赤羽スペインバルCirco

家族連れがリラックスできるランチタイムを

お店自慢のパエリアランチセット1580円。メインのパエリアだけでなく、ドリンクに日替わりの料理2品とコーンをベースにした特性ドレッシングがおいしいサラダも付いてくる。
お店自慢のパエリアランチセット1580円。メインのパエリアだけでなく、ドリンクに日替わりの料理2品とコーンをベースにした特性ドレッシングがおいしいサラダも付いてくる。

「子供連れのファミリーが気軽に集まれて、食事ができる店にしたかった」というオーナーの溝口さんの思いが詰まった『赤羽スペインバルCirco』。本格的なスペイン料理が楽しめるということで人気になり、ランチタイムにはパエリアランチセットを食べるお客さんで溢れかえる。

パエリアは1人前ずつ丁寧に焼き上げ、鍋にはカリカリのお焦げを存分に楽しめる。シーフードの味わい豊かなパエリアだけでなく、ジャンボマッシュルームのステーキにスペインオムレツ、そして優しい味わいのコーンのドレッシングが嬉しいサラダとどれを食べても絶品。ゆったりとしたランチタイムを過ごすのにはピッタリだ。

店名にちなみ、壁にはサーカスの花形でもあるピエロやライオンを模したイラストが。来店する子供たちからも大好評だとか。
店名にちなみ、壁にはサーカスの花形でもあるピエロやライオンを模したイラストが。来店する子供たちからも大好評だとか。

『赤羽スペインバルCirco』店舗詳細

赤羽スペインバルCirco
住所:東京都北区赤羽1-29-6山田ビル101/営業時間:11:30~14:30・17:00~24:00(日は~23:00)/定休日:不定/アクセス:JR赤羽駅から徒歩5分

CARIB

夫婦二人三脚で生み出す極上フレンチ&まったり空間

ランチで人気のブラックアンガス牛ハラミのステーキのセット1980円。上質なお肉の味わいはもちろん、旬の春野菜のソテーもまた絶品。撮影用に用意してもらったグラスワインとの相性も抜群だ。
ランチで人気のブラックアンガス牛ハラミのステーキのセット1980円。上質なお肉の味わいはもちろん、旬の春野菜のソテーもまた絶品。撮影用に用意してもらったグラスワインとの相性も抜群だ。

オーナーシェフの旦那さんとホールを切り盛りする奥様の二人三脚で営業している『CARIB(カリブ)』。2012年のオープンから9年が経過し、常連客を中心に毎日のようにお客さんがお店のあったかい空気に誘われてやってくる。

人気のランチメニューはブラックアンガス牛のハラミステーキセットをはじめすべてが日替わり。「旬の食材を一番いい時期に食べて欲しい」との思いに加え「野菜をたっぷりと食べて欲しい」という入佐夫妻の願いが込められた渾身のメニューだからこそ、いつ来ても絶品のメニューが楽しめる。

オーナーシェフの奥様・入佐佐千代さん。旦那さんでオーナーシェフの勉さんとの楽しい掛け合いもまたこのお店の魅力。
オーナーシェフの奥様・入佐佐千代さん。旦那さんでオーナーシェフの勉さんとの楽しい掛け合いもまたこのお店の魅力。

『CARIB』店舗詳細

CARIB(カリブ)
住所:東京都北区赤羽1-65-5 1F/営業時間:11:30~14:00・17:00~22:00(金・土は~23:00)/定休日:日(不定あり)/アクセス:JR赤羽駅から徒歩5分

鯵家

店名どおり、アジずくめ!

鯵家定食840円には漬け丼にフライなどが付く。
鯵家定食840円には漬け丼にフライなどが付く。

鳥取県境港のから直送されるというアジは、青臭さ皆無。「次にブームが来るのはアジですから!」と言い切る店長の中西大祐さん。店名に冠した通り、メニューにはずらりとアジ料理がならぶ。九州の出汁醤油をベースにブレンドした特製タレが旨味を引き出すアジの漬け丼は、ぺろりと平らげてしまう一杯。アジフライやアジメンチは単品注文も可能だ。

麦わら帽がトレードマーク。
麦わら帽がトレードマーク。
アジメンチ1個200円は生ビール400円と抜群コンビ。生ビールセット500円がお得。
アジメンチ1個200円は生ビール400円と抜群コンビ。生ビールセット500円がお得。

『鯵家』店舗詳細

鯵家(あじや)
住所:東京都北区赤羽2-12-3/営業時間:8:00~22:00(土・日・祝は9:00~)/定休日:無/アクセス:JR赤羽駅から徒歩4分

タイ料理 Red Orchid

ハーブとスパイス癒やしのサワディーカー

グリーンカレー850円。
グリーンカレー850円。

「パクチーは根っこが大事よ」と、常連客からビーちゃんと呼ばれる寺山シリワンさんが微笑む。白い根はスープストックに用い、特有の香りを生むのだが、とにかく料理の要となる野菜とハーブが新鮮で、タイのナスやガパオも味の濃さに驚く。「実は、タイ人の農家さんが売りに来るんです」。これが、ひと味違うゆえんだろう。バンコクの料理学校で学んだ本場直球の味だが、「パクチーと辛いの大丈夫ですか」と聞き、好みに仕上げてくれる。

新鮮な野菜とハーブ。
新鮮な野菜とハーブ。
店主のシリワンさん。ガイ・トーッド・ナンプラー500円やパパイヤサラダ850円。メニュー多数。
店主のシリワンさん。ガイ・トーッド・ナンプラー500円やパパイヤサラダ850円。メニュー多数。

『タイ料理 Red Orchid』店舗詳細

タイ料理 Red Orchid(レッドオーキッド)
住所:東京都北区赤羽1-48-2 第2近藤ビル/営業時間:11:30~14:00・18:00~23:00/定休日:日/アクセス:JR赤羽駅から徒歩5分

ラーメン専門店 ゆうひ屋

ゆず香るあっさり系

中央のゆずとカイワレが視覚的にもあっさり感を引き立てる。淡麗煮干ラーメンゆず塩750円。
中央のゆずとカイワレが視覚的にもあっさり感を引き立てる。淡麗煮干ラーメンゆず塩750円。

開店10周年を記念した新メニューが評判となり、いまでは看板メニューにまで成長。ゆずの香りをより楽しんでもらえるよう、器は口が広く、背が高いものを使用している。ゆず感を最大限に味わうなら、無料トッピングの「ユズショウガ」をオーダーするのがおすすめ。さっぱりとした煮干しベースのスープと相性抜群のゆず、そしてショウガの香りが織りなすハーモニーが、飲んだあとの締めにも合いそうな。これも飲み屋が多い赤羽ならでは?

赤羽に店を構えて以来、15年以上続く。昔からの常連客のために残しているメニューもあるとか。
赤羽に店を構えて以来、15年以上続く。昔からの常連客のために残しているメニューもあるとか。

『ラーメン専門店 ゆうひ屋』店舗詳細

ラーメン専門店 ゆうひ屋
住所:東京都北区赤羽 1-16-3/営業時間:11:30~24:00(日・祝は~23:00)/定休日:無/アクセス:J R赤羽駅から徒歩1分

竹山食堂

笑顔満載のいぶし銀な味

村上さんが講師を務めた料理学校で西洋料理を覚えた2代目の竹山さん。
村上さんが講師を務めた料理学校で西洋料理を覚えた2代目の竹山さん。

壁に並ぶお品書きで、いきなり迷いの森。でもまずは、人気のハンバーグ定食に手を出すべし。2代目店主の竹山正義さんは、帝国ホテルの総料理長だった故村上信夫氏に薫陶を受けていて、「ハンバーグの焼き方がうまいって褒められてね。お世辞でもうれしくて、帝国ホテル風って黒板に書いちゃった」と、ちゃめっ気たっぷり。豚ひき肉に生のタマネギを加えたのは甘みを抑えるため。ふんわり柔らかく、目玉焼きとともに頬張れば口福実感。

ハンバーグ定食(帝国ホテル風)850円。
ハンバーグ定食(帝国ホテル風)850円。
創業70年。ひと晩寝かせて、ふんわりしっとり味が染みたさばの味噌煮定食700円も人気。
創業70年。ひと晩寝かせて、ふんわりしっとり味が染みたさばの味噌煮定食700円も人気。

『竹山食堂』店舗詳細

竹山食堂
住所:東京都北区赤羽西1-29-6/営業時間:11:00~22:30ごろ/定休日:金/アクセス:JR赤羽駅から徒歩6分

手打うどん すみた

東京讃岐の狼煙はここから上がった

ジューシーなかしわ天とちくわ天、温玉がのった親子ぶっかけ1000円。麺が美しい。
ジューシーなかしわ天とちくわ天、温玉がのった親子ぶっかけ1000円。麺が美しい。

「普通のことをやってるだけ」と店主は謙遜するが、東京での讃岐うどん人気の火付け役の一端を担った名店。粉の量に対し、水50~51%と加水率の高い生地を、何度も踏んで鍛えたうどんは、最初もちっとした食感ながら噛むと跳ね返すような弾力が官能的。いりこなどの天然出汁に、讃岐うどんには珍しくかえしを加えたやや甘めのつゆは、パワーのある麺とがっぷりよつなのだ。夜は地酒を傾けながら茹で上がりを待つのも乙。

全16席。1999年に十条で開店、10年後に志茂へ移転。
全16席。1999年に十条で開店、10年後に志茂へ移転。

『手打うどん すみた』店舗詳細

手打うどん すみた
住所:東京都北区志茂2-52-8/営業時間:11:00~13:45LO・18:00~ 20:45LO(麺切れ次第終了)/定休日:月・日/アクセス:JR赤羽駅から徒歩8分

焙煎汐蕎麦処金字塔

塩ラーメンの進化形がここにある

桜チップで燻した自家製ベーコンやおこげ、金色に輝く玉子が入る特製しおそば980円。
桜チップで燻した自家製ベーコンやおこげ、金色に輝く玉子が入る特製しおそば980円。

竹の塚の名店『らーめんしおの風』を手がけた店主が立ち上げた。塩ラーメンの進化形がコンセプトで、塩ラーメンの金字塔になるようにと、名を付けたという。国産鶏ガラやモミジ、ゲンコツなどをじっくりとオーブンで焼いた後にスープを作る「焙煎スープ」は、素材の旨味を極限まで出し、白トリュフオイルが独特の風味と香りを加えている。別で供されるコーヒーオイルを好みで加えれば、味わいが変化し、まるで違う塩そばを食べているようだ。

まるで、バーのようなしっとりとした雰囲気。
まるで、バーのようなしっとりとした雰囲気。

『焙煎汐蕎麦処金字塔』

焙煎汐蕎麦処 金字塔(ばいせんしおそばどころ きんじとう)
住所:東京都北区赤羽1-62-5/営業時間:11:00~25:00LO ※変更する場合もあり。/定休日:無/アクセス:JR赤羽駅から徒歩5分

麺処 夏海

新しい味の追求に余念なし! 進化するラーメン屋

全部のせ特製塩ラーメン1050円。縮れ麺と細麺から選べる。
全部のせ特製塩ラーメン1050円。縮れ麺と細麺から選べる。

若手のホープと言われる秋葉原『麺処 ほん田』出身の店主・吉越さんが営むラーメン店。特製塩ラーメンの澄んだスープは、魚介や生姜、柚子の香りが香ばしい。あっさりしていながら深みのある味わいで、体に染み込むような美味しさだ。また、食数限定で日替わりラーメンも販売しているほか、毎月最終木曜には月一の限定ラーメンも作っており、新メニューを心待ちにしている常連も多い。

達筆のお品書きは、大東文化大学の先生が書いてくれている。
達筆のお品書きは、大東文化大学の先生が書いてくれている。
カウンター10席。昼時には常連さんで埋まる。
カウンター10席。昼時には常連さんで埋まる。

『麺処 夏海』店舗詳細

麺や さい門

フランス料理の知識を生かした珠玉の一杯

鮮やかなオレンジ色のオマール海老味噌味玉ラーメン980円。
鮮やかなオレンジ色のオマール海老味噌味玉ラーメン980円。

人気メニューは、スープに濃厚な海老の旨みが凝縮されたオマール海老味噌ラーメン。濃厚なエビの旨みが凝縮されているが、くどさはなく、最後まで飲み干せるほどだ。その秘密はフレンチの技法。シェフのサイモンさんは故郷のオーストラリアで奥様の須永有沙さんと出会って日本へ移住、フランス料理とラーメンを学び、夫婦で店を開いたという経歴の持ち主。ジャズが流れる料亭のような落ち着いた空間で、気鋭のシェフがつくる一杯を無心で啜りたい。

現在はカウンター9席。シンプルで清潔感あふれる店内。
現在はカウンター9席。シンプルで清潔感あふれる店内。
シェフのサイモンさんと奥様の須永有紗(すながありさ)さん。
シェフのサイモンさんと奥様の須永有紗(すながありさ)さん。

『麺や さい門』店舗詳細

麺や さい門(めんや さいもん)
住所:東京都北区赤羽西1-4-15/営業時間:11:00~15:00・17:30~21:30(日は11:00~15:00)/定休日:月/アクセス:JR赤羽駅からすぐ

自家製麺ほうきぼし

何度でも食べたくなる汁なし担々麺

基本の汁なし担々麺880円。テイクアウト900円もおすすめ。
基本の汁なし担々麺880円。テイクアウト900円もおすすめ。

看板料理の汁なし担々麺は、担々麺には珍しい太麺。モチモチで手打ちのような食感がある麺に、ラー油や特製タレがよく絡む。思わず箸が止まらなくなるほどの一杯を開発したのは、10代の若さで店をオープンさせた店主の毛利友紀乃さん。中華料理店を営んでいた祖父の影響と母の後押しもあり、オリジナルの担々麺を作り上げたのだ。卓上の「かなりシビれる辛粉」を振ったり、温玉、玉ねぎ、納豆、トマトなどのトッピングを追加してみたりして、味変も楽しもう。

店主の毛利友紀乃さん。現在は横浜の関内店で腕を振るうかたわら、新店舗オープンに向けて企画プロデュース中。
店主の毛利友紀乃さん。現在は横浜の関内店で腕を振るうかたわら、新店舗オープンに向けて企画プロデュース中。
赤やピンクが基調のアジアンな雰囲気の内装。かわいい。
赤やピンクが基調のアジアンな雰囲気の内装。かわいい。

『自家製麺ほうきぼし』店舗詳細

自家製麺ほうきぼし(じかせいめんほうきぼし)
住所:東京都北区赤羽1-3-2/営業時間:11:00~15:00・18:00~21:00/定休日:月(月ごとに変動あり。要確認)/アクセス:JR赤羽駅から徒歩3分

麺 高はし

使いこまれたカウンターで、人気のつけそばを

肉入りつけそば950円。麺は210g、チャーシューは肩ロース。
肉入りつけそば950円。麺は210g、チャーシューは肩ロース。

飲み屋街の外れにできた行列、そのお目当ては『麺 高はし』のつけそば(つけ麺)だ。創業以来変わらず使用しているという浅草開化楼の麺はコシが強く歯応えもあり、210gとボリュームたっぷり。じっくり煮込んだモミジと魚介がベースのつゆにはブツ切りのチャーシューがゴロゴロと潜み、魚介のだしや脂の旨みが際立つ。麺を食べ終わったタイミングで差し出してくれるスープはつゆに入れ、スープ割りを楽しむべし。

現在(2020年7月)は、カウンター6席。ちょうどいい間隔だ。
現在(2020年7月)は、カウンター6席。ちょうどいい間隔だ。
ひっそりとした佇まい。
ひっそりとした佇まい。

『麺 高はし』店舗詳細

麺 高はし(めん たかはし)
住所:東京都北区赤羽1-38-10 内山ビル1F/営業時間:11:00~13:20・17:20~18:20(土・祝は10:30~12:30。売り切れ次第閉店)/定休日:日(土・祝不定)/アクセス:JR赤羽駅から徒歩5分

昔ながらの喫茶店 友路有 赤羽本店

「喫茶店は日本の文化」がコンセプト

パスタランチは930円でサラダ、スープ、飲み物が付く。
パスタランチは930円でサラダ、スープ、飲み物が付く。

コーヒーから定食まで多種多様なメニューがそろい、“いつもの喫茶店”として愛されている店。ブレンドコーヒーは専用に焙煎したオリジナルで、すっきりとした苦味で飲みやすい。また、自家製のピザソースを使っているという真っ赤な色のナポリタンはぜひ味わいたい一皿。サラダとスープが付くのでバランスもいい。さらに、その日によって変わる焼き魚定食も人気だ。毎日来てもらいたいという店のこだわりが感じられる。

独立した席が多くゆったりした店内。喫煙は喫煙ボックス内へ。
独立した席が多くゆったりした店内。喫煙は喫煙ボックス内へ。
本は「友路有図書館」の蔵書で貸し出しが可能。
本は「友路有図書館」の蔵書で貸し出しが可能。

『昔ながらの喫茶店 友路有 赤羽本店』店舗詳細

純喫茶 デア

長年変わらない味と雰囲気を堪能できる

ケチャップ味のオムライス。スープとドリンクが付いて910円。コーヒーか紅茶が選べる。
ケチャップ味のオムライス。スープとドリンクが付いて910円。コーヒーか紅茶が選べる。

1983年創業の純喫茶。創業当時からインテリアもほとんど変わらないという店内には、往年の映画音楽が流れ、なぜか懐かしさを感じずにはいられない。ブレンドコーヒーはかなり濃いめで、キリマンジャロ、ブラジル、モカ、ブルーマウンテン、マンダリンを配合。また、人気のオムライスはケチャップ味の他、カレーピラフの入るカレー味と、塩コショウで味付けたピラフの入るマイルド味が選べる。

落ち着いたシックな内装。
落ち着いたシックな内装。
シンプルな白い器がシックな内装に映える。ブレンドコーヒー480円。
シンプルな白い器がシックな内装に映える。ブレンドコーヒー480円。

『純喫茶 デア』店舗詳細

支那そば 大陸

毎日試食、味のチェックをかかさない支那そば

支那そばと半チャーハンのセット730円。
支那そばと半チャーハンのセット730円。

ボリュームたっぷりの麺類や定食をいただける本格町中華。店主の亀山勉さんが、国立にあった中華屋「大陸」から暖簾(のれん)分けして開店した。自慢のメニューは、店の看板にも「昔ながらの味 当店No.1」と書いてあるほどの自信作・支那そば。スープと合わせるタレは、夫婦で毎朝欠かさずに試食して味をチェックするといい、「秘密のタレなのよ」と妻の綾子さんは笑う。

流れるような動きで炒飯を作る店主の亀山勉さん。鍋を振る音がリズミカルに響く。
流れるような動きで炒飯を作る店主の亀山勉さん。鍋を振る音がリズミカルに響く。
店主の亀山勉さんと妻の綾子さん。
店主の亀山勉さんと妻の綾子さん。

『支那そば 大陸』店舗詳細

支那そば 大陸
住所:東京都北区赤羽1-49-9/営業時間:11:00〜15:00・17:00〜21:30/定休日:日/アクセス:私鉄・地下鉄赤羽岩淵駅から徒歩2分

取材・文=上原 純、佐藤さゆり・松井一恵(teamまめ)、鈴木健太、鈴木さや香、新井鏡子、ミヤウチマサコ、速志 淳(アド・グリーン)、福嶌弘 撮影=オカダタカオ、小野広幸、加藤昌人、鈴木愛子、高野尚人、山出高士、新井鏡子、ミヤウチマサコ、塙 弘明(アドグリーン)、福嶌弘