お話を聞いたのは……『スナフキッチン』のマスター、岩崎茂雄さん

『スナフキッチン』のマスター、岩崎茂雄さんは地元愛あふれる小金井っ子。使用する野菜はすべて小金井産、日本酒やワインも小金井銘柄という徹底ぶり。近くに農家があり、多品種栽培な上にスーパーより安いという恵まれた環境だからこそだ。

生でもおいしい伝統野菜や西洋野菜

では毎朝4、5軒ハシゴするという「小金井江戸の農家みち」へと自転車を進めよう。最初は『よこきファーム』。「ここは種類が多くて何でもあり」とマスター。当主の横山喜和さんは12代目だ。この界隈は江戸時代の新田開発によって生まれた農地で、子孫が連綿と大地を守ってきたのだとか。

次の『大堀ファーム』の大堀耕平さんちも300年以上続く。

いずれも一般的な野菜のほか江戸時代から昭和40年代にかけて栽培されてきた江戸東京野菜が並ぶ。「亀戸大根は葉ごと浅漬けに、金町小かぶは煮崩れしにくいので煮物に」などと常連の奥様方が教えてくれるので心配無用。ケールやルッコラなどの西洋野菜や自家製ハチミツ、キウイフルーツ、ミカンなどの果物と種類豊富で目移りする。

『仕立てとおはなし処Dozo』は不思議な空間。戦前の建物に住まう夫婦が居間を開放して、ほのぼのとした時間を提供するカフェ(?)だ。庭先では大家の高橋金一さんが「金菜屋」としてシークワーサーや夏みかんなどの柑橘類を中心に販売。「タネが多いのはしっかり子孫を残そうとして旨味が凝縮している証拠」と教えてくれる。

マスターは野菜の食べ方を指南。「まず生で食べる。おいしかったらサラダ仕立てに。サクサク、コリコリといった歯ごたえや音を楽しむため、細かく切らないのもおいしく食べるコツです」。品数豊富で鮮度もよいものをゲットするには午前中に行く、というのも頭に入れておこう。

ハヤトウリや米ナス、ケール、シークワーサーなどの戦利品。

〈直売所へ通う〉

駅から遠く農家みちも1kmほどあるので、武蔵小金井駅か東小金井駅にあるシェアサイクル「スイクル」が便利。エコバッグは必携だ。

〈水をくむ〉

武蔵小金井駅近くの深井戸天然水「六地蔵のめぐみ黄金の水」で料理をさらにおいしく。水栓鍵(500円)を買えば誰でも利用できる。

〈農家を知る〉

直売所の裏側は広大な農地であることが多い。向こうの森はそのまま小金井公園。お許しが出れば収穫作業なども見学できるかも。

よこきファーム

1500坪の農地に60種類以上を栽培。そのほとんどを直売所で売り切る、活気ある農園。キウイやブルーベリーなどのフルーツ系も豊富にそろう。野菜作りや収穫体験ができる貸し農園サービスも行っている。
「江戸時代の陣屋跡近くだよ。直売コーナーは奥にあります!」(12代目当主の横山喜和さん)

大堀ファーム

ケヤキの大木が目印。江戸東京野菜が豊富。減農薬だから虫食いもあるけど、しっかりうまい。西洋野菜のルバーブを使ったジャムもある。毎月第1日曜日には朝市「こがね市」が開かれ、野菜のほか焼き菓子や手作り小物なども販売。
「息子が引き継いで一安心だね。安いよ!」(300年以上続く農家の大堀耕平さん)
ミモザの木が目印。大根やキャベツ、ハヤトウリ、柚子などが100円均一で。季節の切り花も並ぶ。

仕立てとおはなし処Dozo

おはなし占いや星座、妖怪ばなしを語る「物語屋」と、お茶や着物、創作和小物などの私的生活を推進する「仕立て屋」のコラボ。この小さな庭で高橋金一さんが「金菜屋」として、無農薬野菜や柑橘類を量り売りしている。
「好物は酸っぱいもの。実験するのも大好き!」(大家さんの高橋金一さん)

〈調理する〉秘密のレシピ教えます!

春菊やネギを使った鴨ネギつけそば。これにピクルス、里芋のサラダ、タマネギ、ナス、キュウリ、大根などの和風ラタトゥイユと、の野菜3点盛りをつけてお得なセット1100円に。

旬の野菜のピクルス

[ 材料 ]4人前 ※カップは米の計量カップを使用
●酢……1カップ
●水……1カップ
●かえし(そばつゆ)……1/4カップ
●はちみつ……1/2カップ
●塩……大さじ1~2
●旬の野菜……今回は、はやとうり・赤カブ・タマネギ・キュウリ

[ 作り方 ]
1. 野菜を食べやすい大きさに切る。
2. 材料を全て合わせ、野菜を漬け込む。
3. 2日目から食べごろに。1週間以内に食べきる。

里芋サラダ

[ 材料 ]
●里芋……6コ(1袋)
●キュウリ……1本
●タマネギ……1/2コ
●塩、コショウ……適量

[ 作り方 ]
1.里芋をふかし、皮をむいてマッシュする。
2.キュウリとタマネギを薄切りにして塩もみをし、水分が抜けたら水洗いして絞る。
3.里芋、キュウリ、タマネギを合わせ、ビネグレットドレッシングを入れて和える。塩コショウで味を調える。

ビネグレットドレッシング

[ 材料 ]
●タマネギ……1コ
●ニンニク……1片
●ワインビネガー……50cc
●EXバージンオリーブオイル……250cc
●ディジョンマスタード……小さじ山盛り1
●塩……大さじ1.5
●コショウ……小さじ1
●カキ油……大さじ1
●乾燥バジル……適量

和風タラトゥイユ

[ 材料 ]
●大根……1/4本
●ニンジン……1/2本
●タマネギ……1コ
●ニンニク……1片
●ナス……2本
●キュウリ……1本
●カットトマト缶……150~200g
●カキ油……大さじ1
●かえし……大さじ2
●油、塩、コショウ、白ワイン、乾燥バジル……適量

[ 作り方 ]
1.大根は5mmくらいのいちょう切り、ニンジンは2mmくらいの半月切り、タマネギは大きめの乱切り、ニンニクはみじん切り、ナス・キュウリは1cmの輪切りにする。
2.大根、ニンニク、ニンジンを油で炒める。
3.しんなりしてきたら、ナス・キュウリを入れる。
4.ナス・キュウリがしんなりしてきたら、白ワイン、カキ油、かえしを入れて下味をつける。
5.野菜に下味がついたらカットトマト缶を入れ、中火で水分を飛ばす。
6.大根の歯ごたえが残る程度で火を止め、塩・コショウで味をととのえ、乾燥バジルを入れてまぜる。
7.1日寝かせる。

『スナフキッチン』

国産そば粉と朝採れ小金井野菜にこだわった創作そばとガレットの店。十割そばは注文を受けてこね、パスタマシンを押して素早く作るので抜群の香りだ。緑のケールそば980円やデザートガレット680円など、和洋折衷料理が楽しめる。

住所:東京都小金井市緑町1-5-3/営業時間:11:30~ 14:00LO・18:00~22:00LO(日・祝は11:30~17:30LO)/定休日:月/アクセス:JR中央線東小金井駅から徒歩5分

取材・文=工藤博康 撮影=オカダタカオ
『散歩の達人』2021年1月号より