御徒町の記事一覧

1〜10件(全23件)
noimage
御徒町の『王さん私家菜』に、日本には数少ない山里の民が酸っぱ辛さを求めてやってくる
【中華人民共和国 貴州省(グイジョウシェン)】中国南部の内陸山間部に広がる。人口約3800万人のうち漢族は62%で、ミャオ族(12%)をはじめとする少数民族も多い。日本に住む貴州出身者はきわめて少なく、おもに都内で留学生や会社員として暮らす。その多くは漢族といわれている。
noimage
上野のおすすめランチ20店。老舗のとんかつ屋さんから高架下のおしゃれカフェまで。
美術館、博物館などの文化施設やアメ横などを目的に多くの人が訪れる上野エリアには、老舗の料理店がたくさん残る。普段は敷居が高く感じても、ランチでならリーズナブルに食事ができるお店も。上野・御徒町の老舗から新しいおしゃれカフェまで、おすすめの店をご紹介!
noimage
上野『とんかつ まんぷく』の超極厚ロースかつに仰天!甘~い脂がさっぱりした味わいの重量級かつ
上野アメ横商店街の裏路地にある『とんかつ まんぷく』は、約60年続く老舗とんかつ屋。すぐ近くに『二木の菓子』があり、買い物客で賑わうスポットだが、こんなところに道が、店があったの? というほど隠れ家的な雰囲気。ボリューミーな超極厚とんかつがお値打ち価格でいただけるという、地元でも知る人ぞ知る名店だ。
noimage
御徒町高架下の卵料理専門店『egg baby café』。行列しても食べたいボリューミーなタマゴサンド
近年、鉄道高架下におしゃれな商業施設が続々と誕生している。ベロベロに酔ったサラリーマンが集まる赤提灯の飲み屋街、という高架下の光景は、もはや過去のものになりつつあるようだ。御徒町駅から秋葉原方面に向かい徒歩1分ほどの場所にも、かつてのイメージとはほど遠いおしゃれ女子たちが行列を作るカフェがある。卵料理専門店『egg baby café』だ。
noimage
秋葉原『カフェアサン』。名物スフレケーキとハンモックのある癒やし空間で、お値打ちランチ
御徒町駅から秋葉原駅間の高架下にあるショッピングモール「2k540 AKI-OKA ARTISAN」内にある『カフェアサン』。店内にハンモックがかけられ、揺られながらのんびり過ごす人がちらほら。週末は名物のスフレケーキを楽しむカップルや家族連れでにぎわうこの店で、リーズナブルなランチが話題を呼んでいる。カフェ飯と侮るなかれ、500円から本格料理が味わえるという。
noimage
上野の老舗とんかつ屋『とん八亭』で、サックサクの衣をまとったやわらかロースかつをほおばる
今日のランチはちょっと贅沢して、おいし~いとんかつが食べたいなあ……と思い、上野広小路の路地裏にある老舗『とん八亭』へと向った。上野界隈のとんかつ屋では唯一、ミシュランのビブグルマンに掲載された売り切れ御免の人気店だ。
noimage
上野『井泉本店』のかつサンドでさくっとランチ! テイクアウトして散歩中の上野公園で食べるのもアリ
「お箸できれるやわらかいとんかつ」でおなじみの老舗とんかつ店。下谷花柳界の芸者衆のために考案されたかつサンド6切れ950円は、小さめだが見た目以上に食べごたえがある。時間がないけどおいしいものが食べたいときにさっと食べられるし、テイクアウトを友達とシェアしてちょい食べするのもアリ。でも、せっかくなら創業当時の面影を残す店内で、伝統を引き継ぐ古き良き昭和ロマンに思いを馳せるのもいいかもしれない。
noimage
「いつもの駅」の新たな街の魅力を見つけに行こう!「駅からハイキング」で気軽に街歩き
寒さも一段落し、街歩きには絶好の季節となったいま、健康を兼ねて少し長めの距離を歩きたい。しかし、どこへ行こうか、どんなルートでめぐろうか、調べてみるのも一苦労…。そんなあなたにおすすめなのが、JR東日本が開催するウォーキングイベント「駅からハイキング」。参加費無料・予約不要(一部コースを除く)で駅をスタートとするので気軽に参加することができ、また見どころが書かれたルートマップも手に入るので、迷うこともなければ、巡るスポットを下調べする必要もない。今回紹介するのは2022年5~6月に開催される「北千住駅」「池袋駅」「恵比寿駅」「御徒町駅」からスタートする4コースだ。何度も訪れたことがある方でも、コースに沿って歩いてみることで、知っているようで意外と知らない、そのエリアの歴史や四季折々の自然を楽しむことができる。今回は4コースそれぞれコースポイントの中から特におすすめのスポットを抜粋して紹介したい。
noimage
おいしい朝ごはん探検隊! 東京で巡る朝限定の贅沢世界紀行【モーニング】
朝ごはんの定番といえば、日本じゃ、ごはんと味噌汁だが、各国料理店のなかには、ご当地の味を朝から用意する店も。ひととき、世界の朝へトリップしたい。
noimage
気軽にワインを味わえる東京のおすすめ15店。「日本ワイン」が飲める店もご紹介!日本料理店から小さなワイナリーまで。
今日は優雅にワインの気分!でも肩肘張った高級店じゃなくて気軽に飲める敷居の低いお店がいい。ふらっと立ち寄れてしっかり美味しいワインのお店をご紹介!そして「日本ワイン」が味わえるお店にも注目。「日本ワイン」とは国内産ブドウを100%使用し、国内で醸造されたワインのこと。近年、世界的なワインコンクールで日本ワインが相次いで受賞し、国際的な評価が高まっています。その日本ワインが味わえる、今注目の店でメイドインジャパンのおいしさをお試しあれ。

御徒町のスポット一覧

1〜12件(全25件)
noimage
王さん私家菜(わんさんすーじゃーつぁい)
日本では珍しい、中国貴州省の料理が食べられるお店。グランドメニューではなく、壁に貼られたメニューに注目しよう。酸湯牛肉のスープや酸豆角肉などがおすすめ。
noimage
egg baby café(えっぐべいびーかふぇ)
御徒町駅から秋葉原方面に向かい徒歩1分ほど、JRの高架下にある卵料理専門店『egg baby café』。おしゃれ女子たちが行列を作る人気のカフェだ。SNS映えするタマゴサンドにはなんと4個分の卵が使われていて、男性でも大満足のボリュームだ。
noimage
カフェアサン(かふぇあさん)
御徒町駅から秋葉原駅間の高架下にあるショッピングモール2k540内にあるカフェ。店内にハンモックがかけられ、揺られながらのんびり過ごせる。フレンチにも精通した元パティシエが手掛けるリーズナブルなランチに、焼き立てのスフレケーキが人気。
noimage
とん八亭(とんぱちてい)
アメ横の路地裏で75年以上の間、地元民に親しまれてきた『とん八亭』は、今や各地から多くの来客が行列をなす。サクサクの衣に包まれたやわらかい赤身と旨味たっぷりの脂身を味わえるロースかつが人気。店主の丁寧な仕事ぶりからは、名店の匠を感じる。
noimage
とんかつ まんぷく
上野アメ横商店街の裏路地にある、1962年のオープン以来60年続く老舗とんかつ屋。すぐ近くに二木の菓子があり、買い物客でにぎわうスポットだが、隠れ家的佇まい。2代目店主が肉やパン粉にもこだわった、ボリューミーな超極厚とんかつがお値打ち価格と、地元でも知る人ぞ知る名店。
noimage
井泉本店(いせんほんてん)
東京メトロ銀座線または日比谷線、上野広小路駅から徒歩1分、「お箸できれるやわらかいとんかつ」のキャッチフレーズでおなじみの老舗『井泉本店』。かつサンドの発祥で、すぐ指のあとがついてしまうフワフワのパン、甘さ控えめのソースをたっぷりまとわせたヒレかつは超がつく柔らかさ。かつサンド6切れ950円は90年以上愛される三位一体の味わいだ。
noimage
食料品店 吉池
御徒町駅横にそびえる魚自慢の食料品店。しかし酒類の充実度もまさに圧巻。地下2階では、蔵元が週替わりで新酒・限定酒の味見を勧めてくれ、日本酒売り場では入手困難な地酒も含め、各地の銘酒を約500品目も揃えている。1階の鮮魚売り場の各種天然魚は勿論、地下1階の総合食料品売り場には、越後の珍味を中心とした良質の肴が目白押しだ。
noimage
故郷味(ふるさとあじ)
中国東北地方ハルピン出身の店主・ユ・カンスさんが、2001年にオープン。以来、不動の人気を誇るのが羊肉串だ。1本176円とうれしい価格も相まって、つい何本でもおかわりしたくなる。
noimage
吉池食堂
御徒町の象徴『吉池』の9階にあるのが『吉池食堂』だ。ざぶ豚カツは、30cm四方の600gという前代未聞の大きさ。話のネタとして宴会のオプションとして注文する人も多いんだとか。『吉池』での買い物に迷ったあとに、魚料理や珍味を味見気分で日本酒と一杯、というのも楽しい。
noimage
喫茶トリコロール
百貨店の中にある、昭和レトロな雰囲気が漂う正統派喫茶店。銅板で美しく焼き上げられたホットケーキや、卵のコクを感じる固めの手作りプリン、クリームソーダなどの王道メニューが、間違いのない美味しさで満喫できる。
noimage
ティンパニ
味わい穏やかなイタリアンが味わえる店。月・火は季節を感じる野菜満載の塩味やトマト味などのパスタ、水・木・金はにぎやか惣菜と十六穀米のワンプレートランチが楽しめる。
noimage
葡蔵人(ぶっくろーど)
ユニークなラベルに注目のワイナリー。ブドウは茨城の自家農園と長野、山梨の契約農家から仕入れるが、ワイン造りを任される須合さんが自ら収穫に出向くなど情報収集や勉強も余念がない。
PAGE TOP トップへ PAGE TOP 目次へ