1. HOME
  2. 東京都
  3. 馬込・池上

馬込・池上の記事一覧

1〜6件(全6件)
『おかえりモネ』の下宿先にもなった名銭湯〜時代を超えて風情と人情が生き続ける町のお風呂屋さん『明神湯』
大田区南雪谷の一画に、昭和32年から続く銭湯がある。創業当時から変わらない、歴史ある建築様式とともに、昔ながらの番台や浴室の風景が残るこの銭湯は、これまで数々の映画やドラマ、CMの舞台としても重宝されている。2021年8月現在放送中の朝ドラ『おかえりモネ』では、ヒロインの下宿先として度々登場。今回は、そんな『明神湯』について紹介する。
東京のおもしろ御利益神仏スポット11選。ニッチでユニークな願いごとを叶えてくれるスポットへ! 
人の数だけ願いはあるから大都市東京では、神社や寺の御利益も多彩で、時代と共に変化もしている。こんなのも? というニッチな願いが叶う神仏スポット11選をご紹介。困ったときにはその関係の神仏を探して、参拝しよう!
城南一のパワースポット! 日蓮宗大本山 池上本門寺をたずねる
なだらかな平地を望むようにそびえる池上本門寺。総門から96段の石段を上ると、悠々と構える仁王門、奥には広々とした敷地に大堂が鎮座する。常に法華経の響きが絶えない境内に身を置くと不思議と力が湧いてきます。
【東京ナゼココ立ち食いそば】西馬込『そば三』。坂を越えた先にポツンとある店は計算ずくだった
早く、安く、手軽に食べられ、忙しいときにありがたい立ち食いそば。近年は立ち食いと言いつつ椅子のある店も増えてハードルが下がったのか、より多くの人に親しまれている。そんな立ち食いそばだからこそ、お店のほとんどは、人の行き来が多い駅前や繁華街などに多い。ところが探してみると、実はのどかな郊外などにポツンとお店があったりもする。どうしてここに……? そんな意外なところにある立ち食いそばを、散歩気分で訪ねてみた。
贈り物に迷ったら、是非ご一読を! 東京手みやげ大図鑑
贈る相手が決まっているなら、やっぱり喜んでくれるものを贈りたい。絶対に外したくないなら、有名店や老舗の品行方正なお菓子がテッパン。年齢を重ねた人へは、柔らかさや食べやすさなどいたわり重視のセレクトを。情報ツウの友達には、適度な価格帯とデザインのよさも重視。加えて、そこでしか買えないプレミア感や話題性もあるとなおよし! 定番から最新まで東京の手みやげをご紹介。
池上駅からはじめる池上・大森町散歩~門前町に遺跡など、時の流れを感じるコース
スタートの池上は日蓮宗の大本山・池上本門寺のお膝元。周辺は寺町の風情が色濃く残り、そこから少し歩けばかつての馬込文士村があったこともあり、川端龍子をはじめとして作家ゆかりの地も多数点在。後半は大森貝塚や刑場跡など、連綿と続く歴史も堪能できる。スタートから大森駅周辺まではアップダウンが激しいので心して。

馬込・池上のスポット一覧

1〜8件(全8件)
池上本門寺 花峰(いけがみほんもんじ はなみね)
池上本門寺名物は精進料理をヒントに作られたアイス。牛乳、バターなど動物性原料は一切使わず、豆乳がベースとなっている。後を...
明神湯(みょうじんゆ)
昭和32年開業の銭湯。宮造りの外観と、折上格天井という伝統的な建築様式を用いた内観に昭和の風情が色濃く残る。また、今では...
そば三(そばぞう)
駅から歩くこと約15分。車通りの多い十中通りを右に曲がり、しばらく歩いた先にあるのが、『そば三』。ツユはバランス重視なが...
wagashi asobi
「地元の自慢の名物になりたい」と2人の和菓子職人が腕を振るう街角の小さな和菓子店。ドライフルーツの羊羹は2015年、経済...
池上本門寺通り(いけがみほんもんじどおり)
池上本門寺通り商店会は42店舗が加盟。店名を染め抜いたのれんや辻行灯など、門前町にふさわしい雰囲気がある。建物が国の有形...
池上本門寺(いけがみほんもんじ)
日蓮聖人が人生最後の20日間を過ごした御入滅の地。境内には徳川2代将軍秀忠の乳母が寄進した五重塔、江戸時代築の経蔵や総門...
大田区立郷土博物館(おおたくりつきょうどはくぶつかん)
大田区を中心とした人文系の博物館。区内で発掘した遺物や郷土芸能の水止舞の衣装、巨大な六郷とんび凧などを展示する。馬込文士...
池上 池田屋(いけがみ いけだや)
池上本門寺の参道にある江戸時代創業の老舗。小麦粉のデンプンを寝かせて発酵させたモチモチの久寿餅に、きめ細やかなきな粉と濃...
PAGE TOP PAGE TOP