皇居・丸の内・東京駅の基礎知識

皇居は徳川将軍の居城・江戸城だったところ。広さは皇居外苑を含めると230万平方メートルあり、東京ドーム49個分に相当する。皇居周辺散歩の楽しみは、江戸城の遺構と、それらと一体となった庭園や植栽の美しさにある。

丸の内は日本を代表するオフィス街。『三菱一号館美術館』から丸の内仲通りにかけては洗練された街並みで、都会散歩の人気コース。昼どきに現れるキッチンカーは丸の内の名物だ。隣接する商業ビルでショッピングやティーブレイクを楽しむのもいい。

コースの終点の東京駅丸の内駅舎は、建物を見るだけでも価値がある。『東京ステーションギャラリー』のレンガ壁の展示室に、駅舎の歴史がしのばれる。

illust_2.svg

1 昭和館

実物資料で学ぶ戦中・戦後の暮らし

戦中・戦後の生活上の労苦を次世代に伝える国立の施設。常設展示室は、昭和10年(1935)から30年頃の国民生活を中心に、実物資料約500点を展示。

住所:東京都千代田区九段南1-6-1/営業時間:10:00~13:00・14:00~17:00/定休日:月(祝の場合は翌)/アクセス:地下鉄東西線・半蔵門線九段下駅から徒歩1分
illust_2.svg

2 北の丸公園

四季折々の草花を愛でる散策路

江戸城北の丸があった場所で、明治時代には近衛連隊の兵営地になった。昭和44年(1969)に森林公園として公開され、敷地内には武道館、科学技術館、国立近代美術館などがある。

住所:東京都千代田区北の丸公園1-1/営業時間:入園自由/アクセス:地下鉄東西線竹橋駅から徒歩5分
illust_2.svg

3 科学技術館

見て、触れて、科学を体感する

現代から近未来の科学技術を学べる体験型博物館。エネルギー、電気、薬、富士山、自動車、自転車、地球などさまざまなテーマを設け、解説や実験などを通じて謎を解き明かす。

住所:東京都千代田区北の丸公園2-1/営業時間:9:30〜16:50/定休日:水不定休/アクセス:地下鉄東西線竹橋駅から徒歩5分
illust_2.svg

4 皇居東御苑

江戸城の遺構を訪ねる歴史庭園

江戸城の本丸、二の丸、三の丸の跡地を整備した公園。大番所、百人番所、松の廊下跡、天守台など江戸城の遺構が点在する。二の丸庭園はツツジやハナショウブの名所。

住所:東京都千代田区千代田1/営業時間:9:00〜17:30(3月〜4月14日・9月は〜16:30、10月は〜16:00、11月〜2月は〜15:30)/定休日:月(祝の場合は翌)・金、天皇誕生日/アクセス:私鉄・地下鉄大手町駅から徒歩5分
illust_2.svg

5 二重橋

定番の記念撮影ポイント

皇居正門に架かる2つの橋のうち、奥の正門鉄橋を指す。濠が深く、橋桁を支えるため二重構造となっていたことが名の由来。現在の橋は昭和39年(1964)に架け替えられたもの。

住所:東京都千代田区皇居外苑1-1/アクセス:地下鉄有楽町線桜田門駅から徒歩2分
illust_2.svg

6 三菱一号館美術館

赤レンガが印象的な美術館

明治27年(1894)にジョサイア・コンドルが設計した丸の内初のオフィスビルを復元し、美術館として開館。19世紀後半から20世紀前半の近代美術を紹介する企画展を年3回開催。

住所:東京都千代田区丸の内2-6-2/営業時間:10:00〜17:30(祝を除く金・第2水、展覧会会期中の最終週平日は〜20:30)/定休日:月(祝の場合は開館)/アクセス:JR・地下鉄東京駅から徒歩5分
illust_2.svg