野崎さおり(達人)の記事一覧

noimage
高円寺『混ぜそばみなみ』で混ぜて食べる楽しみ!スパイスたっぷりの台湾混ぜそば
近頃、巷でスパイスの存在感が上昇中で、スパイスを使った麺料理も人気が出ている。高円寺南口から徒歩3分ほどのところにある『混ぜそばみなみ(まぜそばみなみ)』の台湾混ぜそばも、スパイス使いが特徴だ。ブレンドスパイスの五香粉のほか、注文が入ってから挽くコリアンダーシードなど、オリジナル度が高い台湾混ぜそばは、麺好き、スパイス好きにおすすめしたい。
noimage
高円寺『Anthony』は大人に向けた古着が並ぶ。今の空気を帯びた、取り入れやすいヴィンテージ
古着やヴィンテージが注目される中、古着店を訪れてみると、日常的な着こなしに取り入れるのは難しそうだと気後れしてしまうこともある。そんな気持ちに寄り添ってくれる古着店が高円寺のエトアール通り沿いにある。2020年10月にオープンした『Anthony(アンソニー)』だ。
noimage
高円寺『麺処 田ぶし 高円寺本店』は香味油、自家製麺、スープが決め手。大盛り無料のうれしいサービスも
2003年に高円寺に1号店をオープンした『麺処 田ぶし』。それから約20年。『麺処 田ぶし』はアジアに進出したり、店の名前を冠したカップラーメンが販売されたりと、人気のラーメン店として歴史をつくってきた。
noimage
王子『明治堂』は赤いビル。おいしいもの好きな社長夫妻とスタッフが考えたパンがズラリ
JR王子駅を背にして北に伸びる大通りを3分ほど歩いて、右折したところにある赤い建物。それが『明治堂(めいじどう)』のビルだ。1階のパン屋さんは、窓越しにもわかるほどたくさんのパンが並んでいる。
noimage
高円寺の古着店『MarcoPolo Gumi』であのころ憧れたアイテムに再会?並ぶのはトレンドのY2Kファッション
たくさん古着屋がある高円寺。トレンドに敏感な若者から、自分のスタイルを確立した大人世代まで幅広く洋服好きが集まるが、そのどちらにも、どこかグッとくるアイテムが揃うのが『MarcoPolo Gumi(マルコポーログミ)』だ。
noimage
高円寺『二階麺肴酒店 黒黒黒』は、ラーメンで締めたい居酒屋。魅惑のスパイスチューハイも試す価値あり
『黒黒黒』と書いて“ミクロ”と読ませる『二階麺肴酒店 黒黒黒(にかいめんさかなさけてん ミクロ)』は、高円寺のパル商店街から路地に入った古い建物の2階にある。路地から見上げると窓の外に怪しげな人形が2体置かれていて、ユニークな雰囲気で迎えてくれるこの店。その正体は、おいしいラーメンを出す居酒屋だ。
noimage
高円寺の古着店『WHISTLER』は、圧巻の品数とディスプレイが魅力でヴィンテージにハマりたくなる!
高円寺駅南口ロータリーを抜けて中野方面に進むと、ずらりと革靴が並ぶお店『WHISTLER(ウィスラー)』の存在がどうしても気になる。靴をメインに扱っているだろうかと店内に入ると、すごい種類と数のヴィンテージアイテムが並んでいる。
noimage
神楽坂『シマダカフェ』は脇道にあるビルの3階。看板メニューはカリトロ食感の神楽坂フレンチトースト
神楽坂は脇道を歩くのも楽しい場所だが、お店に入るには、少しハードルを感じることもある。『シマダカフェ』は「いつでも、誰とでも」をコンセプトとしてオープンし、2022年に10年目を迎えている。
noimage
江戸川橋『関口フランスパン 目白坂本店』の歴史は1888年から。変化を続ける老舗のパン屋さん
その歴史を明治時代に遡る『関口フランスパン 目白坂本店』。東京メトロ江戸川橋駅から少し歩いた住宅街にある老舗のパン屋さんだ。135年となるその歴史は、さまざまな変化を受け入れ、自ら作り出して紡いできた。
noimage
高円寺の古着店『daidai』はストーリーの中継地。ポップでかわいくて、毒が少々。
どの道を曲がっても古着店があると感じる街、高円寺。その中でも『daidai(ダイダイ)』は指折りの古株だ。洋服や靴、アクセサリーから人形まで、ダイダイ色を中心にカラフルなアイテムが並ぶ。
PAGE TOP トップへ PAGE TOP 目次へ