尾張家

親子3代で継ぎ足し続けてきた伝統のだしでおでん種を煮込む

右から時計まわりにがんも300円、大根200円~、ねぎま400円、ロールキャベツ400円。

昭和から続くおでんの老舗で、東京のおでんを語る上で欠かせない店。練り物はもちろん、豆腐、ロールキャベツ、ねぎまなど、独自のおでん種も好評だ。関東風おでんは濃口醤油で味付けするが、この店では日高昆布、鰹節、煮干しで出汁を取り、白醤油と薄口醤油で味を調えた関西風。おでんと並ぶ看板料理が刺し身の盛り合わせ。毎朝、豊洲市場から仕入れるだけあり、鮮度も抜群だ。

赤提灯を吊した玄関。敷居が高く感じるが、心配はいらない。

『尾張家』店舗詳細

住所:東京都千代田区区鍛冶町1-6-4/営業時間:17:00~21:30LO/定休日:土・日・祝/アクセス:JR・地下鉄神田駅から徒歩3分

保夜萬歩参

遊び心に富むスペシャルおでんと地酒で勝負

手前は盛り付けが美しいカニ面1639円、後方左が味付けした煮大根を揚げた揚げ大根319円。

割烹仕込みの料理人・村椿さんと燗酒名人・吉永さんのチームワークが抜群。店のコンセプトはおでんと日本酒。焼き茄子、だし巻き玉子、手羽海老真丈(しんじょ)……。一品料理と思いきや、おでん種と聞けば驚く人も多いはず。鶏ガラスープに鰹節と昆布の出汁を合わせ、味付けは白醤油、塩、みりんで行い、上品な味に仕上げている。おでんの枠を越えたスペシャルおでんを味わってみよう。

常時約30銘柄の日本酒を揃え、店内には造り酒屋から贈られた前掛け、半纏(はんてん)、幟などが飾られている。

『保夜萬歩参』店舗詳細

住所:東京都千代田区内神田3-12-10 磯見ビル4F/営業時間:17:00~23:00LO(ドリンクは~23:30LO。日は15:00~21:00LO〈要確認〉)/定休日:土・祝、日は不定/アクセス:JR・地下鉄神田駅からすぐ

なか川

気さくな店主が手作り総菜とおでんでもてなす小粋な料理店

手前から時計回りにゆば巻き、タマネギ、百合根、エビ巻き、よもぎ麩で1個100~200円。

気さくで話し好きの店主が一人で切り盛りする店、神田『なか川』。おでんのだしは創業以来、継ぎ足しで使い、関西風に味付ける。さつま揚げ、ばくだん(ゆで卵入りの練り物)、エビ巻きなどの練り物は自家製で、知人の農家から直送される野菜を使った野菜のおでんも味わえる。カウンターに並ぶ手作りの総菜も逸品ぞろい。シメの一品は茶漬け風のかけめしがおすすめ。

カウンターに並んだ総菜、この日は万願寺唐辛子、ハタのあら煮、里芋煮、焼き茄子、揚げムカゴ、マグロ煮など14種類。

『なか川』店舗詳細

住所:東京都千代田区神田須田町2-12-3/営業時間:17:00~21:00/定休日:土・日・月(12~1月は土曜営業)/アクセス:JR・地下鉄神田駅から徒歩5分

福ちゃん

静岡県人も足を運ぶ“静岡おでん”がうまい店!

静岡おでん盛り合わせ(大)550円。牛すじ、黒はんぺんなど7品前後が入る。

テーブル4卓の小さな店。看板料理は、牛すじのだしを継ぎ足し、濃口醤油で味付けた黒いだしで知られる静岡おでん。牛すじ、なると巻きなど、おでん種も個性的で、仕上げに青のりとだし粉を振りかける。なかでも名物は黒はんぺんで、イワシ、サバなど青魚のすり身にでんぷんと調味料を加え、半月状に成形して茹でたもの。皮や骨もすりつぶすため、灰色になり「黒はんぺん」の名前が付いた。静岡県民のソウルフードでもある。

気っ風の良いひとみママとの会話を楽しみに訪れる常連も多い。

『福ちゃん』店舗詳細

住所:東京都千代田区内神田3-19-4/営業時間:17:00~23:00LO/定休日:土・日・祝/アクセス:JR・地下鉄神田駅から徒歩2分

KARAKURI

おでんを肴にクラフトビールを味わえる店

おでんはトマト550円、玉子(那須御用卵)330円、大根363円など。自然派ワインも各種そろう。

階段を下りると、白い暖簾(のれん)を下げた引き戸の玄関が見えてくる。おでん種は定番12種と季節限定2~3種。一番人気の大根は3日かがりで仕込む自信作であり、ちょこんとのせたとろろ昆布の香りがよい。カウンターでひときわ目を引くのがビールサーバー。8個のタップ(注ぎ口)があり、それぞれに異なるクラフトビールの樽がつながれている。日本酒は燗酒12~13種、冷酒10種を用意する。

壁や床などの内装は店主自らが行った。手仕事の温もりがする。

『KARAKURI』店舗詳細

住所:東京都千代田区神田鍛冶町3-7 八光ビルB1F/営業時間:17:00~22:30LO(ドリンクは23:00LO。土は15:00~22:00、ドリンクは22:30LO。日は15:00~21:00LO、ドリンクは21:30LO)/定休日:不定/アクセス:JR・地下鉄神田駅から徒歩2分

取材・文・撮影=内田 晃

言わずと知れたカレー激戦区の神田。都内でも有数の人気店がひしめき、独自に研究した最高の一杯で勝負する。マニアも唸る、絶対に行きたい9店をご紹介。
言わずと知れた喫茶店の街・神保町。そのすぐ近くにある神田界隈にも名喫茶があるのはご存知ですか? 気軽に飲める居酒屋が多く、サラリーマンたちから愛される飲んべえの街という印象が強い神田ですが、実はゆったりとしたひと時を過ごせる喫茶も多いんです。昭和の時代にタイムスリップしたかのようなレトロな喫茶店から、近年になりオープンしたおしゃれなコーヒーショップまで、珠玉の名喫茶5店をピックアップしました。
JR神田駅周辺には、個性的な料理が食べられる町中華の名店が点在。優しい味わいのチャンポンや、具だくさんの野菜そば、激辛の麻婆豆腐、名古屋のご当地ラーメンなど、その味わいに神田っ子たちは魅了されている。
本や楽器などの多彩な専門店が軒を連ね、映画や落語などに感度の高いおとなが通う神田・神保町界隈。表通りを闊歩して文化を求めるおとなたち、その舌を唸(うな)らせる味は、裏道に点在したのです。 唯一無二、垂涎のおとな味をご賞味あれ。