スタート:JR山手線・地下鉄三田線巣鴨駅―(3分/0.2㎞)→眞性寺―(2分/0.2㎞)→高岩寺―(9分/0.6㎞)→猿田彦大神庚申堂―(13分/0.9㎞)→本妙寺―(4分/0.3㎞)→慈眼寺―(すぐ)→染井霊園―(22分/1.5㎞)→六義園―(19分/1.4㎞)→旧古河庭園―(8分/0.6㎞)→国立印刷局東京工場―(5分/0.4㎞)→飛鳥山公園―(12分/0.9㎞)→王子神社―(6分/0.5㎞)→王子稲荷神社―(2分/0.2㎞)→名主の滝公園―(13分/0.9㎞)→ゴール:JR京浜東北線・地下鉄南北線王子駅

今回のコース◆約8.6㎞/約2時間/約1万1500歩

illust_14.svg

1 眞性寺

中山道の旅人が無事を祈った地蔵尊

元和元年(1615)に中興された古刹。本堂前に座する高さ2.68mの地蔵は、地蔵坊正元が15年をかけて造立した江戸六地蔵の1つ。毎年6月24日の百万遍大念珠供養では、全長16mの大念珠を100人以上で回し江戸六地蔵の供養を行う。

住所:東京都豊島区巣鴨3-21-21/営業時間:境内自由/アクセス:JR山手線・地下鉄三田線巣鴨駅から徒歩3分
illust_2.svg
「おばあちゃんの原宿」ともいわれる巣鴨地蔵通り商店街。4の付く日は縁日。
illust_2.svg

2 高岩寺

心とからだのとげをぬくお地蔵さま

江戸時代、針を誤って飲み込んだ女性に本尊の地蔵尊霊印を印した御影を飲ませたところ、針が地蔵尊霊印をつらぬいて出てきたことがとげぬき地蔵尊のいわれ。境内には洗ったところが良くなるとされる洗い観音も信仰が厚い。

住所:東京都豊島区巣鴨3-35-2/営業時間:境内自由(本堂拝観は6:00〜17:00、4の付く日は〜20:00)/定休日:無/アクセス:JR山手線・地下鉄三田線巣鴨駅から徒歩5分
illust_2.svg

3 猿田彦大神庚申堂

庚申信仰を伝える猿が鎮座

文亀2年(1502)に庚申塔を造立したのが創祀とされる。庚申塔は庚申様を信仰する講の人たちが立てた石塔。庚申の申は猿だが、神を先導したという猿田彦と結びつき、道案内の神として祀られるようになった。山門をくぐると赤い衣装を着た猿田彦の石像がほほえんでいる。

住所:東京都豊島区巣鴨4-35-1/営業時間:境内自由/アクセス:都電荒川線庚申塚停留所から徒歩2分
illust_2.svg

4 本妙寺

平成27年完成の山門「高麗門」も見事

徳川家康の江戸入城に伴い、天正18年(1590)に駿府から移転。本郷丸山に約6000坪の境内をもつ大寺院だった。明暦の大火(振袖火事)の火元といわれ、境内には供養塔が立つ。遠山の金さんこと遠山左衛門尉景元や千葉周作の墓もある。

住所:東京都豊島区巣鴨5-35-6/営業時間:6:00〜18:30(冬期は〜17:30)/定休日:無/アクセス:JR山手線・地下鉄三田線巣鴨駅から徒歩10分
illust_2.svg

5 慈眼寺

芥川龍之介が眠る古刹

元和元年(1615)に深川で開創。墓地には芥川龍之介の墓があり、墓石は本人の遺言で愛用の座布団と同じ寸法で造られている。江戸時代の蘭学者・司馬江漢や、「忠臣蔵」では吉良方で奮闘した剣豪の小林平八郎の墓もある。

住所:東京都豊島区巣鴨5-35-33/営業時間:日の出〜日没/定休日:無/アクセス:JR山手線・地下鉄三田線巣鴨駅から徒歩11分
illust_2.svg

6 染井霊園

桜の古木に囲まれた歴史ある霊園

明治政府の神仏分離政策によって神葬者の墓地の確保が急務となり、明治5年(1872)に神式墓地として開設。明治7年(1874)に東京府が引き継ぎ公営の共同墓地になる。岡倉天心、下岡蓮杖、高村光太郎、二葉亭四迷など著名人の墓も多い。

住所:東京都豊島区駒込5-5-1/営業時間:園内自由/アクセス:JR山手線・地下鉄三田線巣鴨駅から徒歩12分