ワンダーウォール 劇場版

京都の片隅にある、京宮大学「近衛寮」。100年以上の歴史を持つこの学生寮には、一見無秩序のようでいて、“変人たち”による“変人たち”のための磨き抜かれた秩序が存在する。そんな寮に、老朽化による建て替えの議論が巻き起こる。新しい高層建築への建て替えを主張する大学側と、補修しながら現在の木造建築のまま存続させたい寮側。双方の意見が平行線をたどるなか、ある日、両者の間に壁が立った――。

脚本は、長期間の取材にもとづき渡辺あやが書き下ろしたオリジナルストーリー。音楽は『全裸監督』『モテキ』など数々の映画・ドラマなどを手がける岩崎太整による。須藤蓮(キューピー役)、岡山天音(志村役)、三村和敬(マサラ役)、中崎敏(三船役)、若葉竜也(ドレッド役)、成海璃子(香役)ら主要キャストは約1500人のオーディションにより選ばれた。劇場版はウイルス禍により今春からの上映が延期となり、「STAY HOME MINI-THEATER」での配信などを経て6月19日から全国で拡大公開される。

監督 前田悠希 

1993年生まれ、愛知県出身。早稲田大学在学時に自主映画を制作。卒業後、NHKに入局。京都放送局に赴任し、ドキュメンタリー番組などを制作。2018年、『京都発地域ドラマ ワンダーウォール』でドラマを初演出し、アメリカ国際フィルム・ビデオ祭でシルバースクリーン賞(エンタテインメント部門ドラマカテゴリー)を受賞。現在は名古屋放送局でドラマ番組の制作に関わる。

脚本 渡辺あや

1970年生まれ、兵庫県出身。映画『ジョゼと虎と魚たち』(2003/犬童一心監督)で脚本家デビュー。主な脚本作品に『火の魚』(09/NHK 広島)、『その街のこども』(10/NHK 大阪)、連続テレビ小説『カーネーション』(11/NHK)、映画『天然コケッコー』(07/山下敦弘監督)、『メゾン・ド・ヒミコ』(05/犬童一心監督)、『合葬』(15/小林達夫監督)など。

大きすぎる問題についての、相談

©2018 NHK
──京都の学生寮文化や、現実にある廃寮危機……という特徴的なテーマですが、描かれた“壁”に心当たりがある人は多いのではないかと思います。映画化に至った経緯は?
渡辺

2018年のドラマ放送直後から、映画化したいねとは言っていました。ドラマをやったものの、作品に描いたような問題は今でもずっと続いていて、細く長くでも、また話題になったり、それをきっかけに起きていることを知ってもらったり、仲間や味方を見つけていけたら、という思いがありました。

──作品のテーマは渡辺あやさんからの提案と伺ったのですが、ドラマ作りのスタートはどのようなものだったのでしょうか。
前田

地方局で作るドラマの枠で、京都の学生をテーマにしたドラマを作ることになって。僕とプロデューサーも学生寮というテーマにはたどりついたんですが、僕自身は、最初は寮のカルチャー的なあり方みたいなもののほうに興味があったんです。もう少し青春物語的な感じを想像していたのですが、あやさんに企画を持ちかけたとき、あやさん自身がずっと抱えていた問題意識と、“古い建物がなくなってしまう、そこにある文化もなくなってしまう”ということがリンクしたようで。ドラマはその方向に賭けてみよう、ということになりました。

──監督が興味を持った寮のカルチャーとは?
前田

すごく自由に見えたというか。「自由」という言葉が正しいのかはわからないんですけど、いろいろな不自由はあっても、お互いになるべく個人の自由を侵さず、自由を享受できる状況にしようという、自分たちでつくり上げているその「あり方」がすごく新鮮に映って。そういう感じをドラマにできたらなと考えたのですが、結果的にはそれも描くことができたと思います。

──敬語禁止。トイレはオールジェンダー。全会一致が原則で多数決は取らない。そんなルールに象徴される学生寮の独特の文化がとても印象的でした。もしもそのような環境に自分が身を投じたら……どうですか?
渡辺

たぶん、若い頃だったらすごくああいう場所に住みたかっただろうなって思うんですよね。今は主婦になってしまったので、まず掃除とかが……。一日中、寮を掃除してしまいそうな気がして、私は難しいかなって思うんですけど(笑)。

──「全会一致」というのもすごいですね。
前田

そうですよね。単純に、ここまで意見があることがすごいなと思いました。特に意見がないときって、早く終わってほしいから多数派にいっちゃったりするじゃないですか。でも、それがない。自分がその場にいてそんなに意見を出せるかっていうと、ちょっと心許ないです。

──時間のかかる、非効率と思われるものをよしとしない現代社会で、大変なことだなと。
渡辺

大変でしょうね(笑)。以前書いた朝ドラの『カーネーション』に岸和田の「だんじり」っていう荒々しいお祭りが出てくるんですけど、そこでも全会一致じゃないと物事を進めないと聞いたことがあって。一人でも「わしゃ気に食わない!」みたいなことがあったら、みんなでその人の家に行って説得して、その人が折れるまで物事を進めないと聞いて、すごいなと思いました。やられてるところはやられるんですよね。

──非効率と思われるようなことが守っているものもある、ということでしょうか。
渡辺

だいぶありますよね。むしろ非効率だと切り捨てているもののなかに、本当は切り捨てちゃいけないはずのもの、生きていく上で必要な栄養素みたいなものがたくさん含まれているんだろうなっていう気が、薄々しますよね。

──『ワンダーウォール』で描かれている大きなところでもありますね。
渡辺

合理性で言うと、私たちは「あんなことはやってられない」という考え方になりきっているんだけど、絶対にそれが正しいとも言えない。彼らはたぶんあの寮にいる間に、常識と思われているようなことに対して「では、違うやり方をしたらどうなんだろう?」という実験をしている気がするんですよね。自分の身をもって“そうじゃない社会”を具現化するとしたら、どういうふうになるんだろう? ということをやっている。そのこと自体がまず素晴らしいと思うんですよ。

──前田監督は、ご自身の実体験と比べていかがですか。
前田

もしもああいう学生時代を過ごしていたら、人と触れあうことへの不安感みたいなことがなくなったんじゃないかなと思います。僕は大学生のときは人見知りで、所属していた映画サークルにも微妙に溶け込めない……というような感じがあったんですけど、溶け込んでも溶け込まなくてもいよ、みたいな。その肯定感を感じられていたら、何か自分の殻が破れていたんじゃないかと思いました。

──でも、この作品を観て、自分が思っていた常識とは違う可能性に気づく人もいるのではないかと思います。
前田

そうですね。僕自身もこの作品を通して、自分の生きている現実と社会は決して断絶されていない、地続きなんだなってことも思ったし、もっと個人レベルでは、ちゃんと自分で考えていいと思うものを見極めながら生きていくことの大切さとか、それにアクションすることの大切さをすごく教えてもらったなと。

──そのような学生寮の豊かな文化が描かれているからこそ、三村和敬さん演じるマサラが「そんな理想主義にのぼせあがってるから……」とまくし立てるシーンがつらく、一方で、共感する人も多いだろうと思いました。このセリフは、どのような気持ちで書かれたのでしょうか。
渡辺

たぶん、全部自分の気持ちなんですよね。私はもともと、政治に興味がない、というより難しくてよくわからないと思っていたんですけど、この作品を書く前から、そんな自分でさえ「これは本当にまずいぞ」と思うことがいろいろなところで起こり始めていて、生まれて初めて危機感を懐いたんです。私でさえ気づいているのに、世間の多くの人がまだ気づいていないぞ、というのがさらに怖くて。
廃寮危機は象徴的で、これまで行われていたはずの当局側と学生の話し合いが一方的に打ち切られてしまう。いろいろなことが上から下りてきた結果が、そのことにつながっている。ぼーっとしてるとこういう風につぶされてしまう、失っていくものがあるんだっていう危機感を表現するにはどうしたらいいか、ということから考えていったんです。

──寮生の側だけではなく、大学側のことを考えても複雑な気持ちになります。
渡辺

大学も国からの予算が削られて本当に困窮しているっていう、切羽詰まった事情があるのも事実なんですよね。今後のこの国の課題として、貧しくなっていくことを前提にものを考えないといけないんだとしたら、果たして私たちの幸福をどのように定義するのか? ということを考えなければいけない気がするんです。
これまでは、お金をばんばん稼いでいれば万事OK、という考え方できたけれど、そうなる過程で社会が切り捨ててきたもの、考えないようにしてきたことがある。そこに立ち返って、みんなで考えないといけない時がきていると思うんです。でも、問題が大きすぎて。私一人が結論を出せるようなことでもないので、観てくださっている方への「相談」みたいな感じです。