スポットを探す

東京都 東京駅・丸の内・八重洲 東京駅 八重洲 銀座 有楽町・新橋・日比谷・汐留 日比谷 有楽町 新橋 日本橋・人形町 日本橋 人形町 神田・神保町・秋葉原 神田 神保町 秋葉原 御茶ノ水 水道橋 上野・浅草 上野 浅草 御徒町 鶯谷 赤羽・十条・王子 赤羽 王子 十条 中野・高円寺・阿佐ケ谷 高円寺 中野 阿佐ケ谷 浅草橋・蔵前 浅草橋 蔵前 恵比寿・中目黒 恵比寿 中目黒 立石・堀切 立石 板橋 大山 品川・大崎・大井町 大崎 大井町 品川 蒲田・大森 蒲田 大森 神楽坂・本郷・飯田橋 飯田橋 神楽坂 四ツ谷・市ケ谷 四ツ谷 千駄ケ谷 柴又・金町・亀有 金町 亀有 柴又 荻窪・西荻窪 荻窪 西荻窪 吉祥寺 三鷹・武蔵境・小金井 三鷹 武蔵境 小金井 武蔵小山・戸越 武蔵小山 戸越 目黒・五反田・白金 五反田 目黒 深川・門前仲町・清澄白河・森下・豊洲・木場 森下 清澄白河 門前仲町 谷根千 根津 湯島 千駄木 谷中 向島・曳舟・押上 向島 曳舟 東向島 麻布十番・麻布・六本木 六本木 麻布十番 渋谷 新宿・大久保 新宿 代々木 大久保 青山・原宿・表参道 原宿 表参道 青山 池袋・早稲田・高田馬場・目白 早稲田 池袋 高田馬場 目白 巣鴨・大塚・駒込 護国寺 巣鴨 大塚 駒込 日暮里・三河島・町屋 日暮里 北千住・南千住・綾瀬 南千住 北千住 小岩・新小岩 錦糸町・亀戸・大島・両国 大島 両国 錦糸町 亀戸 赤坂・霞ケ関・永田町 赤坂 浜松町・芝浦・三田 浜松町 三軒茶屋・世田谷線 世田谷線 三軒茶屋 小田急線・京王線 豪徳寺 明大前・下高井戸・千歳烏山 下北沢・駒場東大前 下北沢 二子玉川・駒沢大学 江古田・練馬・石神井公園 練馬 石神井公園 西武新宿線 自由が丘・学芸大学 自由が丘 馬込・池上 永福町・浜田山・三鷹台 築地・月島・佃島・八丁堀・新川 立川・国立・国分寺 国分寺 国立 立川 調布・府中・深大寺 深大寺 調布 府中 八王子・高尾 八王子 町田 奥多摩・青梅・五日市線 奥多摩 青梅 神奈川県 小田原周辺 足柄上郡 横浜・みなとみらい 横浜 川崎・鶴見・武蔵小杉・日吉 武蔵小杉 鎌倉・江ノ電・湘南 江の島 茅ケ崎 藤沢 鎌倉 横須賀・三浦・葉山 横須賀 三浦 箱根・湯河原 箱根 相模原・海老名・厚木 相模大野 埼玉県 大宮・浦和 浦和 大宮 所沢・狭山・入間・飯能 飯能 所沢 入間 狭山 川越・朝霞・ふじみ野・志木 川越 秩父・長瀞・三峰口 秩父 上尾・久喜・熊谷 千葉県 千葉・船橋・津田沼 千葉 船橋 津田沼 習志野 市川・本八幡 本八幡 柏・松戸・流山 我孫子 松戸 成田・佐倉・佐原・富里 群馬県 山梨県 茨城県 取手 静岡県 熱海 伊豆 栃木県 北海道 山形県 愛知県 その他 全国 台湾 台北
5857〜5880件(全6092件)
noimage
六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー
海抜250mにある展望回廊。高さ11mの吹き抜け空間から東京の街並みを満喫できる。さらにオープンエアの屋上には、関東随一の高さ海抜270mのスカイデッキがある。展望や天文と融合したイベントもある。
noimage
国立新美術館
コレクションをもたずに、国内最大級の1万4000㎡ある展示スペースを活かして、美術表現を幅広く紹介する展示会を開催。美術に関する情報や資料の収集・公開などアートセンターの役割も果たす。
noimage
浪花家総本店
店名は初代店主・神戸清治郎の出身地・浪速(大阪)にちなむ。明治42年(1909)の創業からの製法を守るたいやき180円は、パリッとした食感の薄皮に、上品な甘さの餡が尻尾までたっぷり。
noimage
毛利庭園
江戸時代には毛利秀元の上屋敷だったが、平成15年に六本木ヒルズがオープンした際に毛利庭園として開園した。敷地4300㎡の日本庭園は、大名屋敷の名残を今に伝え、桜の名所としても知られる。
noimage
きみちゃん像
野口雨情が作詞した『赤い靴』は、実在した岩崎きみがモデル。孤児院にいたきみは、3歳でアメリカ人宣教師の養女になり渡米が決まっていたが、結核にかかり出国できずに麻布の孤児院で9歳の生涯を閉じた。
noimage
善福寺
天長元年(824)、弘法大師の開山。鎌倉時代には親鸞聖人が訪れたという。幕末にはアメリカ公使館となり、初代駐日大使タウンゼント・ハリスが駐在した際には、福沢諭吉が度々訪れ、諭吉の墓所がある。
noimage
有栖川宮記念公園(ありすがわのみやきねんこうえん)
明治29年(1896)に有栖川宮威仁親王の御用地になり、昭和9年(1934)に東京市に賜与され公園になった。麻布台地の起伏に富んだ地形を活かし、渓谷や池、日本庭園があり、季節の花木が園内を彩る。
noimage
ナショナル麻布
日本では珍しい海外の食材やオーガニック食品などの高級食材がそろう輸入商品がメインのスーパーマーケット。周囲に大使館が多く、外国人の買い物客が多い。色とりどりの商品が並び海外の店を彷彿とさせる。
noimage
日暮里 斉藤湯
ビルの銭湯では珍しく浴室の天井が高いのはご主人の伝統的な銭湯の雰囲気をの残したい、という心意気から。湯船は高濃度人工炭酸泉をはじめ、ジェット・寝湯・電気風呂を備えた大浴槽、あつ湯、水風呂があり、露天エリアにはシルキー風呂も備えるなど種類豊富。ロビーではビアマイスターに入れてもらうビールが飲める。
noimage
熱海湯
昭和29年(1964)築の伝統的宮造りの外観が特徴的。花街・神楽坂の見番近くの坂の下に佇む姿は風情がある。男湯には中島盛夫絵師による富士山のペンキ絵が描かれており、ペンキ絵の下には今となっては大変貴重な九谷焼きの鯉のタイル絵がある。高温風呂もあり、江戸時代のあつ湯の伝統を引き継ぐ銭湯だ。
noimage
はすぬま温泉
2017年12月にリニューアルした銭湯。お湯は天然温泉で、サウナ用の水風呂も温泉という贅沢さ。建物や内装は大正ロマンを彷彿とさせるレトロな雰囲気で、都内では珍しい浴室中心に湯船がある形式となっている。
noimage
ぶぅたん
餃子を3年研究したという餃子愛に溢れる店主が営む餃子専門店。看板餃子である「豚タン」は、ジューシーな餡と豚タンの食感を同時に味わえる一品。これと燻製海鮮餃子、スープ水餃子を加えた餃子盛り合わせもオススメ。
noimage
手打うどん 鷹
2代目の兄弟と、ほがらかなお母さんが切り盛りする手打ちうどん店。褐色がかってエッジの効いた麺は、跳ね返すようなコシと小麦の香りが楽しめて麺自体が絶品。
noimage
定食あさひ
日替り定食を目当てに通う常連客が多数の食堂。炊きたての御飯と煮干しと野菜の旨味が詰まった味噌汁を主軸に三鷹野菜や、サバ干しなどの魚、つくば鶏など毎日通っても飽きない様々なおかずが登場する。
noimage
千尋滝(せんぴろのたき)
千尋、千人が手を結べるほど大きい岩盤から名付けられた。落差約60 mの滝自体は遠目なので迫力はそこそこだが、この大岩盤は大川の滝に負けない絶景。標高270 mの展望所からの眺望もよい。
noimage
一湊珈琲焙煎所(いっそう)
東京で書籍編集をしていた女性が夫とともにUターン、島の伝統的な古民家を改装して焙煎所を営む。屋久島の海の玄関口、宮之浦港のフェリー待合所にある。
noimage
白谷雲水峡&ヤクスギランド
ヤクスギや多様な原生林が見られる2 つの自然休養林は縄文杉と並ぶ定番観光スポット。倒木更新や切株更新、近世の伐採跡もじっくり観察できる。
noimage
民宿 晴耕雨読
島の季刊誌『生命の島』編集者時代に成り行きで民宿を始め20 年以上になる。本棚とキッチンのあるフリースペースに、夜ごと初対面の旅人が集まり酒を飲み語らう。
noimage
革cafe〝ariga-to〞
ヤクシカ革作家の清水舞さんが、植物由来のタンニンでなめし、染料のみで仕上げた丈夫でしなやかなヤクシカ革を手縫いで仕上げる革小物を取り扱う。
noimage
喫茶 樹林(きりん)
屋久島関連本の閲覧や購入もできる。屋久島産の有機無農薬の紅茶、自家製の屋久島産フルーツジュース430 円~。
noimage
Restaurant&Wine Barヒトメクリ.
自然な農法で育てた島の野菜などの食材を使った料理が楽しめる。「屋久島と人をめくる・めぐる、頁をめくる」の思いで名付けた季刊~年刊ペースの地元誌『屋久島ヒトメクリ.』出版元の直営店。
noimage
散歩亭 ダイニング&バー
新鮮な島の食材を使った料理やカクテルが楽しめる。テラス席もありしゃれた店ながら、カウンターがあるので1 人でも入りやすく、他の客とも会話しやすいフランクな雰囲気。
noimage
さーや Yoga 屋久島
武家造の古民家のスタジオを拠点に、日の出や日没の海辺、林間などさまざまな屋外でのヨガを積極的に実践できる。
noimage
愚角庵
詩人・作家の山尾三省(1938 ~ 2001)の庵。40 年前、廃村だったこの地を終のすみかに選び東京から移住した。
PAGE TOP トップへ PAGE TOP 目次へ