スタート:JR山手線目白駅ー(5分/0.4㎞)→切手の博物館ー(13分/0.9㎞)→徳川ビレッジー(6分/0.4㎞)→目白庭園ー(13分/0.9㎞)→雑司ヶ谷鬼子母神堂ー(17分/1.2㎞)ー雑司が谷旧宣教師館ー(2分/0.2㎞)→雑司ケ谷霊園ー( 13分/0.9㎞)→法明寺ー(3分/0.2㎞)→古書往来座ー( 13分/0.9㎞)→自由学園 明日館ー(3分/0.2㎞)→豊島区立郷土資料館ー(すぐ)→池袋防災館ー(8分・0.5㎞)→ゴール: JR・地下鉄・私鉄池袋駅

今回のコース◆約6.7㎞/約1時間36分/約8900歩

illust_2.svg

1 切手の博物館

マニア垂涎の切手を展示

昭和63年(1988)、世界的に著名な切手収集家・水原明窓氏が私財を投じて開館。企画展示室は4カ月ごとに展示が替わり、毎回約800点の世界の切手を紹介する。切手関連の書籍・カタログや雑誌・オークション誌などを公開する図書館や、ミュージアムショップも併設。

切手の博物館(きってのはくぶつかん)
住所:東京都豊島区目白1-4-23/営業時間:10:30〜17:00/定休日:月/アクセス:JR山手線目白駅から徒歩3分
illust_2.svg

2 徳川ビレッジ

外国人向け高級賃貸住宅

尾張徳川家第19代徳川義親侯爵の本邸敷地内に造られた外国人専用の高級住宅地。緑濃い約7000坪の敷地に、庭と駐車場、メイドルームなどを備えた33邸が立つ。一角には門扉に金色の葵の紋をあしらった徳川黎明会の洋風建物がある。住居のため、立ち入り不可。

illust_2.svg

3 目白庭園

『赤い鳥』にちなんだ小さな庭園

目白は、児童文学を変えたといわれる文芸雑誌『赤い鳥』が大正7年(1918)に創刊された地。これにちなんで開園した回遊式庭園で、シダレザクラや紅葉など四季の草花が楽しめる。池畔に立つ木造瓦葺き平屋建ての数奇屋建築の赤鳥庵が、趣のある景観をつくっている。

目白庭園(めじろていえん)
住所:東京都豊島区目白3-20-18/営業時間:9:00〜17:00/定休日:第2・4月(祝の場合は翌)/アクセス:JR山手線目白駅から徒歩5分
illust_2.svg

4 雑司が谷鬼子母神堂

安産・子育ての神様を祀る

永禄4年(1561)に、この地の武士であった山村丹右衛門が掘り出した鬼子母神像を安置したのが始まり。現在の鬼子母神堂は寛文4年(1664)の建立で、豊島区内最古の建築物。参道のケヤキ並木も見事で、古いもので樹齢400年もあり、東京都指定の天然記念物となっている。

illust_2.svg

5 雑司が谷旧宣教師館

宣教師が住んだ区内最古の木造洋館

明治40年(1907)に、アメリカ人宣教師J.M.マッケーレブの住居として建築。昭和16年(1941)に帰国するまで34年間、この家で暮らした。19世紀後半のアメリカ郊外住宅の特色をもつ木造2階建て。天井には割竹を使っている。東京都指定有形文化財。

雑司が谷旧宣教師館(ぞうしがやきゅうせんきょうしかん)
住所:東京都豊島区雑司が谷1-25-5/営業時間:9:00〜16:30/定休日:月(祝の場合はその翌も休)・第3日/アクセス:都電荒川線雑司ヶ谷駅から徒歩7分
illust_2.svg

6 雑司ケ谷霊園

緑の霊園で文人や偉人の墓参り

江戸時代には、将軍家の薬草栽培の御薬園、鷹狩り部屋や鷹の飼育場として使用されていた。明治7年(1874)に公営霊園として開設され、夏目漱石(写真)や竹久夢二、永井荷風など多くの著名人が眠る。ケヤキの古木や銀杏の高木もあり、黄葉も見られる。

illust_2.svg