スポットを探す

韓国 長野県 青森県 兵庫県 沖縄県 宮城県 福井県 岐阜県 山形県 新潟県 熊本県 滋賀県 高知県 福岡県 鹿児島県 福島県 富山県 秋田県 徳島県 岡山県 鳥取県 岩手県 京都府 島根県 三重県 大分県 石川県 山口県 和歌山県 大阪府 東京都 保谷・東久留米・清瀬・秋津 東京駅・丸の内・八重洲 東京駅 八重洲 銀座 有楽町・新橋・日比谷・汐留 日比谷 有楽町 新橋 日本橋・人形町 日本橋 人形町 神田・神保町・秋葉原 神田 神保町 秋葉原 御茶ノ水 水道橋 上野・浅草 上野 浅草 御徒町 鶯谷 赤羽・十条・王子 赤羽 王子 十条 中野・高円寺・阿佐ケ谷 高円寺 中野 阿佐ケ谷 浅草橋・蔵前 浅草橋 蔵前 恵比寿・中目黒 恵比寿 中目黒 立石・堀切 立石 板橋 大山 品川・大崎・大井町 大崎 大井町 品川 蒲田・大森 蒲田 大森 神楽坂・本郷・飯田橋 飯田橋 神楽坂 四ツ谷・市ケ谷 四ツ谷 千駄ケ谷 柴又・金町・亀有 金町 亀有 柴又 荻窪・西荻窪 荻窪 西荻窪 吉祥寺 三鷹・武蔵境・小金井 三鷹 武蔵境 小金井 武蔵小山・戸越 武蔵小山 戸越 目黒・五反田・白金 五反田 目黒 深川・門前仲町・清澄白河・森下・豊洲・木場 森下 清澄白河 門前仲町 谷根千 根津 湯島 千駄木 谷中 向島・曳舟・押上 向島 曳舟 東向島 麻布十番・麻布・六本木 六本木 麻布十番 渋谷 新宿・大久保 新宿 代々木 大久保 青山・原宿・表参道 原宿 表参道 青山 池袋・早稲田・高田馬場・目白 早稲田 池袋 高田馬場 目白 巣鴨・大塚・駒込 護国寺 巣鴨 大塚 駒込 日暮里・三河島・町屋 日暮里 北千住・南千住・綾瀬 南千住 北千住 小岩・新小岩 錦糸町・亀戸・大島・両国 大島 両国 錦糸町 亀戸 赤坂・霞ケ関・永田町 赤坂 浜松町・芝浦・三田 浜松町 三軒茶屋・世田谷線 世田谷線 三軒茶屋 小田急線・京王線 豪徳寺 明大前・下高井戸・千歳烏山 下北沢・駒場東大前 下北沢 二子玉川・駒沢大学 江古田・練馬・石神井公園 練馬 石神井公園 西武新宿線 東村山 自由が丘・学芸大学 自由が丘 馬込・池上 永福町・浜田山・三鷹台 築地・月島・佃島・八丁堀・新川 立川・国立・国分寺 国分寺 国立 立川 調布・府中・深大寺 深大寺 調布 府中 八王子・高尾 八王子 町田 奥多摩・青梅・五日市線 奥多摩 青梅 神奈川県 小田原周辺 足柄上郡 横浜・みなとみらい 横浜 川崎・鶴見・武蔵小杉・日吉 武蔵小杉 鎌倉・江ノ電・湘南 江の島 茅ケ崎 藤沢 鎌倉 横須賀・三浦・葉山 横須賀 三浦 箱根・湯河原 箱根 相模原・海老名・厚木 相模大野 埼玉県 大宮・浦和 浦和 大宮 所沢・狭山・入間・飯能 飯能 所沢 入間 狭山 川越・朝霞・ふじみ野・志木 川越 秩父・長瀞・三峰口 秩父 上尾・久喜・熊谷 千葉県 野田 千葉・船橋・津田沼 千葉 船橋 津田沼 習志野 市川・本八幡 本八幡 柏・松戸・流山 流山 我孫子 松戸 成田・佐倉・佐原・富里 群馬県 山梨県 茨城県 取手 静岡県 熱海 伊豆 栃木県 北海道 山形県 愛知県 その他 スイス 全国 台湾 台北
散歩 街歩き 散歩コース 喫茶・カフェ カフェ 喫茶店 コーヒー ラーメン・つけ麺 ラーメン グルメ モーニング ランチ カレー テイクアウト 野菜料理 海鮮 ご当地グルメ 居酒屋・バー 居酒屋 バー 日本酒 焼酎 立ち飲み せんべろ ビール ワイン 地酒 ウイスキー ホッピー サワー カクテル 和食・郷土料理 定食 寿司 とんかつ 和食 焼き鳥 天ぷら おでん もつ焼き うなぎ 食堂 洋食・西洋料理 パスタ 洋食 オムライス ハンバーグ イタリアン ピザ フレンチ スペイン料理 パエリヤ レストラン ナポリタン アジア・エスニック 中華 町中華 台湾料理 タイ料理 焼肉 餃子 そば・うどん そば うどん パン サンドイッチ トースト スイーツ・甘味 スイーツ ケーキ パフェ パンケーキ プリン ホットケーキ フルーツサンド 甘味 和菓子 あんこ かき氷 お茶 台湾茶 ショップ スーパー お土産・手土産 本屋 雑貨 施設 温泉・銭湯 スーパー銭湯 銭湯 温泉 神社・寺 神社 博物館・美術館 史跡 城・城跡 宿 ホテル 旅館 アウトドア・スポーツ 公園 自転車 チェアリング 音楽 ジャズ ビートルズ トリプルファイヤー その他 エッセイ 豆知識・ライフハック 祭り・イベント 写真 写真の撮り方 映画 男はつらいよ 鉄道 老舗 動物 落語 バリアフリー ドラマ 旅行 絶景
1〜24件(全84件)
noimage
TOP BEAT CLUB(トップ ビート クラブ)
THE NEATBEATSのMr.PANがオーナーを務めるライブステージ(地下1F)、カフェ(1F)、レコードショップ(2F)がひとつのビルに入る音楽文化の拠点。ビードルズが結成当初に演奏していたことで知られる『キャヴァーン・クラブ』のステージを思わせるレンガ壁など、Mr.PANのこだわりが詰まった場所だ。1Fのカフェスペース『TOP BEAT CAFE』は軽食、ドリンクも充実。DJバーティなども行えるイベントスペースでもある。
noimage
酒処 かみや
1955年創業の、親子3代で切り盛りする酒場。店内も穏やかで心和む雰囲気。新鮮な貝類の刺し身や牡蠣のバター焼き、野菜ものの小鉢など、量も味付けもほど良いメニューがズラリと並ぶ。日本酒は、王道の「高清水」から「日高見」などの人気銘柄まで、約15種類揃う。
noimage
Ninifuni 而二不二
荻窪の環八通り沿いにあるベジタリアン料理店。大窓から自然光が降り注ぎ、店内は明るく穏やかな雰囲気。無国籍風の無農薬野菜料理は調味料から手作りで、それぞれの味にメリハリを持たせつつも優しい味わい。カフェ利用もでき、こだわりのお茶やスイーツ、酒類も魅力だ。
noimage
Pizzeria Trattoria da Okapito(ピッツェリア トラットリア ダ オカピート)
ピッツァの本場ナポリと国内の名だたる職人コンテストで数々の受賞歴を持つ岡田智至さんの店。店内は荻窪らしい落ち着きと気軽さが同居した雰囲気だ。イタリア製の薪窯で焼くナポリピッツァは、生地と具材が絶妙に一体化した、格を感じる味わい。世界選手権3位受賞作のピッツァメニューもいただけるほか、前菜類も美味しい。
noimage
SUPERCALIFRAGILISTICEXPIALIDOCIOUS(スーパーカリフラジリスティックエクスペアリドーシャス)
独学でカレー作りを学んだ店主が手掛けるキーマカレー専門店。ビリビリマトンは、提供する直前にホールの花椒を潰して振りかけ、柑橘に似た爽やかな香りも。クリーミーなホワイトチキン、辛さを抑えたニューポーク、3種類を混ぜて味変しつつ食べるのも楽しい。
noimage
和だしそぼろカレー『平日昼だけ』
和食、割烹、ラーメンなど複数のジャンルで腕を磨いた店主は、その知識を活用してカレーのレシピを考案。カレーをサラサラにするのは、出汁をより際立たせるため。すするとスパイス香と共にかつお、いりこ、干しシイタケの風味が舞い、かえし醤油が全体を引き締める。
noimage
BOMBAY DUCK CURRY(ボンベイ ダック カリー)
ポークカレーは欧風タイプ。スパイスを駆使しつつ、あえて辛味系を主役にはせず、大量のタマネギで甘みを出す。丁寧に脂を取り除き、さっぱりとしたまとまりのある味わいに。食べ進めると程よい辛味が生じ、その小さな変化にヤミツキとなる。
noimage
女ヶ澤(めがさわ)
注意して見ていなければ見落としてしまいそうな佇まいの居酒屋『女ヶ澤』。こぢんまりとした店内の半分は厨房、もう半分は大きなテーブルをつないで一つの大きなテーブルにした席が一つだけだ。ジョッキと別に焼酎を徳利に入れて出してくれるホッピー、アテはレバたたき、麻婆豆腐、玉子焼きなど、どれも堪能してほしい一品揃い。夏場の〆はそうめんがおすすめだ。
noimage
荻窪 銀花
看板もないマンションの一室に開かれた器の部屋。1980年に荻窪駅前で創業し、2016年の移転を機に予約制のサロン形式に。初めは入りづらくても慣れれば都。ソファーでくつろぎ人目を気にせず器と対峙できる。並ぶのは付き合いの長い作り手の食器や茶器。「焼け方、釉薬(ゆうやく)の溶け方など、“おいしそうな器”ばかりです」と鈴木一夫さん。製法から作家の人柄まで詳しく聞けば器にぐっと親しみが沸く。
noimage
本で旅する Via
店内に足を踏み入れると街のざわめきが遠のく。ひとりの来店を推奨、読書中心の時間を設定など、本を読むことを第一に考えた空間だ。壁の本棚には、世界各地の小説、歴史文化、写真集が並ぶ。店主の伊藤雅崇さんは旅行会社で添乗員の経験があり、「より深く旅行できるような本を揃えています」とのこと。カフェメニューは月替わりで海外の料理を提供していて、味覚の旅も楽しむことができる。
noimage
古書かいた
2022年7月にオープン。文芸から専門書まで幅広く揃えるが、画集や写真集など大判のアート本が特に充実している。全体的に価格は抑えめで、「今ある本の、次の読者を探したい」と店主の和田健さんは話す。近隣のお客さんは、さまざまなジャンルの本を持ち込み、それらが買い取られたお金で、新たに次の本を買っていくという。本が必要とされる人のところへ渡っていくのだ。
noimage
和食 ゆず
主菜を自在に組み合わせて注文する定食屋。トンカツやアジフライといった墨字が壁の品書きに躍る。1978年の開店当初、夜は割烹だったが、「夜も定食がいい」と希望されて今のスタイルに。
noimage
bar Pigrone(バール ピグローネ)
オーナーシェフは、生まれも育ちも荻窪。白身魚のラビオリ山うどのスープ仕立てやトリッパのトマト煮は、素材の魅力が素直に伝わる穏やかな味。ワインが中心だが、黒霧島も置く。
noimage
魚菜とお酒 まめたろう
さっきまで生きていたカワハギ。そのキモのなまめかしい色が、荻窪で出合える最高の鮮度を伝えている。小田原から届く朝捕れの天然魚を求めて、𠮷祥寺の魚屋へ出向くのが日課だ。
noimage
田中家
昭和35年創業の小料理屋。年季の入ったL字カウンターに9席のみの店内。壁のメニューには梅干し、かぼちゃ煮、湯豆腐など、どれも良心価格でハズレなし。一人で訪れても落ち着ける。
noimage
よるべ
2014年オープンの立ち飲み屋。美大出身の店主が仕上げた内装はセンス抜群。フードコーディネーターの資格を持つ店主が作るメニューは味も見た目も◎。女性客が多いのも納得。
noimage
【閉店】虎林(こりん)
年季の入った店内で、夫婦二人で切り盛り。山のように具材が盛られる、その名も大野菜タンメンが看板メニューだ。店内の色々なメニューにセットで付いている餃子は、注文を受けてから一つひとつ包む。
noimage
【閉店】和cafe こころね ルミネ荻窪店
ガラス張りの窓際席からは、バスロータリーが一望。この景色に合わせるなら、デザートで決まり。特にあんみつは、黒蜜、寒天、ゼリーに抹茶が入り、渋甘~。もちろん、アボカドまぐろ丼などでしっかり食事も◎。
noimage
Honey(ハニー)
2005年に焼き菓子屋としてオープン。販売するパンを徐々に増やし、現在はパン屋に。こじんまりとした店内には、パンを中心に菓子、総菜など、毎日100種類ほどの商品が並ぶ。
noimage
濃菜麺 井の庄 荻窪店
低温調理でじっくりと仕込まれたチャーシューが絶品の“濃菜麺”は、豚骨スープの濃厚な味わい。モチモチの太麺とクタクタの野菜で、箸が止まらないうまさ。
noimage
ラーメン久保田
荻窪出身の夫婦が営む『ラーメン久保田』は豚骨醤油の中華そばで勝負をかける。濃厚なのにさらっと食べられる、飽きのこない味が特徴。
noimage
【閉店】旨辛麺かつくに
女性店主がプロデュースした『旨辛麺かつくに』は看板メニューの旨辛麺と、じとっこ醤油ラーメンで人気。どちらも宮崎の高級鶏“じとっこ”からとった出汁の甘さがよくなじんでコクの深い味。
noimage
中華そば春木屋 荻窪本店
創業73年を迎える『春木屋』。和風だしの効いたスープとちぢれた麺が特徴の中華そばは、王道の味わい。老若男女に愛される、なつかしい一杯。
noimage
マツマル
鶏ガラベースのスープとちぢれ麺が相性抜群のラーメンが根強い人気を誇るラーメン激戦区・荻窪きっての人気店『マツマル』。もともとお肉屋さんという特性を生かした特製チャーシューも多くのファンを誇る
PAGE TOP トップへ PAGE TOP 目次へ