1. HOME
  2. 東京都

東京都の記事一覧

2251〜2260件(全2270件)
神田の名店ランチ11選。明治生まれの老舗から行列のできる人気店まで探しました!
神田の名店ランチ11選。明治生まれの老舗から行列のできる人気店まで探しました!
オフィス街と古書店街、二面性を持つ神田の地はランチ激戦区だ。100年以上の歴史を刻む老舗もあれば、サラリーマンの味方になるリーズナブルな店もある。おすすめの11店をご紹介。
おやつ日和に行きたい西荻窪の5軒。おいしいできたてスイーツに遭遇!
おやつ日和に行きたい西荻窪の5軒。おいしいできたてスイーツに遭遇!
クッキーにクレープ、アイスまで。西荻にはできたてを提供するおやつのお店がたくさん。自分用に手みやげにあれこれ選んだら、おやつを抱えて至福のときを。
本屋さんの明かりが灯る街で ~作家・角田光代インタビュー~
本屋さんの明かりが灯る街で ~作家・角田光代インタビュー~
角田光代さんは、26歳のときに西荻窪に引っ越してきて以来、26年間住み続けている。地元の新刊書店や古書店を、どのように巡り、仕事に生かしているのかを聞いた。
鶯谷『鍵屋』 ~江戸から続く居酒屋文化の残る店~
鶯谷『鍵屋』 ~江戸から続く居酒屋文化の残る店~
大衆酒場とは、我々庶民が懐具合をあまり気にせず、気楽に酒を飲んで楽しめる店のことをいう。しかしながら、長い歴史のある酒場文化。創業から時を重ねれば重ねるほど、店に威厳や風格が出てしまうことは必然のことだろう。いわゆる老舗、名酒場と呼ばれる店に敷居の高さを感じ、その戸を開けることを躊躇してしまう酒飲みの方は、意外と多いのではないだろうか?ただ、考えてみてほしい。酒場の歴史が長く続いているということは、単純に、それだけ客が途切れずに店の存在を守り続けてきたということ。つまり、「いい店」であるということだ。そこでこの連載では、各地の名店と呼ばれる酒場を訪問し、大将や女将さんに、その店を、酒場を、楽し...
六本木『ABBEY ROAD Tokyo』で、本物さながらのビートルズステージに酔いしれる
六本木『ABBEY ROAD Tokyo』で、本物さながらのビートルズステージに酔いしれる
世界中のビートルズ・ファンがロンドンに着いたらまずアビーロードに向かうように、日本のビートルズ・ファンが東京に着いたらまず足を運ばなければならないのが、六本木の交差点から少し離れた路地に店を構えるライブハウス『ABBEY ROAD』だ。*2020年5月に移転。掲載内容は移転前(2019年8月取材当時)のものです。
荻窪・西荻窪のハッピー酒場7軒。横丁で飲むか、隠れ家的居酒屋で飲むか
荻窪・西荻窪のハッピー酒場7軒。横丁で飲むか、隠れ家的居酒屋で飲むか
飲んべえひしめく横丁は、毎日お祭り騒ぎのにぎわい。粒ぞろいの名店を巡るのもいいが、地元民の帰り道に潜む隠れ家酒場を探すのも一興。表通りも裏通りも、注意深く観察すべし!
京橋駅からはじめる銀座・日比谷・芝散歩~トレンドタウンからビジネスマンの街へ
京橋駅からはじめる銀座・日比谷・芝散歩~トレンドタウンからビジネスマンの街へ
駅から始まるさんぽコースを紹介するこの連載。第1回は銀座・日比谷・芝を歩きます。ブランドショップが立ち並ぶ銀座は日本屈指の繁華街。劇場や映画館がある日比谷は芸術と文化の薫りが漂う。都心のオアシス・日比谷公園を抜ければ、愛宕神社や増上寺など歴史ある社寺が立ち、街の雰囲気が一変する。リニューアルした東京タワーも訪ねてみたい。
清澄白河の通いたくなるランチ6選!古き良き文化と新しいトレンドが息づく街へ。
清澄白河の通いたくなるランチ6選!古き良き文化と新しいトレンドが息づく街へ。
都心にありながら豊富な水と緑に囲まれ、清澄庭園をはじめとした歴史や文化が息づく街・清澄白河。レトロだけでなく、サードウェーブコーヒーをはじめとした最新のトレンドも取り入れられている。今回は古き良き文化と新しいおしゃれなトレンドが交わるこの街のグルメ店をピックアップ。深川めしのような江戸前のグルメや、気鋭のカフェで、ランチを楽しんでみてはいかが?
中野のおすすめ居酒屋9選。宵の時は酔いの時!レッツはしご酒
中野のおすすめ居酒屋9選。宵の時は酔いの時!レッツはしご酒
サブカルの聖地とされている中野は、中央線沿線屈指の飲みの聖地でもある。北口商店街周辺を中心に、多くの飲み処が軒を連ね、どこに入るか思わず目移りしてしまうほど。基本的に店と店との距離が近いので、何件かを飲み歩くはしご酒に最適なエリアだ。どんな順番で回るか事前に考えるもよし、ノープランで目に付いた店にふらりと入るのもよし。はしご酒でぜひ利用したくなる中野エリアでおすすめの飲み処をピックアップした。
秋の善福寺川ぐねぐねさんぽ。武蔵野の水辺はどこか懐かしい
秋の善福寺川ぐねぐねさんぽ。武蔵野の水辺はどこか懐かしい
武蔵野台地を右へ左へと曲がりながら南東へ下っていく善福寺川。護岸や暗渠も目立つけれど、看板から歴史を紐解いたり、野鳥や地形をつぶさに観察すれば豊かな水辺の里としての風景が立ち上ってくるのだ。
PAGE TOP PAGE TOP