蒲田・大森の記事一覧

11〜20件(全105件)
noimage
居酒屋『お酒と創作和食を楽しむお店 酒彩 たなか』。こだわりの料理と酒が新しい大森の夜を盛り上げる!
大人数でわいわい、安く飲める店が多いイメージのある街、大森。しかし近年では1人でも気軽に、おいしいお酒や手の込んだ創作和食を楽しめる店が増えてきている。2021年オープンの『お酒と創作和食を楽しむお店 酒彩 たなか』もまさにそんなお店だが……大森の街だからこその店主の思いとは?
noimage
大森の居酒屋『とり鉄』で一杯! お店オリジナルの鶏肉料理とキンキンに冷えたビールが心と体を癒します!!
「リーズナブルな価格でワイワイ飲める」店が多く並ぶ大森の街。その中でも特にサラリーマンたちに人気なのが『とり鉄』。お店オリジナルブランドの鶏肉を使用した焼き鳥などの鶏料理をつまみにキンキンに冷えたビールが相性バッチリだが……最近ではファミリー客も多くやって来るのだとか。変わりゆくお店の現在の様子とは?
noimage
大森の馬肉専門居酒屋『うま虎』で馬肉デビュー!工場直送の新鮮な馬肉だからこそできる個性的なメニューに感動。
都内では豚や牛に比べれば、まだまだお目にかかることが珍しい馬肉料理の専門店。なかでも100%馬肉料理の専門店として大森で人気を博しているのが大森の『うま虎』だ。馬刺しなどの定番メニューからオリジナリティ満点の個性派メニューまで数多く揃ったお店は常時人気で、大森の街にも根付いているという。そんな馬肉料理専門店ならではのこだわりとは?
noimage
おいしいマクロビ食で評判の蒲田『ひだまりカフェ』で体をリセット! 健康になれる味
「マクロビ」と聞くと、「健康にはいいんだろうけど、すごーく薄味なんでしょ」とか「肉ダメなんだよね?」などと、ちょっと身構えてしまう人も多いのではないだろうか。しかし、“おいしい”と“健康的”が見事に融合しているのがこの店だ。完全菜食のヴィーガンの人とそうでない人、両方が満足できる、“おいしいマクロビ”で、心と体をリセットしよう。
noimage
世界で唯一の「左右両回りコース」を導入。進化する大井競馬場にズキュン!
もともと右回りコースのみだった大井競馬場が左回りコースも導入。グルメやショップも充実しているアミューズメントパークとなっている。進化し続ける現場を見学しつつ、万馬券を狙ってみましょう。
noimage
異国情緒あふれる蒲田・大森・池上のエキゾチックグルメ7選。歩いて世界の食卓を巡れます!
アジアや中東の料理店が蒲田界隈にぐぐっと集結。しかも、他では滅多に味わえぬ郷土料理から現地に思いをはせた日本流まで幅広し。異国の風情や温かみある人柄にも触れ、ひととき、海外を旅する気分が味わえるグルメをご紹介します。
noimage
朝から夜まで日々を楽しむ、蒲田・大森のくつろぎカフェ4選。心まで潤う味と空間があります!
日に何度でも通いたくなる蒲田のカフェを4店ピックアップ。朝から贅沢な気分を味わい、楽しみなランチやおやつ、夜の癒やしタイムがそこにあります! 店内をうっとり見渡しながら、ほのぼのとした店主たちの人柄にも触れて、のんびりコーヒーをすすろう。
noimage
通い詰めたい蒲田・大森のおすすめベーカリー6店。わざわざ行きたい本格派がぞくぞくです!
昔ながらの懐かしい味を守る街のパン屋が多い蒲田界隈にも、じわじわと本格派ベーカリーが進出。中でも特に個性と実力が光る6店をピックアップしました。一度食べればそのおいしさに、ハマること間違いなし!
noimage
蒲田『和鉄』。基本を大事に21年間磨き続けてきたラーメンの味
東京でも、有数のラーメン激戦地・蒲田(大田区)。駅から直ぐの繁華街の一角で、20年以上に渡って店を続けているのがラーメン 『和鉄』だ。店主の小林康志さんは、その理由を、改善や進化ではなく「基本を大事にして、磨き続けること」だという。
noimage
矢口渡にポツンとな『ミッキー』。昔ながらのパンだったからこそ、ここまで続けられた「たまたま」の奇跡
東急多摩川線の矢口渡駅からだいぶ離れた住宅地に、『ミッキー』はポツンとある。年季の入った外観は、いかにも昔からある町パンの風情だが、聞いてみると「ただ昔からあるだけ」ではなかった。
PAGE TOP トップへ PAGE TOP 目次へ