豆電COFFEE

赤羽の外れにあるアートに囲まれたカフェ

名物の豆電プリン400円。金属製の器は年代物。

レトロなマンションの一角にある隠れ家のようなカフェ。店内には、店主が創作した絵画やオブジェなどのアート作品が飾られ、まるで絵本の世界のような賑やかさ。名物の豆電プリンは、店主がコーヒーに合うスイーツを追求して作り上げた逸品。濃厚で甘さ控えめ、ほろ苦いカラメルソースとのバランスも絶妙だ。味もさることながら、山盛りのクリームと金属製の器に乗ったフォルムも美しく、SNSで多くの写真が掲載されている。

来店は朝の光が満ちる午前中がおすすめ。
カウンター席には色々なところに、かわいい動物が潜んでいる。
住所:東京都北区赤羽3-3-3 ドミール赤羽103号室/営業時間:10:00~15:00/定休日:水・土・日・祝/アクセス:地下鉄南北線赤羽岩渕駅から徒歩5分

anzu to momo

気持ちをリセットしたい時に行きたい

オレンジのチーズケーキ550円とブレンドコーヒー400円。

「ぜひ、ひとりで来てください」と店主の上條杏子さん。「ひとりでおいしいコーヒーを飲みながら、気持ちをリセットして欲しい」と客席は背中合わせに2席ずつの4席のみ。駅からすぐの場所にありながら、とても静かで、心地よい風が吹いているよう。フランスの片田舎のような内装も素敵で、遠方から訪れるカフェマニアもいる。定番のスイーツは季節のフルーツを使ったチーズケーキと、生クリームをたっぷり使ったミルクプリンのブランマンジェ。

店主の上條杏子さん。すっかり赤羽の街におなじみになった。
壁際のカウンター席。その日のメニューは黒板に書かれている。
住所:東京都北区赤羽西1-16-9/営業時間:12:00~17:00(8月3日~は夏時間15:00~20:00)/定休日:水・木・不定/アクセス:JR赤羽駅から徒歩5分

cafe milk

ベビーカーで入店OKのゆったりカフェ

チョコレートとバターをたっぷり使ったガトーショコラ520円。

バス通りに面した一軒家カフェ。店主の落合恵さんは赤羽が地元。カフェの専門学校を卒業した後、パスタ店勤務などを経て理想のお店をオープンさせた。木目を生かした白壁に、大きめのソファが置かれ、天井も高いので開放感もたっぷり。ガトーショコラやシフォンなどのスイーツは全て店内の厨房で手作りしている。多い時には7種類がショーケースに並ぶそう。入り口には段差がなく、間口も広いのでベビーカーや車椅子での入店できる。

ソファ席とテーブル席合わせて30席。テーブルの間隔も広い!
チキンカレー850円。ミニサラダとチーズ、福神漬けが付く。
住所:東京都北区赤羽南2-20-5/営業時間:11:00~18:30LO/定休日:月(不定休あり)/アクセス:JR赤羽駅から徒歩7分

CAFE B-3

バーっぽさに心が鎮まる大人カフェ

親しみこもる柴田秀行さんと踊子さんの接客。小さな空間だが使い勝手の間口はとても広い。

昼下がりのアルコール、真夜中の一杯立てのコーヒー。バーテンダーの柴田秀行さんとカフェで働いていた踊子さんが築いた、バーとカフェ、どっちの気分にも応えてくれる空間だ。空腹でもオーライ。17時までのレイトランチや、夜ごはんが充実。バターチキンをイメージした、白ワインに合うカレーには、秘かにファンも。赤羽でも日本でもなく、遠い旅先の街角に居る心地になるのは、記憶を揺さぶるレコードの音色のせいかも。

アイリッシュコーヒー1200円。ゆるいホイップは甘くない。
ブルースやオルガンジャズなどのブラックミュージックをアナログで。

『CAFE B-3』店舗詳細

住所:東京都北区赤羽1-65-9 やまなかビル1F/営業時間:13:30~24:00/定休日:水/アクセス:JR赤羽駅から徒歩5分

フルーツパーラー プチモンド

心もからだも潤う旬のフルーツ三昧

フルーツサンド850円、底までぎっしりフルーツパフェ1000円、紅茶450円。

「父が駅近くで戦前から果物店をやっていて」と、店主の関元修さん。リンゴ箱の中で育てられ、気が付いたら果物博士になっていた。もっと気軽に果物を食べてほしいと願い、果物店にフルーツパーラーを併設し、30年以上になる。名物は、ふわっと軽いフルーツサンド。ホイップしたての生クリームと細かく切った果物を、1日寝かした食パンで挟む。「7種類の宝石が口の中で弾(はじ)けます」。宝石との表現に、果物への愛がうかがえる。

蝶ネクタイが似合う関元さん。
店内は広々。おみやげに旬の果物を求める人もいる。

『フルーツパーラー プチモンド』店舗詳細

取材・文=新井鏡子、松井一恵(teamまめ) 撮影=新井鏡子、鈴木愛子

東京最北端の繁華街として栄える赤羽。その中心部にあるJR赤羽駅は、1日10万人近い乗降者数を誇る要衝駅として、街のにぎわいを支える。 駅の東口には昔ながらの横丁や商店街がドシンと構え、昼間から酔ったオヤジが管を巻いていたり、威勢のいいお母さんたちが井戸端会議に花を咲かせていたり。かと思えば女子に受けそうなバーやカフェもある。駅の西側にはショッピングモールやスーパーマーケットが並び、学生や子育て世代からも人気のエリアだ。