8 極楽寺

風情のある茅葺きの山門

鎌倉幕府2代執権北条義時の三男・重時が、正元元年(1259)に創建。全盛期には49の塔頭を備えた大寺だったが、度重なる火災や震災により大半を焼失する。医療・福祉に貢献をした寺で、本堂前に薬草をすり潰した石臼と石鉢が残される。

住所:神奈川県鎌倉市極楽寺3-6-7/営業時間:9:00〜16:30/定休日:無/アクセス:江ノ島電鉄極楽寺駅から徒歩2分
illust_2.svg

9 稲村ヶ崎公園

海と富士山を赤く染める夕日の名所

写真/鎌倉市観光協会

鎌倉を代表するオーシャンビュースポット。新田義貞が鎌倉攻めの際、切通しからの攻略に失敗したが、この地で黄金の剣を海に投げ入れたところ潮が引き磯伝いに攻め入ることができたという。

住所:神奈川県鎌倉市稲村ガ崎1/営業時間:入園自由/アクセス:江ノ島電鉄稲村ヶ崎駅から徒歩7分
illust_2.svg

10 満福寺

義経や弁慶の足跡を残す寺

天平年間(729〜749)に行基が創建した古刹。兄・源頼朝の怒りをかった源義経が、頼朝に許しを乞う手紙「腰越状」を書いた寺で、ほかにも弁慶の腰掛石、弁慶の手玉石といったゆかりの史跡が残る。併設の食事処『義経庵』では、しらす丼1100円などを味わえる。

住所:神奈川県鎌倉市腰越2-4-8/営業時間:境内自由/アクセス:江ノ島電鉄腰越駅から徒歩4分
illust_2.svg

11 龍口寺

大きな本堂と五重塔が圧巻!

鎌倉幕府を批判した『立正安国論』を提出した日蓮は、時の執権北条時宗の怒りをかい、この地で処刑されかかったが、霊験が起こり処刑を免れた。寺は日蓮の弟子・日法が、刑場跡に延元2年(1337)、一堂を建立し、自作の日蓮聖人像と首の座の敷皮石を安置したのが始まりという。

住所:神奈川県藤沢市片瀬3-13-37/営業時間:境内自由/アクセス:江ノ島電鉄 江ノ島駅から徒歩3分
illust_2.svg

12 扇屋

江ノ電もなかは湘南みやげの定番

創業は天保年間(1831~1845)といわれる老舗和菓子店。店頭には江ノ電600系のフロント部分が、店内には運転ハンドルや行き先看板、車内の時刻表などが飾られる。ゴマ餡、梅餡、ゆず餡、求肥入りこし餡、求肥入りつぶ餡などが揃う名物の江ノ電もなかは10本入り1500円。

住所:神奈川県藤沢市片瀬海岸1-6-7/営業時間:9:00〜17:00/定休日:不定/アクセス:江ノ島電鉄江ノ島駅から徒歩3分
illust_2.svg

地魚料理 池田丸

当日の水揚げで献立が変わる地魚刺身定食が人気

腰越漁港前の船宿。鎌倉沖定置網にて直接、活け〆した活魚を味わうことができ、2階に地魚料理店がある。その日に獲れた地魚を中心にした地魚刺身定食1760円のほか、生、かき揚げ、釜揚げなど各種シラス料理、しらす定食1450円が人気。

住所:神奈川県鎌倉市腰越2-12-10/営業時間:11:30〜14:30・17:00〜21:00/定休日:不定/アクセス:江ノ島電鉄腰越駅から徒歩2分
illust_2.svg

しらすや

漁師の直営店だから鮮度抜群の生シラスが旨い

シラス漁師の網元「勘浜水産」直営の食堂。イチ押しは、生シラス、かき揚げ、ごまめなどが味わえるしらすづくし定食1980円。1月~3月10日の禁漁期や不漁時は、生シラスが刺し身に変更になる。地魚の刺し身、塩焼き、煮物などの定食は1500円~。

住所:神奈川県鎌倉市腰越2-10-13/営業時間:11:00〜21:00LO/定休日:木/アクセス:江ノ島電鉄腰越駅から徒歩5分

取材・⽂・撮影=アド・グリーン

この記事に関連する書籍
散歩の達人 駅からさんぽ東京2
『散歩の達人』が選んだ街を楽しむ25コース第2弾

楽しくディープに街の魅力を伝える月刊『散歩の達人』がおすすめする、さんぽコースをまとめました。前作に続き、歴史の道あり、自然の道あり、裏道を行くタウンウォーキングありの25コース。王道よりもちょっとひねったコースも多く、初めて訪れる街も楽しめる一冊です。