寛永4年〜11年(1627〜1634)に川越藩主・酒井忠勝が建造。現在の鐘楼は明治26年(1893)の川越大火の翌年に再建。今も高さ約16mの櫓から鐘を鳴らし時を告げる。

スポット情報

スポット名 時の鐘
地図 Googleマップで開く
住所 埼玉県川越市幸町15-7
アクセス JR川越線・東武東上線川越駅から小江戸巡回バス12分の「蔵の街」下車3分
※ 記載されているデータは、料金は原則的に税込金額、休日は原則として定休日を表記しています。
年末年始、お盆、臨時休業などは省略してあります。
また、GW、お盆、年末年始などは変更になる場合がございますので、各施設・店舗にご確認ください。
※ 掲載している情報は編集部で事前確認しておりますが、スポット情報の誤りを発見された場合は恐れ入りますがお問い合わせよりお知らせください。