雑司が谷・池袋の基礎知識

再開発により、「国際アート・カルチャー都市」へと生まれ変わりつつある池袋。池袋駅東口は、多目的ホールや映画館などを備えた『Hareza池袋』、西口にはリニューアルした『東京芸術劇場』が立ち、駅周辺は文化・芸術施設が集まっている。

雑司が谷は、雑司ケ谷霊園が広がる緑豊かなエリア。夏目漱石、竹久夢二、小泉八雲、永井荷風……。この地に眠る著名人を列挙すると、まるで日本の近代文学史を見る思い。雑司ヶ谷子母神のケヤキ並木の参道は古木が多く、長い歴史を感じる。

白壁に緑の窓枠が映える『雑司が谷旧宣教師館』、フランク・ロイド・ライト設計の『自由学園 明日館』など、東西に立つ洋館巡りも楽しみだ。

illust_2.svg

1 護国寺

伝統建築の粋を多く見られる

徳川5代将軍綱吉が、母・桂昌院の発願により、天和元年(1681)に創建。現存する元禄時代の観音堂と、桃山時代の書院様式を伝える月光殿は国指定重要文化財になっている。

護国寺(ごこくじ)
住所:東京都文京区大塚5-40-1/営業時間:境内自由(本堂拝観は9:00〜12:00、13:00〜16:00)/アクセス:地下鉄有楽町線護国寺駅からすぐ
illust_2.svg

2 雑司が谷旧宣教師館

区内最古の近代木造洋風建築

アメリカ人宣教師・マッケーレブが自宅として明治40年(1907)に建築し、帰国するまでの34年間この家で生活をしていた。19世紀後半のアメリカ郊外住宅の特色を残している。

雑司が谷旧宣教師館(ぞうしがやきゅうせんきょうしかん)
住所:東京都豊島区雑司が谷1-25-5/営業時間:9:00〜16:30/定休日:月(祝の場合はその翌も休)・第3日/アクセス:都電荒川線雑司ヶ谷駅から徒歩7分
illust_2.svg

3 雑司ケ谷霊園

御鷹部屋時代の松の大樹が残る

江戸時代には、将軍家の薬草栽培の御薬園、鷹狩り部屋や鷹の飼育場所として使われていた。明治7年(1874)に開設し、永井荷風や小泉八雲、夏目漱石(写真)といった多くの著名人が眠る。

雑司ケ谷霊園(ぞうしがやれいえん)
住所:東京都豊島区雑司が谷4-25-1/営業時間:入園自由
/アクセス:都電荒川線雑司ヶ谷駅から徒歩5分
illust_2.svg

4 雑司ヶ谷鬼子母神堂

安産・子育ての神様として信仰

この地の武士であった山村丹右衛門が永禄4年(1561)に掘り出した鬼子母神像が本尊。現存する鬼子母神堂は、寛文4年(1664)に建てられたもので、東京都豊島区内最古の建築物であり、国の重要文化財に指定。

雑司ヶ谷鬼子母神堂(ぞうしがやきしぼじんどう)
住所:東京都豊島区雑司が谷3-15-20/営業時間:9:00~17:00/アクセス:JR山手線目白駅から徒歩15分
illust_2.svg

5 古書 往来座

文学、カルチャー系が強み

『東京芸術劇場』にあった古書店「古本大學」が2004年に現在地に移転。スタッフそれぞれの嗜好を活かしたラインナップは、文芸、美術、映画などが充実。スタッフ手作りの『名画座かんぺ』のファンも多い。

古書 往来座
住所:東京都豊島区南池袋3-8-1 1F/営業時間:12:00台~21:00(月は~18:00)/定休日:臨時休あり/アクセス:JR・私鉄・地下鉄池袋駅、地下鉄副都心線雑司が谷駅から徒歩7分
illust_2.svg