スタート:地下鉄東西線早稲田駅ー(すぐ)→夏目漱石誕生の地ー(8分/0.6㎞)→新宿区立漱石山房記念館ー(15分/1.1㎞)→神楽坂プリュスー(7分/0.5㎞)→筑土八幡神社ー(4分/0.3㎞)→毘沙門天 善國寺ー(6分/0.4㎞)→宮城道雄記念館ー(6分/0.4㎞)→アンスティチュ.フランセ東京欧明社リヴ.ゴーシュー(20分/1.4㎞)→東京大神宮ー(10分/0.7㎞)→昭和館ー(4分/0.3㎞)→靖國神社ー(15分/1.1㎞)→外濠公園ー(8分/0.6㎞)→ゴール:JR・地下鉄市ヶ谷駅

今回のコース◆約7.4㎞/約1時間5分/約9700歩

illust_2.svg

1 夏目漱石誕生の地

この地で夏目家の坊ちゃんとして誕生

文豪・夏目漱石は、慶応3年(1867)1月5日、この地で夏目家の五男三女の末っ子として生まれた。夏目家はこのあたり一帯をまとめる名主の家柄で、誕生の地碑前の坂を「夏目坂」と命名したのは、漱石の父・直克だという。碑は昭和41年(1966)に漱石生誕100年を記念して建てられた。

住所:東京都新宿区喜久井町1/アクセス:地下鉄東西線早稲田駅から徒歩5分
illust_2.svg

2 新宿区立漱石山房記念館

漱石晩年の活動拠点を再現

ここは夏目漱石が亡くなるまでの9年間を過ごし、漱石山房と呼ばれた家があったところ。展示室では漱石にまつわるテーマ展示や特別展のほか、草稿や初版本なども展示する。1階には漱石の書斎が再現され、家具・調度品・文具は、資料を所蔵する県立神奈川近代文学館の協力により再現。書棚の洋書は東北大学附属図書館の協力により、同館が所蔵する「漱石文庫」の蔵書の背表紙を撮影し、製作された。

住所:東京都新宿区早稲田南町7/営業時間:10:00〜17:30/定休日:月(祝の場合は翌平日)/アクセス:地下鉄東西線早稲田駅から徒歩10分
illust_2.svg

3 神楽坂プリュス

神楽坂ブランドのグッズや菓子

神楽坂にふさわしい“普通でありながらいいモノ”を集めたセレクトショップ。注目は、地元の商店や作家、デザイナーなどとコラボした雑貨や衣料品、菓子などの「神楽坂の逸品シリーズ」。神楽坂バッグ1100円、神楽坂毘沙門天ピンバッチ990円。

住所:東京都新宿区神楽坂6-58/営業時間:11:00〜19:00/定休日:無/アクセス:地下鉄東西線神楽坂駅から徒歩3分
illust_2.svg

4 筑土八幡神社

深い緑に包まれた牛込の鎮守

約1200年前の創建と伝えられる古社。夢で神霊を見た翁が、その存在を感じた松を祀ったのが始まりと伝わる。後に伝教大師(最澄)が神像を刻み祠を建て、筑紫の宇佐神宮の宮土をもとめて礎としたので「筑土八幡宮」と呼ばれるようになった。境内には江戸時代の石鳥居、猿を刻んだ庚申塔などがある。

住所:東京都新宿区筑土八幡町2-1/営業時間:境内自由/アクセス:JR・地下鉄飯田橋駅から徒歩6分
illust_2.svg

5 毘沙門天 善國寺

毘沙門様は開運厄除けの御利益あり!

文禄4年(1595)、初代住職が徳川家康から寺地を拝領し、日本橋馬喰町に創建。寛政4年(1792)に現在地に移転する。毘沙門天像は、開運厄除けを授けてくれると信仰を集め、開帳は1月初寅と二の寅の日、5・9月の初寅の日。7月中旬〜下旬にはほおずき市が立ち、阿波踊りも開催される。

住所:東京都新宿区神楽坂5-36/営業時間:9:00~17:00/定休日:無/アクセス:JR・地下鉄飯田橋駅から徒歩6分
illust_2.svg

6 宮城道雄記念館

優しい箏の調べに心癒やされる

宮城道雄は、正月の定番曲『春の海』で知られる作曲家。八十鉱箏の奏者としても知られ、宮城道雄が考案した箏なども展示する。昭和23年(1948)に建築され、作曲や随筆の執筆を行った書斎「検校の間」は国の登録有形文化財。

住所:東京都新宿区中町35/営業時間:10:00〜16:00/定休日:日・月・火・祝(春と夏に休館あり)/アクセス:地下鉄大江戸線牛込神楽坂駅から徒歩3分
illust_2.svg