武士や僧侶などを収監する揚屋や、庶民が収監された大牢などの獄舎が立っていた江戸時代の牢屋敷跡。安政の大獄で囚われた吉田松陰が処刑されたところで、辞世をを刻んだ碑が立つ。

スポット情報

スポット名 伝馬町牢屋敷跡(てんまちょうろうやしきあと)
地図 Googleマップで開く
住所 東京都中央区日本橋小伝馬町5-2
アクセス 地下鉄日比谷線小伝馬町駅から徒歩1分
※ 記載されているデータは、料金は原則的に税込金額、休日は原則として定休日を表記しています。
年末年始、お盆、臨時休業などは省略してあります。
また、GW、お盆、年末年始などは変更になる場合がございますので、各施設・店舗にご確認ください。
※ 掲載している情報は編集部で事前確認しておりますが、スポット情報の誤りを発見された場合は恐れ入りますがお問い合わせよりお知らせください。