スポットを探す

和歌山県 山口県 石川県 大分県 三重県 島根県 京都府 岩手県 熊本県 長野県 青森県 兵庫県 東京都 保谷・東久留米・清瀬・秋津 東京駅・丸の内・八重洲 東京駅 八重洲 銀座 有楽町・新橋・日比谷・汐留 日比谷 有楽町 新橋 日本橋・人形町 日本橋 人形町 神田・神保町・秋葉原 神田 神保町 秋葉原 御茶ノ水 水道橋 上野・浅草 上野 浅草 御徒町 鶯谷 赤羽・十条・王子 赤羽 王子 十条 中野・高円寺・阿佐ケ谷 高円寺 中野 阿佐ケ谷 浅草橋・蔵前 浅草橋 蔵前 恵比寿・中目黒 恵比寿 中目黒 立石・堀切 立石 板橋 大山 品川・大崎・大井町 大崎 大井町 品川 蒲田・大森 蒲田 大森 神楽坂・本郷・飯田橋 飯田橋 神楽坂 四ツ谷・市ケ谷 四ツ谷 千駄ケ谷 柴又・金町・亀有 金町 亀有 柴又 荻窪・西荻窪 荻窪 西荻窪 吉祥寺 三鷹・武蔵境・小金井 三鷹 武蔵境 小金井 武蔵小山・戸越 武蔵小山 戸越 目黒・五反田・白金 五反田 目黒 深川・門前仲町・清澄白河・森下・豊洲・木場 森下 清澄白河 門前仲町 谷根千 根津 湯島 千駄木 谷中 向島・曳舟・押上 向島 曳舟 東向島 麻布十番・麻布・六本木 六本木 麻布十番 渋谷 新宿・大久保 新宿 代々木 大久保 青山・原宿・表参道 原宿 表参道 青山 池袋・早稲田・高田馬場・目白 早稲田 池袋 高田馬場 目白 巣鴨・大塚・駒込 護国寺 巣鴨 大塚 駒込 日暮里・三河島・町屋 日暮里 北千住・南千住・綾瀬 南千住 北千住 小岩・新小岩 錦糸町・亀戸・大島・両国 大島 両国 錦糸町 亀戸 赤坂・霞ケ関・永田町 赤坂 浜松町・芝浦・三田 浜松町 三軒茶屋・世田谷線 世田谷線 三軒茶屋 小田急線・京王線 豪徳寺 明大前・下高井戸・千歳烏山 下北沢・駒場東大前 下北沢 二子玉川・駒沢大学 江古田・練馬・石神井公園 練馬 石神井公園 西武新宿線 東村山 自由が丘・学芸大学 自由が丘 馬込・池上 永福町・浜田山・三鷹台 築地・月島・佃島・八丁堀・新川 立川・国立・国分寺 国分寺 国立 立川 調布・府中・深大寺 深大寺 調布 府中 八王子・高尾 八王子 町田 奥多摩・青梅・五日市線 奥多摩 青梅 神奈川県 小田原周辺 足柄上郡 横浜・みなとみらい 横浜 川崎・鶴見・武蔵小杉・日吉 武蔵小杉 鎌倉・江ノ電・湘南 江の島 茅ケ崎 藤沢 鎌倉 横須賀・三浦・葉山 横須賀 三浦 箱根・湯河原 箱根 相模原・海老名・厚木 相模大野 埼玉県 大宮・浦和 浦和 大宮 所沢・狭山・入間・飯能 飯能 所沢 入間 狭山 川越・朝霞・ふじみ野・志木 川越 秩父・長瀞・三峰口 秩父 上尾・久喜・熊谷 千葉県 野田 千葉・船橋・津田沼 千葉 船橋 津田沼 習志野 市川・本八幡 本八幡 柏・松戸・流山 流山 我孫子 松戸 成田・佐倉・佐原・富里 群馬県 山梨県 茨城県 取手 静岡県 熱海 伊豆 栃木県 北海道 山形県 愛知県 その他 大阪府 全国 台湾 台北
1〜24件(全68件)
noimage
丸栄ベーカリー
安くておいしい、町のパン屋さんの優等生。基本のタマゴパンとクリームパンは、シンプルながら、手間のかかったおいしさ。
noimage
霊雲山 蟠龍寺(れいうんざん ばんりゅうじ)
霊雲上人(れいうんしょうにん)が、現在の目黒雅叙園付近に置かれていた称明院(しょうみょういん)を、宝永6(1709)年に現在の位置に移転し、霊雲山蟠龍寺と改名。蟠龍とはとぐろを巻いて力を蓄える龍の意。御本尊の阿弥陀如来像は東京都の重要文化財に指定されている。「山手七福神」の一つである辯才天のほか、おしろい地蔵を祀ることでも知られる。
noimage
バンコクオリエンタル
権之助坂にあるタイ料理店。2009年にオープン以来、本場の味を提供。ホーリーバジルやレモングラスなど日本国内で栽培されているタイのハーブが味の決め手。ランチはブッフェもあるがリーズナブルに単品でも食べられる。
noimage
Cachette de meguro(カシェット・ドゥ・メグロ)
目黒と恵比寿に広がる住宅街の一角にある花カフェ。イベントや店舗向けのアレンジメントフラワーを専門にしていた店主が、特別ではない日常に花のある暮らしをイメージして2021年10月にオープン。ランチはグリーンカレー、ハンバーグのほか、スイーツやハーブティーのラインナップも豊富。アレンジメントの教室も開かれる。
noimage
目黒区美術館 カフェ/ラウンジ(めぐろくびじゅつかん カフェ ラウンジ)
目黒区美術館内の休憩スペースを兼ねたカフェ。1987年の開館以来、区民のボランティアによって運営されている。コーヒーやクッキーが手頃な値段で提供されているほか、展覧会に合わせて限定メニューも登場する。
noimage
自転車文化センター(じてんしゃぶんかせんたー)
歴史的自転車の展示、全国のサイクリングマップの提供、自転車に関する書籍約1万1500冊の閲覧ができる「自転車情報提供施設」。オリジナルグッズの販売もある。
noimage
ふげん社(ふげんしゃ)
目黒通り沿いにある1階がブックカフェ、2階は写真などを印刷できるラボ、3階がギャラリーという複合施設。ブックカフェで出しているコーヒーは「大坊珈琲店」の焙煎と抽出方法を継承している。
noimage
wellk(ウェルク)
2019年にオープンしたカフェ&レストラン。レストランでのパティシエとして修業したあと、インテリアショップでの勤務経験もある店主が作るシンプルながら楽しい空間では、ラザニアやスイーツ、ワインなどがいただける。
noimage
NOON(ヌーン)
中国・韓国・タイの料理メインに、アジア料理同士を組み合わせたり、西洋料理の要素を加えたりした自由な発想で作る料理がいただける。昼は定食スタイル、夜はアラカルトで、ワインやナチュラルのマッコリなども。コンセプトは、New Asian Standard。
noimage
スタミナ串焼き 仲垣(スタミナくしやき なかがき)
「その日に仕入れた新鮮なモツを味わってもらいたい」と、毎日市場で仕入れた朝締め豚の内臓肉をもつ焼きで味わえるお店。味わってみると、新鮮なもつ焼きはどれもふわっと柔らかい食感で、全く臭みは感じない。
noimage
ランダン
人気店で来店した人が入れないことも多かった『スタミナ串焼き 仲垣』が、常連客が溢れてしまった時にと2021年10月にオープン。こちらは2階よりも席数を抑え、席と席との間隔を広く取って、ゆったり寛げる雰囲気に。おまかせコースやアラカルトで、もつ焼きはもちろん、旬の食材を使った繊細な和食がいただける。
noimage
目黒 いと。(めぐろ いと。)
目黒・権之助坂に面したビルの3階にある、日本酒バル『目黒 いと。』。100種以上の日本酒が揃うだけでなく、毎週少しづつ銘柄も入れ替わるという、日本酒好きにはたまらない店だ。合わせる店の料理は、どれも素材にこだわったシンプルな味付けの創作和食で、日本酒を引き立たせてくれる。まさに、自分好みの日本酒探ししに通うのにぴったりの店だろう。
noimage
支那ソバ かづ屋(しなそば かづや)
平成元(1989)年に山手通り沿いにオープンしたワンタンメンが名物のラーメン店。店主は浜田山の『たんたん亭』で修行ののち独立。麺、ワンタンの皮、餃子の皮も自家製でいずれもモチモチとしながらコシのある食感が特徴。近年は小さい子ども連れで訪れるファミリーも多い。
noimage
麺や維新(めんやいしん)
目黒駅周辺で屈指の名店のひとつ。スープは比内地鶏、名古屋コーチン2種類のブランド鶏が主。鶏ガラは丁寧に掃除しし、豚のゲンコツ、魚介など材料に合わせて火加減を調整するなどして取流。ツルツルした麺と鶏ひき肉がたっぷり入ったワンタン、豚と鶏、2種類のチャーシューも魅力。
noimage
麺屋 藤しろ 目黒店(めんや ふじしろ めぐろてん)
イタリアンやフレンチなどの飲食店を経験したあとに、有名ラーメン店で修行した店主が開いたラーメンとつけ麺の店。自慢の芳醇系鶏白湯のスープは、洋食で培ったフォン・ド・ボーのテクニックや、卓上のオリジナル調味料など、ラーメンとつけ麺では麺が違うなど、ちょっとしたアイデアで楽しく飽きずに食べられる工夫を感じられる。
noimage
【閉店】支那そば 勝丸(しなそば かつまる)
1972年に屋台から始まったラーメン店。一時はテレビや雑誌によく登場していた店主が作る醤油ラーメンは、懐かしさのある醤油のスープに卵白を使ったコシのある縮れ麺が特徴。店内には音楽好きの店主がそろえたヴィンテージのラジオやスピーカー、レコードも。
noimage
aunt MIMI(アントミミ)
家庭的でありながら、ちょっと目先の変わったおかずをメインにしたランチが人気。夜はナチュラルワインと手作りのアラカルト料理を楽しめる。ジョン・レノンやビートルズが好きなオーナー姉妹が切り盛り。店名『アントミミ』はジョン・レノンを育てた叔母の名前に由来。
noimage
【閉店】辛麺屋 一輪 目黒店(からめんや いちりん めぐろてん)
宮崎県のご当地グルメ、辛麺を東京で展開する。盛岡冷麺で使われるそば粉と小麦をブレンドして作ったこんにゃく麺がポイントだ。鶏がらスープをベースに、コシのある独特の食感で低カロリー、食物繊維豊富な麺に、3種類をブレンドした韓国唐辛子が決めて。辛さは0から25、さらにマグマまで選べるので、辛い物好きからヘルシー嗜好の人まで楽しめる。
noimage
中華そば 竹むら(ちゅうかそば たけむら)
小さな店の中にラーメン店がいくつも並ぶ権之助坂に2018年11月オープン。ナルトやめんまなど、懐かしい雰囲気の中華そばを求めて訪れる人が多い。大山鶏の丸鶏を贅沢に使ったスープはストレートな鶏油と昆布から出るほんのり甘味を感じる。全粒粉入りのストレート細麺が香ばしい。
noimage
Ramen Break Beats(ラーメン ブレイク ビーツ)
フランス料理から日本食まで多様な料理を経験し、カナダ・トロントの日本料理店で8年腕を振るった店主が目黒・油麺地蔵商店街に2022年1月にオープン。店主の地元、九州の素材のほか、厳選した材料を一杯に詰め込む。スタイリッシュな店構えだが、銭湯のあるビルに入っているギャップも魅力のひとつ。
noimage
Hungry Heaven目黒店(ハングリーヘブンめぐろてん)
目黒で10年以上続くグルメバーガーの店。実は夜は焼肉店として営業していて、ハンバーガーが食べられるのはランチタイムのみ。バラエティ豊かなハンバーガー類は20種類以上。サイドメニューやソースの種類も豊富で、リーズナブルな価格も魅力。頻繁に通っても飽きずにハンバーガーを楽しめる。
noimage
【閉店】ア・レガ
ローマスタイルの切り売りピッツァの他、マリトッツォやジェラートが食べられるイタリアのバールのような店。イタリアのクラフトビールが揃い、モニターにはサッカーが映し出され、さながらローマの街角。エスプレッソ一杯から立ち寄れる気軽さがある。
noimage
中華そば むら田(ちゅうかそば むらた)
2011年に福島の製麺会社と出会ったことをきっかけに中華そばに魅せられた店主が、それまでの豚骨ラーメンの店から一転、2013年に中華そば店として名前も変えて再オープンした。日本各地のメーカーから材料を取り寄せ、無化調のおいしさを日々突き詰める。
noimage
中国ラーメン揚州商人目黒本店(ちゅうごくラーメンようしゅうしょうにんめぐろほんてん)
1990年にオープンした中国ラーメンチェーンの第1号店。創業者である祖父の故郷・揚州にありそうなお店をイメージした店構え。酸っぱさとラー油の辛さのコンビネーションの中国のスープ、酸辣湯をもとにしたスーラータンメンが人気。
PAGE TOP トップへ PAGE TOP 目次へ