なんといっても 本の街!

街を歩いていて目につくのは、やはり古書店。古書店といってもブックオフのような単なる古本ではなく、店ごとに専門分野を持っているのが神保町の特徴だ。  

文学なら『三茶書房』『田村書店』『八木書店』『小宮山書店』などの老舗、歴史なら『南海堂書店』、地図なら『永森書店』や『秦川堂』、江戸ものなら『大屋書房』、美術なら『ボヘミアンズ・ギルド』『源喜堂書店』、映画や演劇は『矢口書店』『@ワンダー&ブックカフェ二十世紀』、歌舞伎や落語なら『手塚書房』、建築なら『南洋堂書店』、理系なら『明倫館書店』、生き物なら鳥海書房鳥海書房 姉妹店』、中国ものなら『東方書店』、サブカルや雑誌なら『マグニフ』『ブンケンロックサイド』『夢野書店』『荒魂書店』などなど、それぞれの店の強みが決まっている。  

『三茶書房』の店内。
『三茶書房』の店内。

とは言え、お目当ての本が決まっている場合、この街は意外に探しにくい。その場合はネットで探すほうが断然楽だろう。この古書店街の楽しみ方はたとえばこうだ。自分の行きつけを決めておいて、それをザーッと見て歩く。そこでお眼鏡にかなう本が見つかればラッキー、見つからなければそれまでのこと。そんな風に、本との一期一会の出会いを楽しむ街、つまり本の散歩が楽しい街なのである。  

もちろん新刊書店も充実している。ビルの6フロア全部が書店のフラッグシップ『三省堂書店』(建て替え工事のため小川町仮店舗に移転中)、文学、人文科学、カルチャーに強く、軍艦と呼ばれる平積の台の存在感がある『東京堂書店』、マンガや鉄道などサブカルに強くアイドルイベントも多い『書泉グランデ』と、この3店が隣り合うように立っているのだ。 

定期的に展示やイベントを開く『無用之用』や、韓国の今がわかる『CHEKCCORI』は注目のニューウェーブ。

小学館、集英社をはじめ大小さまざまな出版社も多く集まり、毎年10月の終わりに行われる神田古本市も大盛況。とにかく世界に誇る「本の街」なのである。

『東京堂書店』の店内。
『東京堂書店』の店内。
神保町が本屋街となったのには、街の歴史に秘密があるという。江戸時代、周辺には武家屋敷が非常に多かった。それが明治に入って各地に移り、屋敷は空き家に。そこへ多くの学校が建てられた。次々と学校が建てられたことで、自然と書物の需要も増えていったという。ずらりと並ぶ書店は、それぞれに得意分野があるので、競合もしない。むしろ、ここへ来ればきっと見つかる! そんな宝探しのようなワクワク感を味わえる、貴重な本屋街に感謝。

東京名物 神田古本祭りへ行こう

そして今や東京名物であり風物詩でもあるのが、毎年10月の終わりに催される『神田古本まつり』。

多数の関連イベントが同時開催されるので、慣れない人はわかりにくいが、メインイベントは靖国通り沿いで約1週間開かれる「青空掘り出し市」。東京近郊の古書店100店集まりブースを出す。

関連イベントも熱い。「神保町ブックフェスティバル」はすずらん通り沿いで2日間開催される本のお祭り。大小出版社が軒を並べるワゴンセールは時間を忘れるほど楽しい。

その他「神田スポーツ祭り」、「神田カレーグランプリ 2023」などの関連イベントが目白押し。

もう本当に街ごと踊りだしそうなお祭りなのである。

 

カレーと喫茶店が充実

『神田伯剌西爾』の店内。
『神田伯剌西爾』の店内。

本と相性がいいのだろう。喫茶店も多い。『さぼうる神田伯剌西爾(かんだぶらじる)『ラドリオ』ミロンガ・ヌオーバ』(2023年に新規オープン)あたりは神保町はおろか東京を代表する純喫茶。いずれも読書にぴったりの落ち着きを持っているが、それ以外にもジャズが流れる『きっさこ』『ジャズオリンパス!』、岩波書店の本を読めて買えるカフェ『神保町ブックセンター』、アートブックが充実の贅沢空間『エスパス・ビブリオ』、どこを覗いても、買ったばかりの本をうれしそうに眺めている姿に出会える。  

『ラドリオ』はウインナーコーヒー発祥の店といわれる。
『ラドリオ』はウインナーコーヒー発祥の店といわれる。

また、神保町はカレーの聖地としても知られている。  

共栄堂』『ボンディ』『エチオピアといった老舗を筆頭に、400軒以上もの店がカレーを扱っているといわれるが、その理由として「古書店で買った本を読みながら食べられるから」だという説がある。一理あるが、それにしてはうまい店が多過ぎる気もする。最近人気のシャバシャバ系南インドカレーの名店『三燈舎』は行列店だ。

 

押しも押されぬ有名店『ボンディ』。
押しも押されぬ有名店『ボンディ』。
書店や出版社、大学などが集う、知の密集地帯、神保町。パリのカフェ文化にも負けず劣らず、人々のコミュニケーションの場として、このエリアの喫茶店は昔からさまざまな役割を担ってきた。人と人をつなぐ場であったり、思考を手繰る場であったり……。老舗の喫茶が、今なお人々の間で愛され続けているのも、神保町ならでは。一杯のコーヒーからはじまる、文化を生み出す磁場のパワーを、感じることができるはずだ。
古書店街、学生街、喫茶店の聖地、スポーツ用品の街……などと、多くの顔をもつ神田神保町。昔からカレーの名店も多く、今や気づけばそこここに“カレー”の文字。カレーにまつわる街の今昔物語を探る。

学生街、スポーツ街、中華街、うどん……一体いくつの顔があるのか?

登山用品やスキーを扱う店も多いのは、ここが日本一の学生街だったから。明治大学、日本大学、専修大学、共立女子大のほか、かつては一ツ橋大と中央大も神保町にあった。60~70年代の登山ブーム、80年代のスキーブームで、靖国通りはスポーツ用品店が続々。学生が列をなしてスキー板を買い求めていたという。  

JR御茶ノ水駅付近の明大通りには楽器店も目立つ。1910~1920年代に日本初のオーケストラが誕生し国内の音楽活動が盛んになったころ、このエリアに音楽学校があり、「下倉楽器」や「石橋楽器」など楽器店が徐々に増えていったといわれている。

御茶ノ水は、繊細な楽器が揃うプロ御用達の店揃い。ギターやベースが目につくが、進化した楽器や知られざる民族楽器、扱いやすい楽器も多々ある。気になるものに出合ったら、遠慮せずに店員さんに声をかけよう。初心者向け教室を開く店も多く、音楽ライフのサポートも万全だ。

また、あまり知られていないが、神保町は古くからの中華街でもある。戦前は周恩来が学生服姿で闊歩していたとも。高級店なら『新世界菜館』『SANKOUEN』、町中華系なら『北京亭』『中華 成光』、予算や気分に合わせて選択肢が豊富だ。  

もちろんいい酒場も多い。たとえば老舗酒場の筆頭『兵六』。かつては強面のご主人だったが、三代目になっていい意味で敷居の低い店になった。 

さらに、このエリアは 「ラーメンの街」 でもある。『伊峡』『たいよう軒』など多くの老舗のほか、高級食材を使う『つけめん神田 勝本』『海老丸らーめん』は最近の行列店。京都の『本家 第一旭 』、新潟の『可以(かい)』など地方のソウルフード系も増加中。

うどんの人気店も多い。『うどん丸香』は確かにばか旨いが、あまりの行列にうんざりしたら、ほど近い『直白(ひたしろ)』や『ささ吟』もおすすめだ。

神保町の名酒場といえば『兵六』。
神保町の名酒場といえば『兵六』。
古本屋が立ち並ぶ古書の街であり、大学が界隈に数多くある学生街ということもあって、常に活気に満ちあふれている街、神保町。ここには、昔ながらの安くて旨い店がひしめいている。ふらりと一人で立ち寄れるカレー屋をはじめ、本格的な中華料理をリーズナブルにいただける店など、バラエティ豊富なのもありがたい限り。今日はどの店にしようか、よりどりみどり。ランチを選ぶ楽しさを味わおうじゃないか。
神保町といえば世界有数の古書店の街カレーの街としても知られているが、実はラーメン店の激戦区でもある。この地域はサラリーマンや学生が多いことから、「安くて旨い」がデフォルトとも言える神保町ラーメン。昔からある店も、新たに参戦する店も、圧倒的にクオリティが高いのだ。その中でもこの店は凄いぞ!
今も昔も学生とビジネスマンが多いこのエリアは 「ラーメンの街」 でもある。歴史的名店から時代の最先端を行く店までなんでも揃うが、流行り廃りが激しいラーメン界で、ぶれずに進化を続ける2つの名店を訪れた。
東京のまん真ん中エリア、神田・神保町。いい酒場が多いのは当たり前。その中でもカウンターの経年変化が美しい老舗中の老舗や、今後多くの酔客が楽しい夜を過ごすだろう新名店を、新旧織り交ぜ飲み歩いた。東京が誇る、美しきほろ酔い空間をご覧あれ。

全ての通りに裏道あり。これぞ散歩天国

ここまで、店の話ばかり書いたが、神保町散歩最大の楽しさは魅力的な路地が多いことかもしれない。 

 神保町交差点から延びる4本の街道筋、その全てに裏通りがあり、散歩心をくすぐられるのだ。特に美しいのは『三省堂』裏の『ラドリオ』や『兵六』のある路地。散歩の達人でも、2015年10月号、2021年11月号と2度も表紙にもなった場所だ。その他、昼でも暗いカレー屋『まんてん』のある路地、かつて名物三兄弟がいた『キッチングラン』の路地、外壁いっぱいに本を並べる『矢口書店』のある路地と合わせて、路地四天王と呼びたい。

 東京広しといえど、こんな街なかなかないのである。 

東京のまん真ん中の神保町、本も映画も落語もあふれる、完全無欠な環境で生まれ育った三宅さん。久々に訪れた故郷で、懐かしスポ ットも巡りつつ、ジモトーク全開!

神保町によく見かけるのはこんな人

神保町でよく見かけるのは大きな四角いリュックを戦利品でパンパンに膨らませ、さらに両手に本で一杯の紙袋を下げた重装型のおじさん。雑多に置かれている古本を前にすれば、片目をつぶって狙うべきターゲットに照準を合わせるスナイパースタイルの本選びが得意技だ。 

男性に比べるとかなり少ない印象だが、女性もいる。こちらは一見してタダモノじゃないと感じられるほどの重量級の文学オーラを纏いながらじっくりと品定め。同じ姿勢でじっと動かないこと多し。 

そうかと思えば、ちょっと堅気には見えないスタイルで本を一冊だけ小脇に抱え、喫茶店で読書に耽る超軽装型のじゃれたダンディーおじさんも散見できる。 

一口では語れない強者(つわもの)どもだが、彼らをつなぐのはやはり読書という文化なのである 

取材・文=星野洋一郎・中村こより・武田憲人 文責=散歩の達人/さんたつ編集部 イラスト=さとうみゆき

【浅草って、どんな街?】都内屈指の観光地&商店街密集地帯は伝統と最新文化の美食のクロスロード。きょろきょろしながら歩くのがおすすめカオスな街
浅草
【王子って、どんな街?】王子駅前のサンスクエアが売却の危機⁉ 渋沢栄一が愛した飛鳥山をはじめ、都電やラーメンが名物。夜は狐の行列が練り歩く城北の楽園
王子
【町田って、どんな街?】神奈川県じゃないよ! 繁華街の楽しさと郊外の美しさを兼ね備えた多面的な街
町田
【赤羽って、どんな街?】老いも若きも、古きも新しきも、ダメ人間も働き者も同居する、東京最北端の繁華街
赤羽
【戸越って、どんな街?】戸越銀座は関東で一番長い商店街。庶民的なコロッケやおかずの食べ歩きが楽しいが、シチュー、焼き芋、温泉と新名物も続々!
戸越
【阿佐ケ谷って、どんな街?】いわば中央線の隠れ里。中杉通りのケヤキ並木と「ゆるさ」が魅力的で、住みやすさはピカイチ!
阿佐ケ谷