浦和の記事一覧

1〜10件(全30件)
noimage
酒とつまみが旨い大宮・浦和の酒場5店。名物店主と肴たちが抗いがたき引力を放ちます!
埼玉酒場の目抜き通りといえる浦和~大宮間。手間隙かけた肴やよき酒が並ぶ、地元常連客に愛される5つの繁盛店をピックアップしました。温かき店主と酔客の笑顔咲く楽しい夜が待っています!
noimage
浦和のおすすめうなぎ店6選。歴史あるうなぎの街・浦和で絶品を訪ねる
「うなぎの消費量全国一」を自負する浦和。一説ではうなぎの蒲焼発祥の地ともいわれている。なぜ内陸の浦和がうなぎの蒲焼発祥の地なのか? 江戸の頃の浦和は川や沼に囲まれており、天然のうなぎが泳いでいたからだという。実際、江戸時代に創業した店もあるというから驚きだ。最盛期に比べて店舗数は減少したが、提供スタイルの拡大や若手の出現で実は間口が広がっているのだ。
noimage
大宮&浦和の熱きベーカリー4店。パンを選ぶ時からワクワクが止まりません!
ベーカリー激戦区・大宮&浦和の熱きパン屋4店をピックアップしました。店主たちがマイペースかつ質実剛健な姿勢で作るパンは、どれも甲乙つけがたいほど絶品揃いです。
noimage
埼玉食材を堪能できるおすすめ5店。季節の実りを味わい深くいただこう!
住宅地を抜けると畑が広がる埼玉はまさに農業王国。そこで、旬の味を取り入れ、他にはない料理を生み出すお店に注目し、ピックアップしました。店主の人柄もにじむ味わい深き料理揃いで、体はもちろん、心も健やかになれます!
noimage
浦和・大宮の一軒家カフェ5選。窓辺でぼんやりできるひだまり席を見つけました!
民家を改装したり、住居の一部だったり。窓からの眺めに和み、店主の趣味を散りばめた風情や、食事・おやつに心がときめく浦和・大宮のカフェをピックアップしました。丁寧に淹れられたコーヒーを手に、日常の異空間へ彷徨(さまよ)いでよう!
noimage
飲み歩きたくなる浦和の居酒屋8選。立ち飲みから上品なバーまでさまざまあります。
近年、高層ビルやマンション開発が進んでいる浦和。たとえ新しいものが増えたとしても、浦和の品の良さや心意気は決して変わらない。それ故、浦和で飲む一杯は気分が良いと感じる人が続出。まるで外国に彷徨いこんだようなバーから、気軽に入れる立ち飲みまで、思わず時間を忘れてしまうような心地良い店を挙げた。さて、どの店から飲み始めようか?
noimage
坪井慶介、浦和の街を歩く~ピッチ外の浦和の思い出巡り~
2002年のプロ生活スタートから13年、浦和レッズでプレーした坪井慶介さん。家族と過ごした懐かしの場所、チームメイトと飲み明かした夜、そしてサポーターとの思い出を、浦和の街を歩きながら振り返った。本稿では『散歩の達人』2022年3月号掲載のインタビューをWeb限定のロングバージョンでお届けします!
noimage
本屋を「街のメディア」と「表現の場」に! 北浦和『CHICACU Design Office & Bookstore』がおもしろい
北浦和に2020年に竣工したマンション「コミューンときわ」。その一室に生まれた小さな書店と店主の活動が非常に面白い。街へとにじみ出て、人と触れ合う本屋の由来と狙いを聞いた。
noimage
『楽風』の趣味人・青山さんが作った超アナログ地図「あっおやまっぷ」がすごい!
浦和駅西口を歩くと、街角や店や施設で無料配布の絵地図を見かける。その名も「あっおやまっぷ」。地元生まれの青山正博さんが2014年から描き続けている。それはどんな浦和がのぞけるものなのか?
noimage
日々の喧騒をしばし忘れられる埼玉の喫茶店7選。現実逃避したい人におすすめです!
働き過ぎだと言われる日本人だからこそ“ほっとひと息”は欠かせません。落ち着きある空間で癒やされたい人々のために、本当は教えたくない隠れ家喫茶をこっそりご紹介します!

浦和のスポット一覧

1〜12件(全64件)
noimage
立ち呑み ビアジオ
3種の味噌をブレンドしたスープで豚もつなどを煮込む、みそ煮込み串が名物。角煮串は、ずっしり重い角煮があっさりとした味噌味とジューシーな旨味が口にあふれ、生ホッピーや瓶ビールの赤星が猛烈に進む。
noimage
BAR BANK
駅の目の前ながら、螺旋(らせん)階段を上った3階という立地に穴場感が漂う店。スコッチのシングルモルトを中心にウイスキーを厚く揃え、飲み比べの手ほどきもしてくれる。
noimage
喫茶 花あかり
木野内夫妻が見沼通船堀の桜並木沿いという立地に一目惚(ぼ)れし、2010年に開店。梁を見せ、障子を立てた慎ましい和情趣で、季節替わりのスイーツがいただける。
noimage
cafe de lafet(カフェ ド ラフェット)
アンティーク雑貨で彩られたダイニングが魅力的で、おとぎ世界に迷い込んだ心地になるカフェ。クレープとお茶もいいが、ガレットは必食だ。
noimage
NEST Baking Company
異国のダイニングにいるような気分になれるカフェ。見目麗しきアメリカンケーキが味わえる。定番はキャロットケーキで、スパイス、ナッツ類などの香りの重なりが、鼻腔へ押し寄せてくる。
noimage
タイキッチン ウアムファン
タイ東北地方出身のチャンウィットさんがシェフを務め、日本の調味料・魚醤を使うなど工夫して、誰もが親しめる味を大切に仕上げている。香り高い生ハーブがタイ旅行へ誘う。
noimage
スリランカ料理 Aki Foods(すりらんかりょうり アキ フーズ)
野菜と豆がたっぷりの、スリランカの家庭料理が味わえる店。近所の直売所やスーパーの地元産売り場で調達する野菜を使った滋味深いカレーなどが登場する。
noimage
うなぎ ときわ
約25年間イタリア料理店を営んでいた店主の相田友明さんが、縁あってうなぎ屋で働き、2018年に独立。調味料ほか、ステンレス製蒸し器で骨まで柔らかくするなど、イタリアン畑での経験を存分に応用している。
noimage
うなぎ 瀧澤
居酒屋の店舗に間借りし、昼のみ営業をしているうなぎ店。うなぎは地焼き後の下処理で余分な脂を適度に洗い落としているため、本来の風味が感じられる。「普段使いできる店」を目指し、2400円以下のメニューも用意。
noimage
うなぎや せきの
四万十川で少しずつ餌を与え、1年半かけて育てられた希少な四万十うなぎを食べられる店。濃厚な旨味のインパクト、雑味のなさ、ふっくらした食感の穏やかさを併せ持ち、箸を持つ手が止まらない。
noimage
Boulangerie La Rue(ブーランジェリー ラ リュ)
2011年にオープンしたベーカリーで、毎日約120種類が次々と店頭に並ぶ。あんまんをイメージしたとろりんあんぱんなど、ありそうでなかった食感との出合いが記憶に刻まれる。
noimage
タロー屋
店主・星野太郎さんが好奇心でびわ酵母を起こしたのが原点のベーカリー。季節によって酵母が変わるため同じパンでも風味が変わっていく、繊細な日本の四季を閉じ込めたような商品を販売している。
PAGE TOP トップへ PAGE TOP 目次へ