江戸時代後期、甲斐と甲府を結ぶ渓谷に人馬が安全に通れる道を作ろうと尽力、着工から10年を経て完成させたのが長田円右衛門(おさだ・えんえもん)であり、その七代目の子孫が経営する茶屋である。季節限定のきのこ汁は天然ものを使用。ほか、おでんやそば、うどんもあるので、手ぶらで行っても山頂で食事を楽しむことができる。隣接する八雲神社は約400年前に開かれ、縁結びの神様として親しまれている。

スポット情報

スポット名 長田円右衛門子孫七代目茶屋日月荘
電話番号 なし
営業時間 9:00〜16:00頃 ※お客さん次第で閉店
定休日 不定休(例年、冬季閉店)
地図 Googleマップで開く
住所 山梨県甲府市猪狩町596
アクセス 昇仙峡ロープウェイ山頂駅から徒歩1分
備考

昇仙峡ロープウェイ山頂(パノラマ台)駅に直結した飲食コーナーは通年営業。こちらの問い合わせは昇仙峡ロープウェイまで。

※ 記載されているデータは、料金は原則的に税込金額、休日は原則として定休日を表記しています。
年末年始、お盆、臨時休業などは省略してあります。
また、GW、お盆、年末年始などは変更になる場合がございますので、各施設・店舗にご確認ください。
※ 掲載している情報は編集部で事前確認しておりますが、スポット情報の誤りを発見された場合は恐れ入りますがお問い合わせよりお知らせください。