スタート:地下鉄銀座線・浅草線浅草駅ー(1分/0.1㎞)→浅草寺ー(23分/1.2㎞)→待乳山聖天ー(2分/0.1㎞)→山谷堀公園ー(28分/1.5㎞)→吉原弁財天ー(4分/0.2㎞)ー鷲神社ー(5分/0.3㎞)→飛不動尊ー( 4分/0.2㎞)→一葉記念館ー(9分/0.5㎞)→あしたのジョー「立つんだ像」ー(18分/1.0㎞)→延命寺ー(1分/0.1㎞)→回向院ー(21分/1.1㎞)→都立汐入公園ー(21分・1.1㎞)→千住大川端公園ー(16分/0.9㎞)→柳原千草園ー(11分/0.6㎞)→大和湯ー(13分・0.7㎞)→ゴール: JR・地下鉄・私鉄・つくばエクスプレス北千住駅

今回のコース◆約9.6㎞/約3時間/約1万2800歩

illust_2.svg

1 浅草寺

寺も商店街も都内最古

推古天皇36年(628)に隅田川で投網漁をしていた檜前浜成(ひのくまのはまなり)・武成(たけなり)の兄弟の網にかかった仏像を、郷司の土師真中知(はじのなかとも)が自宅に奉安したのが起源とされている。都内最古の寺院で、「浅草観音」とも呼ばれ年間3000万人を超す参拝者が訪れる。雷門から宝蔵門まで約250mにわたって続く仲見世は都内最古の商店街で、約90店舗の店が連なる。

illust_2.svg

2 待乳山聖天

参詣のときは大根を供える

寺名は本龍院というが、歓喜天(聖天)を本尊とすることから待乳山聖天の名で呼ばれる。境内各所で健康と良縁、夫婦和合を意味する二股大根と、商売繁盛を意味する巾着が見られる。隣接する待乳山聖天公園に池波正太郎生誕地の碑が立つ。

illust_2.svg

3 山谷堀公園

春は桜、秋は紅葉の名所

山谷堀は、かつてこの地を流れていた水路。江戸初期に荒川の氾濫を防ぐため、三ノ輪から大川(隅田川)の出入り口である今戸まで造られた。現在は埋め立てられ、日本堤から隅田川までの約700mが公園として整備されている。東京スカイツリーのビュースポットにもなっている。

山谷堀公園(さんやぼりこうえん)
住所:東京都台東区東浅草1、浅草6・7ほか/営業時間:園内自由/アクセス:地下鉄銀座線・浅草線浅草駅から徒歩19分
illust_2.svg

4 吉原弁財天

吉原の遊女たちの悲話が伝わる

岩積みの山の上に立つ吉原観音像は、関東大震災で亡くなった吉原の遊女たちを供養するために大正15年(1926)に建立されたもの。赤いのぼりがはためく境内に、弁財天を描いた社殿が立つ。近くには弁財天の本営である吉原神社がある。

吉原弁財天(よしわらべんざいてん)
住所:東京都台東区千束3-22-3 花園公園内/営業時間:境内自由/アクセス:地下鉄日比谷線入谷駅から徒歩20分
illust_2.svg

5 鷲神社

酉の市発祥の神社で開運を祈願

毎年11月に行われる酉の市で知られる神社。酉の市の午前0時に打ち鳴らされる太鼓を合図に市が始まり、開運・商売繁盛の縁起物の熊手御守を扱う露店から威勢のよいかけ声が響く。境内には樋口一葉の文学碑や正岡子規の句碑が立つ。

illust_2.svg

6 飛不動尊

珍しい交通安全のお不動様

享禄3年(1530)創建。古来より、旅人の守り本尊として信仰され、近年では航空安全や道中安泰のお不動様として信仰が篤い。通信が途絶えていた小惑星探査機「はやぶさ」の帰還を祈願したところ、無事帰還したということでも有名になった。

illust_2.svg

7 一葉記念館

我が国初の女性作家の単独文学館

記念館が立つ旧下谷竜泉町(現竜泉)は、樋口一葉が荒物駄菓子店を営みながら代表作『たけくらべ』の着想を得た地。館内では直筆の草稿や書簡などを展示するほか、作品や愛用品などを通じて、24年間の短い生涯を紹介する。

一葉記念館(いちようきねんかん)
住所:東京都台東区竜泉3-18-4/営業時間:9:00~16:00/定休日:月(祝の場合は翌平日)/アクセス:地下鉄日比谷線三ノ輪駅から徒歩10分
illust_2.svg

8 あしたのジョー「立つんだ像」

「立つんだジョー!」と叫びたくなる

かつて日本堤と呼ばれた土手があった通り沿いに、漫画『あしたのジョー』の主人公、矢吹丈をモデルにした「立つんだ像」が立つ。この辺りは山谷と呼ばれたドヤ街で、物語の舞台となったところ。近くのいろは通り商店街の北側には、物語に登場する泪橋(現在は交差点名のみ)もある。

あしたのジョー「立つんだ像」(あしたのじょー「たつんだぞう」)
住所:東京都台東区日本堤1/営業時間:観賞自由/アクセス:地下鉄日比谷線三ノ輪駅から徒歩10分
illust_2.svg

9 延命寺

名前は怖いが笑みが優しい首切り地蔵尊

もともとは隣接する回向院の一部だったが、明治期に鉄道の線路が敷かれ、境内が分断。昭和57年(1982)に分院独立した。高さ4mの首切り地蔵は、寛保元年(1741)に27個の花崗岩を組み合わせ建立したもので、延命地蔵尊と呼ばれてる。

延命寺(えんめいじ)
住所:東京都荒川区南千住2-34-5/営業時間:境内自由/アクセス:JR常磐線・地下鉄日比谷線南千住駅から徒歩5分
illust_2.svg

10 回向院

偉人が眠る江戸時代の処刑場跡

江戸時代の小塚原刑場跡。安政の大獄で処刑された吉田松陰(後に世田谷区松陰神社へ移設)や橋本左内などが眠る。明和8年(1771)に蘭学者の杉田玄白や前野良沢などが処刑者の腑分け(解剖)に立ち会い、後に『解体新書』を完成させた。

回向院(えこういん)
住所:東京都荒川区南千住5-33-13/営業時間:9:00~16:30/定休日:無/アクセス:JR常磐線・地下鉄日比谷線南千住駅から徒歩2分
illust_2.svg