川越大師 喜多院[本川越]

表情豊かなキャラ立ち五百羅漢と遊ぼう

五百羅漢の拝観料は400円(江戸城より移築した「客殿」等と共通で、どちらも拝観できます)。

天台宗の名刹で、創建は天長7年(830)。境内に見どころが多く、3代将軍徳川家光と春日局ゆかりの建物は川越の代表的な観光名所だ。ぜひ会っておきたいのは、五百羅漢。楽しげな者、お疲れ気味な者など十人十色で、「わーい、目標達成!」「修行がつらい。僕、ちゃんと解脱できるかな」なんてアテレコ遊びをしたくなる。

ほじほじ。
もうダメだ…。
慈恵堂(本堂)は県指定有形文化財。

『川越大師 喜多院』店舗詳細

住所:埼玉県川越市小仙波町1-20-1/営業時間:8:50~16:00(日・祝は~16:20。季節によって変動あり)/アクセス:西武新宿線本川越駅から徒歩10分

川越 熊野神社[本川越]

エンタメ性が高く、長居したくなる

輪投げ。成功したらバンザイ! 失敗したら、神様にさらなる努力を誓い、願いが叶うように祈ろう。

まずは、参道に敷かれた「足踏み健康ロード」で健康状態を確かめて。さらに、輪投げ舎で恋愛運・仕事運・健康運・金運など「運試し輪投げ」にチャレンジ。そうすることで自分はどの運気を上げたいかを定め、本殿で祈願するのだ。金運アップを願うなら、宝池の銭洗弁天にもお参りすべし! そもそもは天正 18年(1590)、紀州熊野より勧請されたのが始まり。熊野神社のシンボルである八咫烏(やたがらす)の絵が、境内で参詣者を見守っている。

熊野三山の熊野本宮大社から分祀された神社。本殿の提灯には八咫烏が描かれている。
銭洗弁戝天。
足踏み健康ロード。アイタ、タ、タ……。

『川越 熊野神社』店舗詳細

住所:埼玉県川越市連雀町17-1/営業時間:境内自由/アクセス:西武新宿線本川越駅から徒歩6分

川越氷川神社[本川越]

アフター5ならぬアフター参拝も充実

あい鯛みくじ300円。縁結びのお守りは500円前後。使えば使うほど相手との距離が縮まる赤縁筆300円など、ユニークなものも。

縁結びの霊験あらたかな神社で、約 1500年の歴史を持つ。お守りは願い事の内容に合わせて選べるように、「であいこい」「美守」など種類豊富に用意。「あい鯛みくじ」は一本釣り方式で、はたして大吉を釣り上げられるかな?

縁結びお守り。目的別に用意♪
巨大な鳥居が迫力大。

『川越氷川神社』店舗詳細

住所:埼玉県川越市宮下町2-11-3/営業時間:境内自由/アクセス:JR川越線・東武東上線川越駅から小江戸巡回バス32分の「氷川神社前」下車1分

取材・文=信藤舞子 撮影=高野尚人