1. HOME
  2. 連載一覧
  3. 4コマことば図鑑
4コマことば図鑑
散歩には、出会いがたくさんある。人やお店、物、風景、音……それは、さまざまな“ことば”に出会っているともいえる。しかし、何気なく使っていることばが持つ本来の意味を知らないことは、案外多い。散歩にまつわる日本語を図解で詳しく、わかりやすくひもとく連載。

最新記事

「切ない」ってどんな気持ち? 日本語の中でも珍しい「昇格組」の形容詞だった!
肌寒い晩秋の夕暮れ、落ち葉が敷き詰められた街角で、ふと初恋の人を想い「切ない」気持ちになる……。皆さんは、そんな胸が締め付けられるような散歩を、経験したことはないだろうか?  毎年のように経験している筆者が、説明の難しい「切ない」という言葉について、小野先生に聞いた。

この連載の記事一覧

「散歩」の意味、知っていますか? 室町時代、散歩はトレンディなことばであり行為だった!?
散歩には、出会いがたくさんある。人やお店、物、風景、音……それは、さまざまな“ことば”に出会っているともいえる。しかし、何気なく使っていることばが持つ本来の意味を知らないことは、案外多い。ことばの由来や歴史を知ると、毎日がいっそう味わい深くなる。本記事「4コマことば図鑑」シリーズは、散歩にまつわる日本語を図解で詳しく、わかりやすくひもとく新連載。国語学者で「三省堂現代新国語辞典 第六版」の編集主幹でもある小野正弘先生に、ことばの歴史と本来の意味を伺っていく。第1回は「さんたつ」のメインテーマ「散歩」のそもそもを掘り下げてみよう。
「十五夜」っていつ? 実は毎月あった? なかでも“中秋の名月”が重視される理由とは
この季節、ふだんは目立つ存在ではない「月」が主役に躍り出る。街でお月見関連グルメを味わったり、「満月はまだかな」と、夜空を見上げて散歩を楽しむ人も多いのではないだろうか。なかでも、もっとも注目を集めるのが「十五夜」だ。日本人は古くから、ひときわ美しく輝く秋の月に、さまざまな想いを託してきた。国語学者の小野先生が教えてくれた「十五夜」の物語は、お月見散歩を風情豊かにしてくれる。
「達人」と「名人」の違いとは? “散歩の達人”という言い方、実はミスマッチ!?
散歩にまつわる日本語を、図解で読み解く「ことば図鑑」シリーズ。前々回の「散歩」に続き、辞書編集に携わる小野正弘先生に「達人」の意味を深堀りしてもらった。雑誌『散歩の達人』のネーミングを、国語学者はどうとらえるのか!?
「ぶらぶら」「ふらふら」なにが違う? ポイントは濁点? 実は奥が深い擬態語(オノマトペ)
「銀ぶら」ということばをご存知だろうか? 銀座のモダンな街角を散歩することを指す大正時代からの俗語だ。「ぶらぶら」と歩くのは、優雅な大人の遊びなのだ。「ぶらぶら」はオノマトペ、いわゆる擬態語/擬音語だ。オノマトペに関する著作も多い国語学者の小野正弘先生に、「ふらふら」「ぶらっと」「ぶらり」などとの違いも含め、解説していただいた。
「鬼」はもはや怖くない!? 言葉の奥深さを感じさせてくれる意味変転のストーリー
街を歩くとあちこちで目にする、アニメ『鬼滅の刃』のキャラクター。罪なき人を食らう「鬼」たちと、主人公の竈門炭治郎たちが戦うストーリーだ。思えば、地名や飲食店の店名、節分の豆まき、日常会話にも、さまざまなシーンで「鬼」は私たちの生活に浸透している。それらは、『鬼滅の刃』に登場するような恐ろしい怪物のイメージばかりではない。小野先生は「鬼」の解説を通して、言葉そのものが持つおもしろい役割を教えてくれた。
「町」と「街」の違いとは? 漢字の成り立ちにヒントあり! 森高千里の「この街」が「この町」ではないワケ
森高千里の名曲に「この街」がある。ホームタウンへの愛着を語る歌に、なぜ私たちは共感するのか? なぜ、彼女は「町」ではなく「街」と歌うのか? そんなことを考えながら、小野先生に話を聞くと、最後に思わぬ展開が!?
「道」はただの通り道ではない! 日本古来から受け継がれる特別な意味とは?
私たちが当たり前のように散歩している「道」。「茶道」や「柔道」といった言葉にも使われるように、英語で言う「road」や「street」とは異なる、特別な意味合いも感じられる。国語学者の小野先生が、言葉の成り立ちから詳しく解説してくれた。
「切ない」ってどんな気持ち? 日本語の中でも珍しい「昇格組」の形容詞だった!
肌寒い晩秋の夕暮れ、落ち葉が敷き詰められた街角で、ふと初恋の人を想い「切ない」気持ちになる……。皆さんは、そんな胸が締め付けられるような散歩を、経験したことはないだろうか?  毎年のように経験している筆者が、説明の難しい「切ない」という言葉について、小野先生に聞いた。
PAGE TOP PAGE TOP