スタート:地下鉄銀座線三越前駅ー(すぐ)→日本橋三越本店ー(3分/0.2㎞)→凧の博物館ー(6分/0.4㎞)→日本橋ー(5分/0.3㎞)→東証アローズー(9分/0.7㎞)→水天宮ー(4分/0.3㎞)→甘酒横丁ー( 17分/1.2㎞)→宝田恵比寿神社ー(5分/0.4㎞)→伝馬町牢屋敷跡ー(33分/2.2㎞)→浅草御蔵前書房ー(5分/0.4㎞)→Nui.HOSTEL & BAR LOUNGEー(7分/0.5㎞)→ペリカンカフェー(13分/0.9㎞)→鳥越神社ー(1分/0.1㎞)→鳥越おかず横丁ー(12分/0.8㎞)→ゴール:地下鉄大江戸線・つくばエクスプレス新御徒町駅

今回のコース◆約8.4km/約2時間10分/約1万1200歩

illust_2.svg

1 日本橋三越本店

日本初の百貨店

延宝元年(1673)、三井高利が開業した呉服店・越後屋が前身。天和3年(1683)に「店前現銀掛け値なし」のスローガンを掲げ、いち早く正札販売を行うようになった。昭和10年(1935)完成のルネッサンス様式の建物は国の重要文化財。

住所:東京都中央区日本橋室町1-4-1/営業時間:10:00〜19:00(本館・新館1階、地下階は〜19:30、新館9・10Fレストランは11:00〜22:00)/定休日:不定/アクセス:地下鉄銀座線・半蔵門線三越前駅から徒歩1分
illust_2.svg

2 凧の博物館

日本&世界の凧が大集合

「日本凧の会」を立ち上げた洋食店『たいめいけん』の初代オーナー・茂出木心護さんが収集した凧を展示。2020年11月に、ビル建て替えのため現在地へ移転、仮営業している。収蔵品は、日本の和凧と世界の凧が中心で、江戸凧絵師・橋本禎造氏が描いた江戸凧の数々が展示されている。

住所:東京都中央区日本橋室町1-8-3 室町NSビル2F/営業時間:11:00〜17:00/定休日:日・祝/アクセス:地下鉄日本橋駅から徒歩4分
illust_2.svg

3 日本橋

現役の国道道路橋として初の重要文化財

江戸幕府開府に伴い、慶長8年(1603)に建造された日本橋は五街道の基点。木造の太鼓橋から改修と改築を繰り返し、明治44年(1911)に現在の石造二連アーチ橋に架け替えられた。橋柱の銘板は江戸幕府最後の将軍・徳川慶喜の直筆。8×4(橋)=32頭の獅子像などの装飾も必見。

住所:東京都中央区日本橋1・日本橋室町1/アクセス:地下鉄日本橋駅から徒歩1分
illust_2.svg

4 東証Arrows

株式投資を学ぶ見学施設

東京証券取引所内で投資家に市場の情報をリアルタイムで提供し、上場企業に情報開示をサポートする。売買監理業務を行うマーケットセンターや証券史料ホールの見学、株式投資体験コーナーで実施できる株式投資模擬体験(要予約)がある(2020年12月現在、見学は休止中)。

住所:東京都中央区日本橋兜町2-1/営業時間:9:00〜16:00/定休日:土・日・祝/アクセス:地下鉄日本橋駅から徒歩5分
illust_2.svg

5 水天宮

江戸っ子が慕った情け有馬の水天宮

久留米藩主・有馬頼徳が、久留米水天宮を江戸上屋敷内に分社したことが始まり。安産・子授けの神社として名高く、明治5年(1872)に現在地へ移転後も戌の日には安産御守の腹帯・御子守帯を求める参拝者でにぎわう。

住所:東京都中央区日本橋蛎殻町2-4-1/営業時間:神札所8:00〜18:00/定休日:無/アクセス:地下鉄半蔵門線水天宮前駅から徒歩1分
illust_2.svg

6 甘酒横丁

老舗や名物店が並ぶ下町商店街

東京屈指の繁華街だった明治期に、甘酒屋を営む尾張屋があった小路を甘酒横丁と呼んでいたのが起源。下町情調漂う通りに、『とうふの双葉』、たい焼きの『柳屋』、いなり寿司の『志乃多寿司総本店』などの名物店が並ぶ。

住所:東京都中央区日本橋人形町2/アクセス:地下鉄浅草線・日比谷線人形町駅から徒歩1分
illust_2.svg

7 宝田恵比寿神社

恵比寿像は鎌倉時代の名匠・運慶作

徳川家康の江戸入府以前は江戸城外宝田村の鎮守社だったが、江戸城拡張により村の移転にともなって現在地に遷座した。御神体の恵比寿像は、その功により家康から下賜されたと伝わる。毎年10月に開催するべったら市は日本橋の風物詩。

住所:東京都中央区日本橋本町3-10-11/営業時間:境内自由/定休日:境内自由/アクセス:地下鉄日比谷線小伝馬町駅から徒歩3分
illust_2.svg