進化系芋スイーツ専門店『芋をかし』

下北沢駅から徒歩3分ほどの、『をかしなお芋 芋をかし』。

2022年8月に新たにオープンした新ブランドのお店です。江戸中期創業の老舗和菓子屋が手がける和スイーツブランド「大三萬年堂HANARE」が監修しています。

メディアでも話題の新店で、さらに老舗の和菓子屋が監修しているブランド感もあり、手土産には喜ばれること間違いないお店です。

懐かしく新しい芋スイーツ

お芋といちご大福のをかしなポップコーン1320円。をかしなお芋の枯山水“芋庭”ミニサイズ1250円。
お芋といちご大福のをかしなポップコーン1320円。をかしなお芋の枯山水“芋庭”ミニサイズ1250円。

まずおすすめは、ちょっと変わったポップコーンと、枯山水をテーマにした芋スイーツ。

枯山水“芋庭”は、通常サイズ3000円もあります。

※こちらは、店頭だけでなくオンラインショップでも購入可能です。

カラフルでかわいいポップコーン。容器もかわいくて、テンションMAXな手土産です。

味は、蜜芋、紫芋、いちご大福の3つが詰まっています。

このポップコーンが、味わい豊かの和テイストでウマウマ♪

密封して保存できる容器ですが、あっと言う間にペロリと食べ尽くしてしまいました。

「をかしなお芋の枯山水“芋庭”」は、食べるお芋の枯山水がテーマのスイーツ。

砂紋を紫芋のモンブランクリームで表現。糖蜜焼き芋は景石に見立てているそうです。

モンブランクリームの下は、糖蜜芋、わらび餅、軽いクリームが詰まっていて、ビジュアルだけでなく美味しさも大満足にゃー♪

をかしな芋けんぴ ショコラ600円、黒蜜きなこ550円、エスプレッソ550円。
をかしな芋けんぴ ショコラ600円、黒蜜きなこ550円、エスプレッソ550円。

昔から親しまれている芋けんぴですが、『芋をかし』の芋けんぴは新しいフレーバーで楽しめます。

それぞれ1種類ずつ購入できますが、3種セットの場合はBOXに入れてくれるので手土産にぴったりです。

※こちらは、店頭だけでなくオンラインショップでも購入可能です。

カカオ風味で子供にも人気の「ショコラ」、黒蜜ときなこの間違いない組み合わせの「黒蜜きなこ」、ちょっとほろ苦のコーヒーテイストな「エスプレッソ」の3種類。

どれも今までの芋けんぴにはない新しい味わいでウマウマですが、黒猫は特に「エスプレッソ」がお気に入り。

これは貰ってうれしい芋けんぴですよ。

みたらし団子もおすすめ

お芋のみたらし団子(モンブラン仕立て/ブリュレ仕立て) 各390円。
お芋のみたらし団子(モンブラン仕立て/ブリュレ仕立て) 各390円。

翌日だと少し固くなって、せっかくのもちもち感がなくなってしまうと思うのでおすすめできませんが、購入してその日にお渡しするなら「みたらし団子」もおすすめです。

ひとつひとつパッケージに入れてくれるので、ビジュアルの美しさも保たれます。

一般のみたらし団子よりは、ひとまわり大きくボリュームもあるのでインパクトもあるにゃー♪

ブリュレ仕立ては、オーダーを受けてからブリュレして仕上げてくれます。

みたらし団子は、好きな方多いので喜ばれますよね。

 

今回も“黒猫スイーツ散歩”で素敵な手土産発見したにゃー♪

『芋をかし』店舗詳細

住所:東京都世田谷区北沢2-12-15/営業時間:11:00〜19:00(土・日・祝は10:00〜19:00)/定休日:不定/アクセス:小田急電鉄小田原線・京王井の頭線 下北沢駅から徒歩3分

取材・文・撮影=ミスター黒猫