編集部からのお知らせ

41〜50件(全134件)
noimage
『散歩の達人』2023年2月号、大特集「パン屋さんと喫茶店のロマンス」は1/20発売!
街を歩いて漂ってくる、パンとコーヒーの幸せな香り。ふと入った喫茶店でトーストを注文したなら、「どこのパンを使ってるんだろう?」と、ちょっと気にしてみてほしい。街のそこかしこにある「仕入れ」の関係性のなかでも、今回本誌では、パン屋さんと喫茶店のお付き合いにフォーカス。「うちのパン、あの街の喫茶店に卸しているよ」「このお店のトーストは、あそこのパンじゃなくっちゃね」なんて声にしっかり聞き耳立ててみれば、パン屋さんと喫茶店のつながりに、小さなロマンスを感じられるはず。知るほどに人に教えたくなる両者のグッドコンビネーションを、たんとお楽しみあれ。今回は特別付録として、訪れたお店をメモして楽しめる「パン屋さんと喫茶店のロマンスメモリー帖」付き!
noimage
【結果発表】「12月のいいぜ賞」を発表します/さんたつサポーター投稿「こりゃいいぜ!」
素敵な投稿をしてくださった方に「いいぜ賞」と題して毎月3名様にプレゼント(Amazonギフト券5,000円分)を贈呈するという企画「今月のいいぜ賞」。本日は、「2022年12月のいいぜ賞」を発表いたします。たくさんご投稿いただき、ありがとうございました。そして、受賞したみなさま、おめでとうございます! 受賞者のみなさまには、編集部からメールでご連絡いたします。
noimage
【大賞発表】さんたつサポーター投稿機能 年間アワード「こりゃいいぜ大賞2022」受賞者を発表します!
投稿機能「こりゃいいぜ!」で素敵な投稿をしてくださったさんたつサポーターを選出する「2022年こりゃいいぜ大賞」。先日はノミネートサポーターをご紹介しました(記事はこちら)が、いよいよ大賞受賞者の発表です!本日は大賞1名、そして特別賞3名を発表します。
noimage
【年末年始休業のお知らせ】
平素より、「さんたつby散歩の達人」をご覧いただきありがとうございます。2022年12月29日(木)~2023年1月4日(水)の期間、誠に勝手ながら、年末年始休業とさせて頂きます。 ※2023年1月5日(木)より通常営業となります。年末年始休業中はご不便をお掛け致しますが、何卒ご寛容くださいます様お願い申し上げます。皆様、どうぞ良い年をお迎えください。さんたつ編集部
noimage
投稿機能 年間アワード「こりゃいいぜ大賞」ノミネートユーザーを発表します!
2021年7月末から始まった投稿機能「こりゃいいぜ!」。昨年に引き続き、素敵な投稿をしてくださったさんたつサポーターを選出する「2022年いいぜ大賞」を開催します!ここではノミネートサポーターをご紹介。大賞は12月28日にWeb「さんたつ」にて発表します。大賞受賞者の方には、さんたつ編集部からお年玉をプレゼント予定です。
noimage
『散歩の達人』2023年1月号、大特集「谷中・根津・千駄木」は12/21発売!
いわゆる“谷根千ブーム”から十数年、もはや大定番の観光地。この街の魅力は語り尽くされた……そう思っているなら、大間違いだ。相反する要素が絶妙なバランスで隣りあい、混じりあって変化してゆくこの街は、歩けば歩くほど見えてくる顔がある。リノベーションの波は未だ衰えず、老舗や有名店にも発見があふれている。懐かしい風景を新しい世代がしかと受け継いで歩き出している様子も頼もしい。都心なのに田舎くさくて、山の手だけど下町みたいで、安心と驚きが交互に飛び出し、おまけに地形も山あり谷ありの谷根千散歩。コントラストに酔いしれて目を回さないよう、お気をつけあそばせ。
noimage
【結果発表】「11月のいいぜ賞」を発表します/さんたつサポーター投稿「こりゃいいぜ!」
素敵な投稿をしてくださった方に「いいぜ賞」と題して毎月3名様にプレゼント(Amazonギフト券5,000円分)を贈呈するという企画「今月のいいぜ賞」。本日は、「2022年11月のいいぜ賞」を発表いたします。たくさんご投稿いただき、ありがとうございました。そして、受賞したみなさま、おめでとうございます! 受賞者のみなさまには、編集部からメールでご連絡いたします。
noimage
MOOK『唎酒師×散歩の達人 日本酒こだわり基礎講座』は11/29発売!
今どんな日本酒が流行っているの?日本酒に合う肴ってなに?そもそも日本酒はどうやって造られるの?――散歩の達人と日本酒のソムリエ=唎酒師たちが寄ってたかって日本酒のうんちくと味わい方を伝授します。ときにゆるく、ときに深く、たまにオタクっぽい、そんな一冊です。
noimage
『散歩の達人』2022年12月号、大特集「麺が食べたい」は11/21発売!
いまや日本中、いや世界中の麺料理が味わえるのが東京。とりわけ近年、目を見張るのが「麺」そのものの多様化だ。例えば、流行り廃りの激しいラーメン界には自家製麺の波が押し寄せ、うどんとの境界が曖昧な新感覚なものも出現中。また、飲食店や庶民の台所を支えてきた町の製麺所をのぞいてみれば、中華麺だけでなく、乾麺でも生パスタでもない第3の麺が! さらに、昨今の健康志向に応えるように、小麦を使わないおいしい麺だって増えている。麺はいつの時代も進化がとまらない。それでいて、なじみのない味付けや食材と合わせても、不思議と食指が動いてしまうのが麺の持つ神秘さだ。一口すすれば未知なる世界が幕を開ける。一杯の器から広がる無限の宇宙に吸い込まれよう!
noimage
「こどものほん ありがとう20周年 プレゼントキャンペーン」開催中!
2022年で交通新聞社のこどものほんは20周年を迎えました。ご愛読者様の日頃のご愛顧に感謝して、抽選で合計100名様に当たるレシート応募キャンペーンが開催中です!プレゼント応募方法をご確認のうえ、対象商品をお求めいただき、下記特設サイトより奮ってご応募ください。
PAGE TOP トップへ PAGE TOP 目次へ