スポットを探す

韓国 長野県 青森県 兵庫県 沖縄県 宮城県 福井県 岐阜県 山形県 新潟県 熊本県 滋賀県 高知県 福岡県 鹿児島県 福島県 富山県 秋田県 徳島県 岡山県 鳥取県 岩手県 京都府 島根県 三重県 大分県 石川県 山口県 和歌山県 大阪府 東京都 保谷・東久留米・清瀬・秋津 東京駅・丸の内・八重洲 東京駅 八重洲 銀座 有楽町・新橋・日比谷・汐留 日比谷 有楽町 新橋 日本橋・人形町 日本橋 人形町 神田・神保町・秋葉原 神田 神保町 秋葉原 御茶ノ水 水道橋 上野・浅草 上野 浅草 御徒町 鶯谷 赤羽・十条・王子 赤羽 王子 十条 中野・高円寺・阿佐ケ谷 高円寺 中野 阿佐ケ谷 浅草橋・蔵前 浅草橋 蔵前 恵比寿・中目黒 恵比寿 中目黒 立石・堀切 立石 板橋 大山 品川・大崎・大井町 大崎 大井町 品川 蒲田・大森 蒲田 大森 神楽坂・本郷・飯田橋 飯田橋 神楽坂 四ツ谷・市ケ谷 四ツ谷 千駄ケ谷 柴又・金町・亀有 金町 亀有 柴又 荻窪・西荻窪 荻窪 西荻窪 吉祥寺 三鷹・武蔵境・小金井 三鷹 武蔵境 小金井 武蔵小山・戸越 武蔵小山 戸越 目黒・五反田・白金 五反田 目黒 深川・門前仲町・清澄白河・森下・豊洲・木場 森下 清澄白河 門前仲町 谷根千 根津 湯島 千駄木 谷中 向島・曳舟・押上 向島 曳舟 東向島 麻布十番・麻布・六本木 六本木 麻布十番 渋谷 新宿・大久保 新宿 代々木 大久保 青山・原宿・表参道 原宿 表参道 青山 池袋・早稲田・高田馬場・目白 早稲田 池袋 高田馬場 目白 巣鴨・大塚・駒込 護国寺 巣鴨 大塚 駒込 日暮里・三河島・町屋 日暮里 北千住・南千住・綾瀬 南千住 北千住 小岩・新小岩 錦糸町・亀戸・大島・両国 大島 両国 錦糸町 亀戸 赤坂・霞ケ関・永田町 赤坂 浜松町・芝浦・三田 浜松町 三軒茶屋・世田谷線 世田谷線 三軒茶屋 小田急線・京王線 豪徳寺 明大前・下高井戸・千歳烏山 下北沢・駒場東大前 下北沢 二子玉川・駒沢大学 江古田・練馬・石神井公園 練馬 石神井公園 西武新宿線 東村山 自由が丘・学芸大学 自由が丘 馬込・池上 永福町・浜田山・三鷹台 築地・月島・佃島・八丁堀・新川 立川・国立・国分寺 国分寺 国立 立川 調布・府中・深大寺 深大寺 調布 府中 八王子・高尾 八王子 町田 奥多摩・青梅・五日市線 奥多摩 青梅 神奈川県 小田原周辺 足柄上郡 横浜・みなとみらい 横浜 川崎・鶴見・武蔵小杉・日吉 武蔵小杉 鎌倉・江ノ電・湘南 江の島 茅ケ崎 藤沢 鎌倉 横須賀・三浦・葉山 横須賀 三浦 箱根・湯河原 箱根 相模原・海老名・厚木 相模大野 埼玉県 大宮・浦和 浦和 大宮 所沢・狭山・入間・飯能 飯能 所沢 入間 狭山 川越・朝霞・ふじみ野・志木 川越 秩父・長瀞・三峰口 秩父 上尾・久喜・熊谷 千葉県 野田 千葉・船橋・津田沼 千葉 船橋 津田沼 習志野 市川・本八幡 本八幡 柏・松戸・流山 流山 我孫子 松戸 成田・佐倉・佐原・富里 群馬県 山梨県 茨城県 取手 静岡県 熱海 伊豆 栃木県 北海道 山形県 愛知県 その他 スイス 全国 台湾 台北
散歩 街歩き 散歩コース 喫茶・カフェ カフェ 喫茶店 コーヒー ラーメン・つけ麺 ラーメン グルメ モーニング ランチ カレー テイクアウト 野菜料理 海鮮 ご当地グルメ 居酒屋・バー 居酒屋 バー 日本酒 焼酎 立ち飲み せんべろ ビール ワイン 地酒 ウイスキー ホッピー サワー カクテル 和食・郷土料理 定食 寿司 とんかつ 和食 焼き鳥 天ぷら おでん もつ焼き うなぎ 食堂 洋食・西洋料理 パスタ 洋食 オムライス ハンバーグ イタリアン ピザ フレンチ スペイン料理 パエリヤ レストラン ナポリタン アジア・エスニック 中華 町中華 台湾料理 タイ料理 焼肉 餃子 そば・うどん そば うどん パン サンドイッチ トースト スイーツ・甘味 スイーツ ケーキ パフェ パンケーキ プリン ホットケーキ フルーツサンド 甘味 和菓子 あんこ かき氷 お茶 台湾茶 ショップ スーパー お土産・手土産 本屋 雑貨 施設 温泉・銭湯 スーパー銭湯 銭湯 温泉 神社・寺 神社 博物館・美術館 史跡 城・城跡 宿 ホテル 旅館 アウトドア・スポーツ 公園 自転車 チェアリング 音楽 ジャズ ビートルズ トリプルファイヤー その他 エッセイ 豆知識・ライフハック 祭り・イベント 写真 写真の撮り方 映画 男はつらいよ 鉄道 老舗 動物 落語 バリアフリー ドラマ 旅行 絶景
1〜24件(全27件)
noimage
もつ焼き 煮込み 楓(モツヤキ ニコミ カエデ)
錦糸町北口から徒歩2分、錦糸公園の一歩手前の路地を歩くと『もつ焼き 煮込み 楓』の本店が見えてくる。同じ通りの『楓 HANARE』や、同駅南口の『楓 南口店』も系列店。営業時間や席など特徴が異なるため、好みや目的に合った店を選ぶのもおすすめだ。
noimage
みつぼ池袋店(みつぼいけぶくろてん)
わずか3坪、5席の店で創業したから屋号は『みつぼ』。「つぶしたて」と呼ばれる当日〆の豚の内臓を使ったやきとんは、新鮮で、大きく、安い。名物メニューの串5本セット450円で、自慢のやきとんを堪能しよう。内臓を使った料理は刺し身、茹で、炒めなど多彩で、手作りの一品料理もバラエティに富み、酒好きを喜ばせる。
noimage
モツ酒場 kogane(もつさかば こがね)
系列店のイタリアンで腕を磨いたマネージャーの児玉順平さんが、モツ焼きなどの定番に加え、試行錯誤を重ねた創作モツ料理も生み出している。爽やかな味付けの料理も多く、ついつい燗をつける回数が増えてしまう。
noimage
スタミナ串焼き 仲垣(スタミナくしやき なかがき)
「その日に仕入れた新鮮なモツを味わってもらいたい」と、毎日市場で仕入れた朝締め豚の内臓肉をもつ焼きで味わえるお店。味わってみると、新鮮なもつ焼きはどれもふわっと柔らかい食感で、全く臭みは感じない。
noimage
もつ焼き やまぴー
店主は北千住の名店『加賀屋』で修業。カシラとハラミを串打ちしたスタミナはステーキのような圧倒的肉感。ホルモン(シロ)は激辛で、これ一本で生中一杯いけそう。
noimage
闇市
老舗の豚肉専門業者から仕入れるもつは、どれも新鮮。バラなら香ばしく焼けた味噌と脂の甘みが好相性、照りのあるたれをまとうシロは特殊な方法で下ゆでしており、外カリ・中トロだ。
noimage
大衆酒場 栄
開店当初はモツ焼きが看板だったが、常連客の要望でメニューが増加。店主の故郷の宮崎産を筆頭に、産地が際立つ素材を大切にしているほか、お義母さん手製の味噌や梅酒も大活躍だ。
noimage
江戸っ子
16時には店前に列ができ、開店後すぐ1階は満席に。そこから1500本のもつ焼きを提供し、8時半には閉店。怒涛の勢いで酒飲みが通過する亀有の関所だ。
noimage
三徳
1981年に開店。看板は品川の食肉市場に毎日足を運び仕入れるモツ料理で、炙りレバは濃厚ねっとり、もつ焼きのカシラはジューシーだ。新鮮なモツの旨味と官能的な食感が次々お酒を誘引する。
noimage
ホルモンリキ
食肉卸業者の直営で、新鮮なホルモンが自慢の焼き肉店。イタリアン出身のご主人・石出博さんならではのアレンジメニューがあるのも特徴だ。
noimage
ブウちゃん
1本100円の安くておいしいもつ焼きが食べられる。1本1本おいしいが、珍しいのがノド仏部分の希少部位・大ガリ。1日20本ほどしか出せないそうなので「もしあれば……」程度の心づもりで!
noimage
㐂よし本店(きよしほんてん)
1969年創業、「みそ焼き」のルーツといわれる名店。のんべえの間では知られた人気店で、某幕内力士をはじめ、角界での人気も高いという。
noimage
豚星
市場から直接仕入れた新鮮な豚肉を用いたもつ焼きを、リーズナブルな価格で味わえる名店。ここを訪れたらぜひとも頼みたいのが、大葉を水草に、唐辛子を金魚に見立てた金魚サワーだ。
noimage
やきとん ひょっとこ
店主の畠山保司さんを中心に家族で切り盛り。「もつの鮮度がいいのは当たり前。筋や血管を丁寧に掃除するのが大事だよ」と昼過ぎからせっせと各部位を仕込む保司さん。確かにチレは臭みがなくもっちり、カシラは肉感たっぷりで、繁盛店なのも頷(うなず)ける。
noimage
炭火焼串処 鳥芳(すみびやきくしどころ とりよし)
西国分寺の名物もつ焼き店。選りすぐりの食材を使う串焼きは、タンやつくねなどの定番から、オリジナルまで20種類以上を用意。串焼き165円〜、もつ煮517円。
noimage
ささよし
名物串煮込みは、信州味噌と水とモツしか使っていないのに、スープに深みが。「新鮮なシロモツを 弱火で1日煮込むから、この味が出るんです」と店主の渡邊崇(たかし)さん。注文後に煮込むキャベツはスープの旨味をしっかり吸い、鍋にチャポンと浸してから焼く豚カルビやトマト巻きは味噌スープ効果でほんのりまろやかに。この味噌風味が、キンミヤを赤ワインで割った濃い葡萄(ぶどう)割りを加速させるのだ。
noimage
やまと屋
大衆酒場好きの心をつかむ大衆酒場。広い間口、長さ二間ののれんの奥から、中の活気が外まで伝わる。酒は三冷ホッピー440円に下町ハイボールやホイス各418円まである。ニンニク醤油が癖になるハラミや豚モツ焼きなどとの相性は絶妙だ。
noimage
鳥勝
店主・田中勝さんとイチさんのおしどり夫婦のお店。赤ワインをかけたレバーブロック280円や、中毒性のあるガツ刺260円などを、ご夫婦でテキパキと調理する姿が清々しい。
noimage
池上線ガード下物語
このお店の名物は昔も今も変わらず、幻のホルモンだ。つやつやの白い脂とピンクの腸壁を焼いて頬張れば、プリプリ食感の後に脂がジュワッとあふれ出す。これぞホルモンの王道だ。
noimage
もつ焼大衆酒場つみき 神田駅前店(もつやきたいしゅうさかばつみき かんだえきまえてん)
北千住に本店があるもつ焼きが名物の神田駅前店。1階が立ち飲みで、2階がテーブル席。名物のもつ焼きは、弾力がある「しろ」や歯ごたえがたまらない「たん」など、1本111円(税抜)。だし入りの玉子を熱した鉄板で提供するだし焼玉子389円(税抜)。アルコールは生ビールやホッピーセット398円(税抜き)のほか、各種そろっている。
noimage
やきとん なつ屋
焼き場に立つのは女性店主の林田夏美さん。レバは絶妙火入れでトゥルトゥル、カシラはレアステーキのような肉感で抜群にうまい。主婦友達が手掛けた内装など多くの人の支えを得て、今や『なつ屋』は繁盛店に。
noimage
松屋
ランチは定食、夜はもつ焼きが自慢。新鮮な鶏肉で仕込んだチキンカレーが人気で、おつまみ用にルーのみもある。家族4代、60年余続く地元の名店。2016年に現在の場所に移転し、元気な女性陣が切り盛り。
noimage
たつや駅前店
元ボウリング場支配人という異色の店主の切り盛りする焼き鳥店。朝からの営業はボウリング場時代からだとか。焼き鳥のほかに新鮮な豚もつなどが楽しめる。
noimage
もつ焼のんき 赤羽店
堀切菖蒲園の名店『もつ焼き のんき』の暖簾分け店。名物の“しろたれ、ハイボール”の旨さはそのままに、赤羽の飲んべえ仕様へと独自に進化。煮込み、モツの刺身も絶品!
PAGE TOP トップへ PAGE TOP 目次へ