スポットを探す

和歌山県 山口県 石川県 大分県 三重県 島根県 京都府 岩手県 熊本県 長野県 青森県 兵庫県 東京都 保谷・東久留米・清瀬・秋津 東京駅・丸の内・八重洲 東京駅 八重洲 銀座 有楽町・新橋・日比谷・汐留 日比谷 有楽町 新橋 日本橋・人形町 日本橋 人形町 神田・神保町・秋葉原 神田 神保町 秋葉原 御茶ノ水 水道橋 上野・浅草 上野 浅草 御徒町 鶯谷 赤羽・十条・王子 赤羽 王子 十条 中野・高円寺・阿佐ケ谷 高円寺 中野 阿佐ケ谷 浅草橋・蔵前 浅草橋 蔵前 恵比寿・中目黒 恵比寿 中目黒 立石・堀切 立石 板橋 大山 品川・大崎・大井町 大崎 大井町 品川 蒲田・大森 蒲田 大森 神楽坂・本郷・飯田橋 飯田橋 神楽坂 四ツ谷・市ケ谷 四ツ谷 千駄ケ谷 柴又・金町・亀有 金町 亀有 柴又 荻窪・西荻窪 荻窪 西荻窪 吉祥寺 三鷹・武蔵境・小金井 三鷹 武蔵境 小金井 武蔵小山・戸越 武蔵小山 戸越 目黒・五反田・白金 五反田 目黒 深川・門前仲町・清澄白河・森下・豊洲・木場 森下 清澄白河 門前仲町 谷根千 根津 湯島 千駄木 谷中 向島・曳舟・押上 向島 曳舟 東向島 麻布十番・麻布・六本木 六本木 麻布十番 渋谷 新宿・大久保 新宿 代々木 大久保 青山・原宿・表参道 原宿 表参道 青山 池袋・早稲田・高田馬場・目白 早稲田 池袋 高田馬場 目白 巣鴨・大塚・駒込 護国寺 巣鴨 大塚 駒込 日暮里・三河島・町屋 日暮里 北千住・南千住・綾瀬 南千住 北千住 小岩・新小岩 錦糸町・亀戸・大島・両国 大島 両国 錦糸町 亀戸 赤坂・霞ケ関・永田町 赤坂 浜松町・芝浦・三田 浜松町 三軒茶屋・世田谷線 世田谷線 三軒茶屋 小田急線・京王線 豪徳寺 明大前・下高井戸・千歳烏山 下北沢・駒場東大前 下北沢 二子玉川・駒沢大学 江古田・練馬・石神井公園 練馬 石神井公園 西武新宿線 東村山 自由が丘・学芸大学 自由が丘 馬込・池上 永福町・浜田山・三鷹台 築地・月島・佃島・八丁堀・新川 立川・国立・国分寺 国分寺 国立 立川 調布・府中・深大寺 深大寺 調布 府中 八王子・高尾 八王子 町田 奥多摩・青梅・五日市線 奥多摩 青梅 神奈川県 小田原周辺 足柄上郡 横浜・みなとみらい 横浜 川崎・鶴見・武蔵小杉・日吉 武蔵小杉 鎌倉・江ノ電・湘南 江の島 茅ケ崎 藤沢 鎌倉 横須賀・三浦・葉山 横須賀 三浦 箱根・湯河原 箱根 相模原・海老名・厚木 相模大野 埼玉県 大宮・浦和 浦和 大宮 所沢・狭山・入間・飯能 飯能 所沢 入間 狭山 川越・朝霞・ふじみ野・志木 川越 秩父・長瀞・三峰口 秩父 上尾・久喜・熊谷 千葉県 野田 千葉・船橋・津田沼 千葉 船橋 津田沼 習志野 市川・本八幡 本八幡 柏・松戸・流山 流山 我孫子 松戸 成田・佐倉・佐原・富里 群馬県 山梨県 茨城県 取手 静岡県 熱海 伊豆 栃木県 北海道 山形県 愛知県 その他 大阪府 全国 台湾 台北
601〜624件(全696件)
noimage
涼太郎
地粉の農林61号などをブレンドし打った麺は、外が堅く中モチモチ。噛むと塩気と地粉の香りが押し寄せる。かき揚げを巨大化させたり、大人のミートソースうどんを考案したりと「お客を喜ばせたい」という店主の思いが炸裂!
noimage
cafeやまね食堂
店主の森沢修さんは、名栗の主婦たちに麺打ちを教わった。教えをもとに修さんなりのアレンジを加えたうどんはコシがありつつ、ツルっとした麺肌が喉に心地よい。肉汁でいただく手打ちうどん並盛りは、たっぷりの天ぷらと小鉢が付いて、なんと900円!
noimage
自家製うどん うどきち
小麦粉は40種以上試し、試作した麺の数は100種近くといううどんの探究者、倉田將昭(まさあき)さん。品書きにはその中から生き残った4種の麺が並ぶ。
noimage
本格手打ち かんたろう
2019年春開店で早くも客の心をつかんだのが1cm近い太さの手打ち麺。噛むほどに地粉の風味が広がるTHE武蔵野うどんなのだ。人気は特製旨辛つくね入り白味噌煮込みうどん1298円。
noimage
さわだ
裏山で採った極太の竹を使い、体重を目いっぱいかけて麺を伸ばす。あえて寝かさず朝の打ちたてを出すのも、小麦の風味を優先するため。褐色の麺をズズッとやれば、黄金色に輝く小麦畑の風景が頭をよぎる。
noimage
Via Mare(ヴィア マーレ)
ショーケースに並ぶのは、テイクアウト可能な総菜やスイーツの数々。手作りニョッキや豚ロースのグリルなど、しっかりディナーも用意するが、常連客の目当ては、近所の直売所仕入れの地元野菜で作る旬のイタリアン総菜。
noimage
ウェロニカ・ペルシカ
「地元のものにフレンチらしい食材を合わせて、仏子ならではのひと皿を」。祖母の家を改装して12年前に独立したオーナーシェフ・横田哲也さんは、近隣の優れた産物を探し続けている。控えめな彩りが温かく、親しみがふっと湧く。
noimage
麺.SUZUKI
「高級食材だけで作ったら、どんな味がするんだろう」。常連さんの声を聞いた店主の鈴木貴弘さんは、名古屋コーチン、比内地鶏、青森シャモロック、長州黒かしわの4地鶏で実践開始。なめらかな舌触りとしなやかな弾力。華やぐ香りに刮目する。
noimage
炭火焼き豚丼 松風
夫婦で日本中をツーリングする中、村松勝さんは帯広で豚の蒲焼丼に惚れ込んだ。片や真紀さんは幼い頃から秩父の味噌漬け丼が大好物。侃々諤々の末、仲良くハーフ&ハーフにし「合い盛り丼の発祥です!」と胸を張る。
noimage
マンダニ インドカレー
店名はインドと付くが、パキスタン南部カラチ出身の店主・マンダニさんが、故郷の家庭料理を紹介。羊肉を使うのが特徴で、現地のスパイスと3種の豆を煮込む定番カレ「ダルゴーシュ」は、マトンの弾力と柔らかさに驚く。
noimage
中国家庭料理 蓮華(れんげ)
畑に囲まれポツンと営むが、店内は厨房からの調理音で活気に満ちている。看板は、陳麻婆豆腐。滑らかな木綿豆腐をはふはふ運べば、五臓六腑が動き出すようだ。
noimage
讃岐うどん いわい
香川の名店『宮武うどん』で修業した店主が営む店。調味料など取り寄せるこだわりようで、いりこをメインにした出汁も『宮武』直伝だ。また、日替わりのうどんもおすすめ。
noimage
Curry&Coffee TIME
「ほっとするカレー」がコンセプトのカレーを堪能できる店。刺激を抑えたスパイスを数種ブレンドし、さらに甘みを加えたカレー&ドライはボリューム満点のひと品に。
noimage
二色カレーの店ユマ・ミーナ
季節に合わせて野菜の種類が変わるレギュラーカレーとタイ風レッドカレーを組み合わせる二色カレーは絶品。タイ料理独特の香りやくせがなく、マイルドな仕上がりも特徴だ。
noimage
ぺろり
「スパイスの凝ったカレーより、昭和のカレーが好き」と話す店主が作るのは、神保町の名店『まんてん』直系のカレー。いかにも昭和風味のどろりとしたルーと、カツやチーズが相性抜群。
noimage
サンライン
全国から常連客が訪れるというカレーレストラン。英国風特製カレー1500円のみというこだわりに圧倒される。肉や野菜を5~6時間煮込んで、よく溶けたあとにさらに裏ごし。スープ状のカレーは、スプーンを進めるごとに変化する、複雑な味わいが感じられる。
noimage
シリ バラジ
ピンクの内装が目を引くこちらのお店のカレーは、インド直輸入の生のスパイスを多く使った、油控えめでさらりとした南インド流。ランチのバイキングも豪華!
noimage
ア・ヴォートル・サンテ・エンドー
職人気質なオーナーシェフの遠藤克己さんが作るカレーオムライスが味わえるこのお店。名物カレーとコラボはお客さんの要望で実現した。
noimage
【旧店名】レストラン ドンピエール 銀座本店
1984年に創業し、とっておきの記念日に行きたい高級感あふれるお店。ランチのコースは前菜やワゴンデザートがついてお値打ち。
noimage
YOU
1970年に創業し、近隣の競合店との差別化のために店主が相楽したオムライスは自慢の一品。最近はSNS動画投稿でアジア圏からもオムライスを求めて若い女性が訪れる。
noimage
西洋御料理 小春軒(こはるけん)
明治45年から営業する老舗洋食店。こだわりの調理法で揚げられたカラスカレイのフライは絶品の味だ。自家製マヨネーズを使用したポテトサラダも合わせて頼みたい。
noimage
㐂寿司(きずし)
創業97年の老舗の大将が受け継ぐ、江戸前寿司伝統の技。それを「手綱巻き」や「印籠詰め」といった希少な巻きで供し、目でも口でも楽しめる店だ。
noimage
橡 TOCHINO-KI(とちのき)
どこを食べても旨い!と評判のとちの木巻。「見た目の衝撃はもちろん、食感も大切に」と、人形町に店を構えて13年になる大将・橡木義和さん。手みやげにするとなぜかいいことが起きる!?
noimage
AOBAYA
人気のしょうが焼きは濃厚な味噌ダレとゴマがマッチしてガッツリ系の味に仕上がっている。隠し味にリンゴジュースを使用し、爽やかな風味も感じられるメニューなので女性からの人気も高い。
PAGE TOP トップへ PAGE TOP 目次へ