何といっても 本の街!

街を歩いていて目につくのは、やはり古書店。古書店といってもブックオフのような単なる古本ではなく、店ごとに専門分野を持っているのが神保町の特徴だ。  

文学なら『三茶書房』『田村書店』『八木書店』『小宮山書店』、歴史なら『南海堂書店』、地図なら『大屋書房』『秦川堂』、美術なら『ボヘミアンズ・ギルド』『源喜堂書店』、映画や演劇は『矢口書店』『@ワンダー&ブックカフェ二十世紀』、建築なら『南洋堂書店』、サブカルや雑誌なら『マグニフ』『ブンケンロックサイド』『夢野書店』『荒魂書店』など、それぞれの店の強みが決まっている。  

とは言え、お目当ての本が決まっている場合、この街は意外に探しにくい。その場合はネットで探すほうが断然楽だろう。この古書店街の楽しみ方はたとえばこうだ。自分の行きつけを決めておいて、それをザーッと見て歩く。そこでお眼鏡にかなう本が見つかればラッキー、見つからなければそれまでのこと。そんな風に「、本との一期一会の出会いを楽しむ街、つまり本の散歩が楽しい街なのである。  

もちろん新刊書店も充実している。ビルの6フロア全部が書店のフラッグシップ『三省堂書店』、文学、人文科学、カルチャーに強く、軍艦と呼ばれる平積の台の存在感がある『東京堂書店』、マンガや鉄道などサブカルに強くアイドルイベントも多い『書泉グランデ』と、この3店が隣り合うように立っているのだ。 

小学館、集英社をはじめ大小さまざまな出版社も多く集まり、毎年10月の終わりに行われる神田古本市も大盛況。とにかく世界に誇る「本の街」なのである。

神保町が本屋街となったのには、街の歴史に秘密があるという。江戸時代、周辺には武家屋敷が非常に多かった。それが明治に入って各地に移り、屋敷は空き家に。そこへ多くの学校が建てられた。次々と学校が建てられたことで、自然と書物の需要も増えていったという。ずらりと並ぶ書店は、それぞれに得意分野があるので、競合もしない。むしろ、ここへ来ればきっと見つかる! そんな宝探しのようなワクワク感を味わえる、貴重な本屋街に感謝。

カレーと喫茶店が充実

さぼうる』『ミロンガ・ヌオーバ』『神田伯剌西爾(かんだぶらじる)』あたりは神保町はおろか東京を代表する純喫茶に数えられる名店。いずれも読書にぴったりの落ち着きを持っているが、それ以外にもジャズが流れる『きっさこ』、岩波書店の本を読めて買えるカフェ『神保町ブックセンター』、東京堂書店に併設された『Paper Back Cafe』などの新顔も続々。どこを覗いても、買ったばかりの本をうれしそうに眺めている姿に出会える。  

また、神保町はカレーの聖地としても知られている。  

共栄堂』『ボンディ』『エチオピア』といった老舗を筆頭に、400軒以上ものカレー屋が集まっているのだが、その理由として「古書店で買った本を読みながら食べられるから」だという説がある。一理あるが、それにしてはうまい店が多過ぎる気もするだが……。 

書店や出版社、大学などが集う、知の密集地帯、神保町。パリのカフェ文化にも負けず劣らず、人々のコミュニケーションの場として、このエリアの喫茶店は昔からさまざまな役割を担ってきた。人と人をつなぐ場であったり、思考を手繰る場であったり……。老舗の喫茶が、今なお人々の間で愛され続けているのも、神保町ならでは。一杯のコーヒーからはじまる、文化を生み出す磁場のパワーを、感じることができるはずだ。
古書店街、学生街、喫茶店の聖地、スポーツ用品の街……などと、多くの顔をもつ神田神保町。昔からカレーの名店も多く、今や気づけばそこここに“カレー”の文字。カレーにまつわる街の今昔物語を探る。

学生街、スポーツ街、中華街……一体いくつの顔があるのか?

登山用品やスキーを扱う店も多いのは、ここが日本一の学生街だったから。明治大学、日本大学、専修大学、共立女子大のほか、かつては一ツ橋大と中央大も神保町にあった。60~70年代の登山ブーム、80年代のスキーブームで、靖国通りはスポーツ用品店が続々。学生が列をなしてスキー板を買い求めていたという。  

また、あまり知られていないが、神保町は古くからの中華街でもある。戦前は周恩来が学生服姿で闊歩していたとも。高級店なら『新世界菜館』、町中華系なら『北京亭』と、予算や気分に合わせて選択肢が豊富だ。  

もちろんいい酒場も多い。たとえば老舗酒場の筆頭『兵六』。かつては強面のご主人だったが、三代目になっていい意味で敷居の低い店になった。 

 長い歴史を持つジャンルや老舗ばかりではない。2010年にできた『らくごカフェ』、活版印刷を体験できる雑貨店『PRIMART』と、斬新で魅力的な試みも光る。ちゃんと新陳代謝しているのである。 

大小さまざまな出版社が集い、多くの古書店が軒を連ねる日本屈指の本の街・神保町。あまり知られていないものの、居酒屋の多い街でもある。神保町によく行く人でも、昼に古書巡りをしたことはあっても夜の居酒屋巡り未体験という人も多いはず。たまには昼ではなく夜の神保町を訪れてみて、ちょいと一杯ひっかける。あるいは、腰を据えてじっくりと。気のきいた肴とともに気分よく杯を傾けてみれば、街の違った表情が見えてくるはず。
古本屋が立ち並ぶ古書の街であり、大学が界隈に数多くある学生街ということもあって、常に活気に満ちあふれている街、神保町。ここには、昔ながらの安くて旨い店がひしめいている。ふらりと一人で立ち寄れるカレー屋をはじめ、本格的な中華料理をリーズナブルにいただける店など、バラエティ豊富なのもありがたい限り。今日はどの店にしようか、よりどりみどり。ランチを選ぶ楽しさを味わおうじゃないか。

全ての通りに裏道あり。これぞ散歩天国

ここまで、店の話ばかり書いたが、神保町散歩最大の楽しさは魅力的な路地が多いことかもしれない。 

 神保町交差点から延びる4本の街道筋、その全てに裏通りがあり、散歩心をくすぐられるのだ。特に美しいのは『三省堂』裏の『ラドリオ』のある路地。散歩の達人2015年10月号の表紙にもなった場所だ。その他、昼でも暗いカレー屋『まんてん』のある路地、かつて名物三兄弟がいた『キッチングラン』の路地、神保町ビル別館のある路地を合わせて、神保町路地裏四天王と呼びたい。 

 東京広しといえど、こんな街なかなかないのである。 

神保町によく見かけるのはこんな人

神保町でよく見かけるのは大きな四角いリュックを戦利品でパンパンに膨らませ、さらに両手に本で一杯の紙袋を下げた重装型のおじさん。雑多に置かれている古本を前にすれば、片目をつぶって狙うべきターゲットに照準を合わせるスナイパースタイルの本選びが得意技だ。 

男性に比べるとかなり少ない印象だが、女性もいる。こちらは一見してタダモノじゃないと感じられるほどの重量級の文学オーラを纏いながらじっくりと品定め。同じ姿勢でじっと動かないこと多し。 

そうかと思えば、ちょっと堅気には見えないスタイルで本を一冊だけ小脇に抱え、喫茶店で読書に耽る超軽装型のじゃれたダンディーおじさんも散見できる。 

一口では語れないが、彼らをつなぐのはやはり読書という文化なのである 

取材・文=星野洋一郎・中村こより 文責=散歩の達人/さんたつ編集部 イラスト=さとうみゆき