珈琲店 Oomori』。アトレ大森のフロア1階に入っており、駅の中からもアクセスが可能だ。作業を目的として来る人が多い他のコーヒーチェーン店と比べ、ここでは1人でコーヒーを味わう人、お喋りに花を咲かす方々などがそれぞれの“時”を楽しんでおり、ゆったりとした時間が流れているようだ。
noimage
いつか自分のリクエストが反映されるかも? 地元民に長く愛される、お昼のBarのようなカフェ。大森『CAFE MEMOL』
JR京浜東北線大森駅から徒歩15分のところにある『CAFE MEMOL』。カラフルな内装が特徴的な店内では、ワッフルやコーヒーのほか、恵方巻きや七草粥など、その時折の常連さんの「一人だとなかなか食べる機会がないから食べたい」 とリクエストに基づいたメニューが楽しめる。
noimage
本格派高級北インド料理をランチで気軽に堪能! 大森『インド宮廷料理 Mashal マシャール』
『インド宮廷料理 Mashal マシャール』は、インド料理業界の第一人者であるフセインシェフが提供する本格派インド料理店だ。東京・大森で2022年7月にオープンして以来、テレビや雑誌などでもとりあげられ人気店となっている。専属のシェフがタンドール釜で焼いた料理が自慢で、ディナーでは、壺焼きのビリヤーニーも楽しめる。高級インド料理店といった様相だが、ランチなら気軽に本格インド料理が堪能できるとあり、今回はランチタイムにお邪魔してみた。フセインシェフと長年家族ぐるみで親交のある、オーナーのアリさんにお話をうかがった。
noimage
蒲田で定食と言えば『壱番隊』! いつ訪れてもしっかりおいしい、魚と総菜の昔懐かしい定食屋
昼夜問わず、その場で焼いた旬の魚や煮魚メインの定食をいただける『壱番隊』。厨房をぐるりと囲むカウンターにはお総菜も盛りだくさんで、ランチ時間を外した時にはありがたい一軒だ。そんな、創業30年をむかえる蒲田の名物店にお邪魔した。
noimage
食材の持ち味を、趣向を凝らした調理法で引き出す。季節を感じるイタリア料理店、蒲田『autentico』
店名の「autentico(アウテンティコ)」とはイタリア語で「本物」という意味。旬の食材を生かした洗練されたイタリア料理を提供しており、蒲田駅の東口飲食店街から少し離れた場所にある隠れ家的な店だ。
noimage
高級中華の味を町中華で。 こだわり抜いたラーメンを大森『陳安』で味わう
『陳安』は、京急線大森海岸駅から徒歩5分ほどの場所にある中華料理店。こだわり抜いた素材を丁寧に料理して作られる四川料理がお店の一押しで、中でも胡麻の香りがきわだつ担々麵は絶品だ。店主のこだわり抜いた味に魅せられて遠方から通う常連客も多いという。
noimage
まるでジュエリー。大森のパフェ専門カフェ『and parfait』のおしゃれすぎるパフェに感嘆!
『and parfait(アンドパフェ)』は2023年2月にオープンした大森のパフェ専門店。まるで芸術品のような美しさは、一般的に想像するパフェとは一線を画す。何度でも会いに行きたくなるようなパフェなのだ。なぜこんなにも美しく完成させられるのだろうか、その秘密をオーナーパティシエの杉田浩輔さんにうかがった。『and parfait』のパフェは、疲れを癒やしてくれたり、明日からのエールをくれたりするパワーをもつ。ただのパフェではない魅力を紹介しよう。
noimage
厳選された食材と、料理への飽くなき探究心が作る絶品ラーメン。大森『京華飯店』で酸辣湯麺を食べる
大森駅から徒歩7分ほど。大通りに面した立派な門構えの中華料理店がある。それが、上海料理の専門店『京華飯店』だ。店の歴史は古く、現在の店主・諸永 強(もろなが つよし)さんは三代目。厳選した食材を使った酸辣湯麺(サンラータンメン)の人気が特に高いという。
noimage
この道50年の大将が作る会席料理を楽しめる、蒲田『お料理やまもと』。ランチは驚きのお得価格
蒲田の官庁街にある小料理屋。税務署の並びに暖簾(のれん)を掲げるこぢんまりとした佇まい。この場所に店を構えて30年以上、料理人歴50年になる大将が作る料理は、夜のコースが主体。ランチは魚介たっぷりの「づけ丼」が人気の、『お料理やまもと』を訪れた。
noimage
ボリューム満点! 本場韓国の味が楽しめる。大森『サムギョプサルとポッサムの店 PEGOPA』
JR京浜東北線大森駅東口から徒歩3分。大森銀座商店街の一角に『サムギョプサルとポッサムの店 PEGOPA』がある。2階が店舗で入り口から階段を上がると、ネオンや韓国食品の容器が並べられたおしゃれな店内が、日本に居ながら韓国へ訪れたかのような気分を感じさせてくれる。今回は店長の恩田さんから、提供する韓国料理へのこだわりを伺うことができた。
noimage
『檍』といえばとんかつ……じゃなくて 『とん汁と玄米の店 檍食堂』の麦味噌香るとん汁は、主役級の食べ応え!
とにかく店名が読めない。「おくしょくどう」なのか、店主の珍名なのかと思い店に着くと暖簾に「あおき」と書かれていた。店主は丸山正一さん。開口一番「鹿児島の人なら読めます! 檍(あおき)は鹿児島の地名なんですよ」。
noimage
扉を開ければ、そこはネパール。『スセリーネワ』の屋上から見えるのは、ヒマラヤの山々ではなく蒲田の街並み。
商店街の一角、ビルの扉を開けるとコンクリート打ちっぱなしの階段が続いている。3階まで上がると、さらに奥へと続く通路がある。ここから既に異国の雰囲気が漂ってくる。4階のレストランはまさにネパールだった。
noimage
肉厚のポークソテーか? 豪快な生姜焼きか? 元力士の2代目シェフが腕を振るう蒲田の老舗洋食『ぐりるスズコウ』で垂涎ランチ。
駅前飲食店街のなかでも、ひときわレトロな店構え。店内も、どこか懐かしい昭和テイストだ。壁には大相撲のカレンダーと、番付表。相撲界ゆかりの方が常連にいるのかと尋ねると、なんとシェフが元力士とのこと。
noimage
14日間かけて作るデミグラスソースが味の要。蒲田の土地に根差した超本格洋食店『kitchen 直樹』
蒲田駅前商店街の脇道に入った一角、「直樹」と書かれた看板が目印だ。店内は、暖色のダウンライトが優しく点るぐっと落ち着いた雰囲気。洋食の要となるデミグラスソースは、宮崎牛や香味野菜、ワインをふんだんに使い14日間じっくり煮込んでいる。味の秘密をオーナーシェフの冨田直樹さんに聞いてみた。
noimage
蒲田で人気の『ラーメン宮郎』で、濃厚な二郎インスパイア系や、卵黄やマヨでまろやかな汁なしを豪快に!
JR蒲田駅西口、東急東横線のガード下に続く蒲田東急駅前通り会は「バーボンロード」の愛称がある。その名の通り、飲み屋を中心に個性的な店舗が並ぶが、その中に『ラーメン宮郎』がある。極太の麺や大盛りの野菜、いかにもコッテリとしたスープが印象的な二郎インスパイア系の人気店なのだ。
noimage
【ピエール瀧が行くファンキー!公園】タイヤ公園(大田区)の巻
――毎月ピエール瀧さんと一緒に公園の魅力を探求していく「ファンキー!公園」!前回に引き続き、今回も東京都大田区です。西六郷公園、通称「タイヤ公園」に来ました。
PAGE TOP トップへ PAGE TOP 目次へ