サワースタンドエイト

香辛料や果皮が誘う、スパイシーな夜

八角などを使った瞬間インフュージョン&キューカンバ639円(右)、マンゴー&ハイビスカスサワー419円。

カウンター上には、スパイスや果実などを入れウォッカに風味を付けるランドルフィルターが2台。そう、こちらは多様なボタニカルを用いた自家製漬け込み酒で作るサワー専門店。メニューには漬け込み酒一覧があり、例えば寝不足なら安眠効果のあるベルガモットミント、0次会利用なら食欲を増進する花山椒の漬け込み酒のサワーなど、その日の気分や体調に合った最適な一杯をオーダーしたい。

注文が入ってからボタニカルをするサワーもある。
右にあるのがランドルフィルター、壁側には漬け込み酒が並ぶ。

『サワースタンドエイト』店舗詳細

住所:中野区中野5-63-4/営業時間:17:00~翌3:00/定休日:火/アクセス:JR中央線中野駅から徒歩すぐ

麦酒大学

注ぎ分けの神業にビールのうまさ開眼

右が三度注ぎ、左が一度注ぎ各700円。枝豆麦酒漬け432円、ホップソーセージ1382円。

うまいビールの飲み方を20年追求してきた山本祥三さん。最新式の平成サーバーと、それと比べ流量3倍という昭和8年(1933)の復刻サーバーを用い、キリンラガーを20種以上の注ぎ分けで提供。「例えば三度注ぎは昭和サーバーでいっぱい泡を立てて麦の苦みを泡に吸着、そのぶん液体部分には苦みの奥に隠れた麦の甘みを感じられます」。1杯目はシャープな味わいの麦酒大学注ぎ、さて2杯目は――と、次はどの注ぎ方を頼むか悩む!

「造り手、注ぎ手、飲み手の思いが一致して、ビールが完成する」と店主。キリンラガー以外にゲストビールがある日も。
立ち飲みスペースも。

『麦酒大学』店舗詳細

住所:中野区中野3-34-23 辻ビル 2F/営業時間:18:00~24:00/定休日:日/アクセス:JR中央線・地下鉄東西線中野駅から徒歩2分

大衆酒場コグマヤ

毎日通いたくなる庶民的雰囲気と肴

カウンター入り口側は煮込み鍋を望む特等席。

レンガ坂には珍しい、カウンターのみの大衆酒場。「この坂で一番おしゃれじゃない店を目指したくて(笑)」と店長・夏井玲央さん。品書きには分厚い絹豆腐などを赤味噌で2時間煮込んだ煮込みや、朝びきの豚レバを低温調理し、生に近いプリトロ食感を実現したレバネギなど庶民派飲んべえもニンマリのつまみが並ぶ。しかも中野では希少な三冷のシャリキンホッピー495円も! 開店して3年、2階という立地ながらすでに人気店なのも納得。

煮込みの豆腐154円、大根176円、レバネギ418円、海鮮ぜいたく盛り605円。シャリキンサワーレモン495円。
左が店長の夏井さん。

『大衆酒場コグマヤ』店舗詳細

住所:中野区中野3-36-4 深野ビル 2F/営業時間:17:00~23:50/定休日:無/アクセス:中野駅から徒歩2分

ちょい虎

ネタケースと地酒冷蔵庫に眠るお宝

カンパチ150円(手前)、生湯葉と塩水ウニべっこうあんかけ450円(右)など。蒼空純米吟醸1合1200円ほか地酒は約40種、グラス650円~。

地中海で捕れたトロのような味わいの本マグロ赤身など刺し身は2切れで各150円。しかも、ワサビには刻みワサビを、醤油には昆布出汁をブレンドするなど地酒に合うような細かな心遣いがうれしい。「奥の冷蔵庫でボトルを見ながら地酒を選べます。時期によっては紀土や十四代も!」ときき酒師で関西出身の小松拓巳さん。タイの子旨煮680円やハモ料理など関西の味を謳歌できるのも魅力なのだ。

カウンターのネタケースに鮮魚が並ぶ。店内禁煙。

『ちょい虎』店舗詳細

住所:中野区中野5-56-2/営業時間:17 :00~ 24:00(金は~翌2:00、土は16:00~翌2:00、日・祝は16:00~)/定休日:無/アクセス:JR中央線中野駅から徒歩5分