スタート:西武池袋線石神井公園駅ー(11分/0.6km)→石神井公園ー(15分/0.8km)→石神井公園ふるさと文化館ー(すぐ)→池淵史跡公園ー(7分/0.4km)→三宝寺池ー(13分/0.7km)→石神井城址ー(3分/0.2km)→石神井 氷川神社ー(5分/0.3km)→三宝寺ー(51分/2.7km)→本立寺ー(8分/0.4km)→天祖若宮八幡宮ー(5分/0.3km)→武蔵関公園ー(9分/0.5km)→下野谷遺跡公園ー(9分/0.5km)→東伏見稲荷神社ー(15分/0.8km)→ゴール:西武新宿線東伏見駅

今回のコース◆約8.2km/約2時間40分/約1万1000歩

illust_2.svg

1 石神井公園

趣の異なる2つの池を巡る池畔の散策路

ボート遊びができる石神井池と武蔵野の自然が残る三宝寺池を中心にした都立公園。三宝寺池の北側にはソメイヨシノ約170本、ヤマザクラ約70本などがあり花見の名所として知られる。ランニングやウォーキングを楽しむ人も多く、ボート乗り場もあって、家族連れでにぎわう。

住所:東京都練馬区石神井台1・2、石神井町5/営業時間:入園自由/アクセス:西武鉄道池袋線石神井公園駅から徒歩7分
illust_2.svg

2 石神井公園ふるさと文化館

見学すれば練馬散歩がいっそう楽しくなる

練馬区の歴史や伝統文化、自然に関する資料を展示する博物館。1階は自然や動植物、名所、散策コースなどの紹介、2階は出土品や練馬大根などの展示、昭和30~40年代の街を再現したコーナーがあり、ふれながら歴史を学べる展示が充実。館内では武蔵野うどんを味わえる。

住所:東京都練馬区石神井町5-12-16/営業時間:9:00〜18:00/定休日:月(祝の場合は翌平日)/アクセス:西武鉄道池袋線石神井公園駅から徒歩15分
illust_2.svg

3 池淵史跡公園

練馬区中村から移築した茅葺き屋根の民家

南側が石神井川、北側が三宝寺池の谷に挟まれた東西にのびる台地にある。旧石器時代、縄文時代、中世の遺物が発掘された場所で、縄文時代中期の竪穴住居跡が見学できる。園内には、明治20年代(1887~)に建てられた旧内田家住宅、馬頭観音や庚申塔などの史跡も見られる。

住所:東京都練馬区石神井町5-13/営業時間:9:00〜18:00/定休日:月(祝の場合は翌平日)/アクセス:西武鉄道池袋線石神井公園駅から徒歩15分
illust_2.svg

4 三宝寺池

武蔵野の自然を残す豊かな自然が魅力

かつての武蔵野三大湧水池一つ。沼沢植物群落には、ミツガシワやカキツバタ、コウホネなどが茂り、国の天然記念物に指定される。また、カモやカイツブリなどの水鳥のほか、カワセミやアオジ、ウグイス、サギなどの野鳥も観察され、バードウォッチングを楽しむ人も多い。

住所:東京都練馬区石神井台1・2石神井公園内/営業時間:入園自由/アクセス:西武鉄道池袋線石神井公園駅から徒歩20分
illust_2.svg

5 石神井城跡

三宝寺池に身を投じた姫の伝説が残る

室町時代に石神井郷を領有していた豊嶋氏の城館があったところ。築城時期は不祥だが、文明9年(1477年)に太田道灌によって攻め落とされて以後、廃城となった。城の中心部分にあたる主郭(指定)の土塁や空堀などが残される。東京都指定の史跡となっている。

住所:東京都練馬区石神井台1-27 石神井公園内/営業時間:見学自由/アクセス:西武鉄道池袋線石神井公園駅から徒歩15分
illust_2.svg

6 石神井氷川神社

「石神井の氷川さま」と呼ばる地元の総鎮守

室町時代の応永年間(1394~1428)に、この地を治めていた豊嶋氏が、石神井城の守護神として、武蔵国一ノ宮氷川神社より分霊し、祀ったのが始まり。毎年10月第3日曜の例祭では舞や里神楽、石神井囃子などが行われ、多くの露店でにぎわう。毎月第4日曜には骨董市を開催。

住所:東京都練馬区石神井台1-18-24/営業時間:境内自由/アクセス:西武鉄道池袋線石神井公園駅から徒歩16分
illust_2.svg

7 三宝寺

見ごたえある建造物が多く、平和観音も必見!

応永元年(1394)創建。石神井城主豊嶋氏の帰依を受けたほか、後北条氏や徳川家からも手厚い保護を受けた。徳川家ゆかりの山門は御成門と呼ばれ、現在のものは文政10年(1827)の建造で、練馬区登録有形文化財。境内にある長屋門は勝海舟の邸宅にあった門を移築。

住所:東京都練馬区石神井台1-15-66/営業時間:境内自由/アクセス:西武鉄道池袋線石神井公園駅から徒歩20分
illust_2.svg