スポットを探す

東京都 東京駅・丸の内・八重洲 東京駅 八重洲 銀座 有楽町・新橋・日比谷・汐留 日比谷 有楽町 新橋 日本橋・人形町 日本橋 人形町 神田・神保町・秋葉原 神田 神保町 秋葉原 御茶ノ水 水道橋 上野・浅草 上野 浅草 御徒町 鶯谷 赤羽・十条・王子 赤羽 王子 十条 中野・高円寺・阿佐ケ谷 高円寺 中野 阿佐ケ谷 浅草橋・蔵前 浅草橋 蔵前 恵比寿・中目黒 恵比寿 中目黒 立石・堀切 立石 板橋 大山 品川・大崎・大井町 大崎 大井町 品川 蒲田・大森 蒲田 大森 神楽坂・本郷・飯田橋 飯田橋 神楽坂 四ツ谷・市ケ谷 四ツ谷 千駄ケ谷 柴又・金町・亀有 金町 亀有 柴又 荻窪・西荻窪 荻窪 西荻窪 吉祥寺 三鷹・武蔵境・小金井 三鷹 武蔵境 小金井 武蔵小山・戸越 武蔵小山 戸越 目黒・五反田・白金 五反田 目黒 深川・門前仲町・清澄白河・森下・豊洲・木場 森下 清澄白河 門前仲町 谷根千 根津 湯島 千駄木 谷中 向島・曳舟・押上 向島 曳舟 東向島 麻布十番・麻布・六本木 六本木 麻布十番 渋谷 新宿・大久保 新宿 代々木 大久保 青山・原宿・表参道 原宿 表参道 青山 池袋・早稲田・高田馬場・目白 早稲田 池袋 高田馬場 目白 巣鴨・大塚・駒込 護国寺 巣鴨 大塚 駒込 日暮里・三河島・町屋 日暮里 北千住・南千住・綾瀬 南千住 北千住 小岩・新小岩 錦糸町・亀戸・大島・両国 大島 両国 錦糸町 亀戸 赤坂・霞ケ関・永田町 赤坂 浜松町・芝浦・三田 浜松町 三軒茶屋・世田谷線 世田谷線 三軒茶屋 小田急線・京王線 豪徳寺 明大前・下高井戸・千歳烏山 下北沢・駒場東大前 下北沢 二子玉川・駒沢大学 江古田・練馬・石神井公園 練馬 石神井公園 西武新宿線 自由が丘・学芸大学 自由が丘 馬込・池上 永福町・浜田山・三鷹台 築地・月島・佃島・八丁堀・新川 立川・国立・国分寺 国分寺 国立 立川 調布・府中・深大寺 深大寺 調布 府中 八王子・高尾 八王子 町田 奥多摩・青梅・五日市線 奥多摩 青梅 神奈川県 小田原周辺 足柄上郡 横浜・みなとみらい 横浜 川崎・鶴見・武蔵小杉・日吉 武蔵小杉 鎌倉・江ノ電・湘南 江の島 茅ケ崎 藤沢 鎌倉 横須賀・三浦・葉山 横須賀 三浦 箱根・湯河原 箱根 相模原・海老名・厚木 相模大野 埼玉県 大宮・浦和 浦和 大宮 所沢・狭山・入間・飯能 飯能 所沢 入間 狭山 川越・朝霞・ふじみ野・志木 川越 秩父・長瀞・三峰口 秩父 上尾・久喜・熊谷 千葉県 千葉・船橋・津田沼 千葉 船橋 津田沼 習志野 市川・本八幡 本八幡 柏・松戸・流山 我孫子 松戸 成田・佐倉・佐原・富里 群馬県 山梨県 茨城県 取手 静岡県 熱海 伊豆 栃木県 その他 全国 台湾 台北
1〜24件(全43件)
noimage
たつの湯(たつのゆ)
威風堂々とした趣がかっこいい『たつの湯』。地下150mという深井戸の硬水を薪で沸かしたやわらかな湯は、体の芯から温まり、高い天井や掃除の行き届いた空間も気持ちいい! 脱衣所での自家栽培野菜の販売のほか、3代目・本橋正季さんが企画するイベントなど、ユニークな試みにも注目。
noimage
オハヨードーベーカリー
週2日だけ営業する『オハヨードーベーカリー』。母がパン、父が店番&おもちゃ、時々息子の蔵斗くんがお手伝い。長時間発酵で仕上げるパンは具材ぎっしりで食べ応えあり。青ネギカマンベール378円など近隣農家の野菜を使うことも。月1のおもちゃの日も人気。
noimage
スノウドロップ
野菜たっぷりの日替わりランチと天然氷のかき氷が人気の『スノウドロップ』。あんずのかき氷1000円は+100円で練馬産のブルーベリー付きに。器やカゴの販売、併設された真鍮(しんちゅう)工房の体験などの楽しみも◎。
noimage
牧野記念庭園(まきのきねんていえん)
牧野富太郎博士が「我が植物園」として愛情を注いだ庭を垣間見られる牧野記念庭園。当時の雰囲気が残され、ダイオウマツや妻の名を付けたスエコザサなど珍しい植物も。2023年春の連続テレビ小説に、博士が主人公のモデルになる『らんまん』が決定し、注目度がじわじわ上昇中。
noimage
ベルナールハラ
地元住民に愛される老舗のベーカリー。こじんまりとした店ながら、丁寧に作られたパンは、どれもおいしい。ダブルクリームのシュークリームは店の看板商品。
noimage
手打ちうどん力丸
ガシッとした強いコシがある、24時間寝かせた手打ち麺が美味。煮干しやしいたけなどの混合出汁に、信州味噌と醤油で味を調えたお汁は、くっきりとした旨味とまろみが同居している。
noimage
貫井浴場(ぬくいよくじょう)
豊富なメニューが、まんま定食居酒屋のような浴場。食券はお風呂と同じカウンターで買い、厨房の窓口に出す、珍しいシステムだ。食事処のみの利用も可。
noimage
大塚屋
武蔵関の住宅地にある「燗酒の聖地」。店主の横山哲也さん・京子さん夫妻が好きになり、造り手に共感したものを集めた店内の酒は、生酛(きもと)や山廃(やまはい)仕込みといった天然の乳酸菌を用いて時間と手間をかけて醸されたものが多い。2年前に現在の場所に移転。一見民家だが、地下貯蔵庫やバーカウンターも完備。
noimage
豊島園 庭の湯(としまえん にわのゆ)
池袋駅から西武池袋線で約14分、新宿駅から都営大江戸線で約20分。『豊島園 庭の湯』は都心からのアクセスもよい日帰り温泉施設。天然温泉を注ぐ露天風呂や高濃度炭酸泉などがある温浴ゾーンをはじめ、水着で利用できるバーデゾーンや屋外サウナ、さらに岩盤浴もあり充実した施設を誇る。中学生以上限定のため、静かに入浴を楽しむことができる。
noimage
作(ざく)
店内には「竹鶴」や「玉川」「悦凱陣(よろこびがいじん)」など約50種類がそろう。なかでも「神亀」は、「私が作るつまみをすべてつないでくれる酒です」と店主の橋本宏行さん。
noimage
マザーグース
まさに街に根付いたパン屋さん。種類豊富なパンは、どれも丁寧に作られている。隣接の『フェアリーテイルズ』ではイートインのほか、メニュー限定のパン食べ放題600円(飲み物付き)のサービスも。
noimage
両口屋是清 東京支店売店
寛永11年(1634)に愛知県名古屋に創業した和菓子店『両口屋是清』の東京支店。
noimage
上海料理 好又香(こうゆうか)
何を注文しても美味しい。訳をきけばシェフは上海のホテル出身の腕利きだという。メニューは、高級食材を使用した宴会料理から、あつあつの点心まで幅広く、店内は席にゆとりがあり居心地がよい。最近は自家製のラー油や葱油も販売しておりそちらも好評。あたたかい店主のサービスも店の人気の理由だ。
noimage
Welders Diner(ウェルダーズダイナー)
ふだんは、5種類という制限のなかでスタイルがなるべくかぶらないように、そのときのトレンドやバランスも考えつつ、日本のブルワリーのものを中心に仕入れている。アメリカンダイナー的なグランドメニューの他に、岩下さんの作る日替わりのおつまみメニューもあり、それがいつでも、いかにも酒飲み好みの、ちょうどいいラインナップ。
noimage
天祖若宮八幡宮(てんそわかみやはちまんぐう)
奈良時代からの歴史があり村の氏神であった若宮八幡と、村の鎮守であった天祖神社が、昭和49年(1974)に合祀して天祖若宮八幡宮となる。8000㎡に及ぶ境内は深い緑に覆われる。
noimage
三宝寺池(さんぽうじいけ)
沼沢植物群落には、ミツガシワやカキツバタ、コウホネなどが茂り、国の天然記念物に指定される。また、カモやカイツブリなどの水鳥のほか、カワセミやアオジなどの野鳥も観察される。
noimage
史跡 下野谷遺跡(しせきしたのやいせき)
南関東屈指の規模を誇る縄文時代中期の環状集落跡で、平成27年に一部が国史跡に指定された。令和5年3月まで整備中で一部立ち入りできないが、リニューアルが待ち遠しい。
noimage
三宝寺(さんぽうじ)
応永元年(1394)創建。石神井城主豊嶋氏の帰依を受けたほか、後北条氏や徳川家からも手厚い保護を受けた。文政10年(1827)の建造の山門は御成門と呼ばれ、練馬区登録有形文化財。
noimage
石神井公園ふるさと文化館(しゃくじいこうえんふるさとぶんかかん)
練馬区の歴史や伝統文化、自然に関する資料を展示する博物館。1階は自然や動植物などの紹介、2階は出土品や練馬大根などの展示、昭和30~40年代の街を再現したコーナーがある。
noimage
洋食三浦亭(ようしょくみうらてい)
ふっくらと厚みがあるハンバーグは、ナイフを入れると肉汁があふれてくる。スープ、サラダ、ライスまたはパン付きのランチセット1080円。ビーフシチューランチ1450円。
noimage
石神井城跡(しゃくじいじょうあと)
室町時代に石神井郷を領有していた豊嶋氏の城館があったところ。城の中心部分にあたる主郭(指定)の土塁や空堀などが残されており、東京都指定の史跡となっている。
noimage
武蔵関公園(むさしせきこうえん)
練馬区の区立公園では2番目に広い約4万9000㎡の敷地をもつ。園地の約半分を占める富士見池は、江戸時代には灌漑用の溜め池であったが、現在は石神井川が氾濫したときの調節池だ。
noimage
本立寺(ほんりゅうじ)
慶安年間(1648年頃)創建された寺。日蓮上人の命日に営まれるお会式に合わせて、毎年12月9日・10日に行われる「関のボロ市」は練馬区無形民俗文化財で、約300店の露店でにぎわう冬の風物詩。
noimage
東伏見稲荷神社(ひがしふしみいなりじんじゃ)
関東の稲荷信仰者たちが、東京でも伏見稲荷大神の神徳に授かりたいと願い、京都伏見稲荷大社の分霊を勧請して昭和4年(1929)に創建。新東京百景にも選ばれている。
PAGE TOP トップへ PAGE TOP 目次へ