炭焼kitchen ばんから

霧島鶏の焼き鳥は希少な部位も各種そろう

左から、さえずり、こころ、砂おち、ねぎま、ちょうちん。焼酎とともに味わいたい。

宮崎県産の銘柄鶏「霧島鶏」を使い、土佐備長炭で焼いた焼き鳥。丸鶏で仕入れるから黄身がちょうちんのようについた卵管「ちょうちん」や、砂肝の周りの「砂おち」など希少な部位もそろう。焼き鳥は単品200円〜、6串コース1200円、8串コース1600円。焼酎の種類が多く、芋・麦・米・黒糖とさまざまな種類がずらりと並ぶ。なかでも宮崎の川越酒造が作る芋焼酎は、無農薬、有機栽培の「黄金千貫」を、かめ壺で仕込んだ絶品。

女性でも気軽に利用できるスッキリとした明るい店内。カウンター15席、テーブル3卓10席。

『炭焼kitchen ばんから』店舗詳細

住所:千葉県船橋市本町2-2-7 船橋本町プラザビル1階/営業時間:17:00~24:00 /定休日:月/アクセス:京成電鉄京成本線京成船橋駅から徒歩8分

大衆酒場 増やま

酒場愛が生んだ老舗のごとき佇まい

短冊メニューと日替わりを足して約100種。生ビール324円と安い。

開店から昼飲み客が続々。2014年創業のまだ新しい店だが、もう船橋随一の繁盛店に。「僕自身が大衆酒場を大好きで。コの字カウンターも、あえて昔ながらの木材で作りました」と代表の村田良介さん。ずらりと並ぶ短冊には肉豆腐216円やホイス302円など王道メニューの中、モヒート風の酒、紅しょうがのかきあげや、トリッパを意識しハチノスだけを使った煮込み各324円など若者ウケしそうなものも。「若い人にも大衆酒場の暖簾をくぐってほしいんです」。

肉豆腐の上に煮込みをかけた重ね518円、新鮮なマグロ刺とタイ刺各486円など。キンミヤモヒート378円。
代表と写真の萬田優生さんは『一平』で修業。

『大衆酒場 増やま』店舗詳細

住所:千葉県船橋市本町4-5-18/営業時間:14:00~23:00(日・祝は~21:30)/定休日:無/アクセス:JR総武線・東武アーバンパークライン船橋駅から徒歩3分

いづみ屋

肴のうまさで地元に愛され65年

手前から豚レバ、つくね、ねぎまほか人気焼き鳥6点盛り1105円、ガツとネギ味噌463円、明太チーズオムレツ617円。シャリキンの炭酸割り390円。

3代目の実川貴則さんが「朝絞めの豚や鳥に毎日串を打ってます」と言えば「うちは何でも盛りがいい。串ものは1本約60gありますから」と2代目の多喜夫さん。大きなつくねをかじれば白ゴマの風味とともに肉汁があふれ、豚バラを噛めば甘い脂がビールを誘う。ほかにバラホルモン焼き637円や馬刺しユッケ740円などもうまいが、一推しは初代女将考案のガツとネギ味噌。甘辛い味噌とコリコリ感が癖になる店の魂の一品!

週末はほぼ満席。
炭火焼きにこだわる2代目。

『いづみ屋』店舗詳細

住所:千葉県船橋市本町4-3-20 モリウチビル1F/営業時間:16:00~24:00(土・日・祝は15:00~)/定休日:無/アクセス:京成本線京成船橋駅から徒歩1分

居酒屋 縁

肴よし空気感よしの小さな名店

カボス胡椒で味わう穴子の白焼き780円など。陸奥八仙特別純米一回火入れ790円ほか地酒約20種。

船橋市地方卸売市場での仕入れから仕込み、接客まで大将の工藤隆司さん一人で切り盛り。濃厚な船上絞めの大アジのなめろう780円など、料理は飲んべえのツボを押さえたものばかりで量も十分。「人件費より材料費をかけたいんです」との言葉通り、価格は市場に合わせて上下することも。そんな大将の負担を減らそうと、ある常連は「取り皿はこれ使い回すよ」。落ち着いて飲めるよう20歳未満は入店NG。紳士淑女が集う総武線沿いの隠れ家なのだ。

全15席。
大将は脱サラしてこの世界に。明石焼き風タコ巻き玉子780円など創意が光る料理も。

『居酒屋 縁』店舗詳細

住所:千葉県船橋市前原西2-17-10/営業時間:17:30~22:45LO/定休日:日・祝(月不定休)/アクセス:JR総武線津田沼駅から徒歩4分

百花亭

熟練の目利きが選ぶ鮮魚でほろ酔う

のどぐろ姿塩焼2300円、身質のやわらかな仔羊炙り焼き680円。八海山純米吟醸730円。

店主・金川鐘保(かながわしょうほ)さんは船橋の市場に通い40年。「目利きには自信があるし、向こうも安く出してくれる。魚は色艶が大事。女性と一緒です」。自慢の鮮魚は刺し身、握り、焼き、煮魚と幅広い調理法で味わえるが、出色は大トロ。赤身など4種が彩る極上まぐろ盛り合わせ1900円。親指ほどの厚さの中トロは、脂が舌でスッと溶ける。甘みの余韻が残るうちに唎き酒師の店主が選んだ日本酒を流し込めば、旨味がふくらみ無上の幸せ!

水車が目印。
水槽で泳ぐ活イカの姿造り3000円前後やネタケースに並ぶ鮮魚などを目当てに古株客が集う。

『百花亭』店舗詳細

住所:千葉県船橋市葛飾町2-403-5 小森ビル1F/営業時間:11:30~13:30・17:00~24:00(日・祝は16:30~23:30)/定休日:土・日・祝のランチ/アクセス:JR・私鉄・地下鉄西船橋駅から徒歩5分

大衆 あさひ

爆安酒肴とマスターの人柄で笑顔咲く

「でかジョッキは通常量の2.5倍なのに値段は2倍!」と常連。

名刺サイズのベーコンがたっぷりのベーコンエッグは290円、刺身5種盛りが390円と驚愕の安さ。「安くてもマスターは料理上手。うなたま390円サイコ~」「客のキャラに合せて話しかけてくれるマスターの人柄が一番です」と常連が語る渕上浩さんを慕い、昼は主婦、夜は地元の若者などで店内がごったがえす。杯を空け、もう一軒はしごに出ようとすると「いってらっしゃい!」と優しいマスターの声。地元飲んべえに愛されるわけだ。

からあげ390円など。マスターは酒屋勤務経験があり、イチローズモルト590円~ほかレア酒も。
「2階はお座敷席です」とマスター。

『大衆 あさひ』店舗詳細

住所:千葉県船橋市本町1-13-1/営業時間:12:00~24:00(日は~ 18:00)/定休日:不定休/アクセス:京成本線京成船橋駅から徒歩1分

いわし・江戸前水産ふなっ子

イワシの伸びしろをとことん追求!

船橋市地方卸売市場や船橋の漁師から仕入れを行う2代目。

イワシをメインに35年。今も朝10時過ぎから仕込みを始め、1日300匹以上イワシをさばく。「イワシは青魚のなかでも焼く、煮る、揚げるなど調理法は豊富。骨の抜き方ひとつでも常に新しい発見がある」と2代目の村山考志さん。定番のいわしのユッケ450円やさんが焼680円に加え、2代目考案のいわし丸ごとコロッケ750円などイワシメニューだけで30品も。めくるめくイワシ料理の世界に、地酒がアンストッパブル!

船橋市地方卸売市場や船橋の漁師から仕入れを行う2代目。
店内に大漁旗。

『いわし・江戸前水産ふなっ子』店舗詳細

住所:千葉県船橋市東船橋1-37-12/営業時間:17:00~23:00/定休日:月/アクセス:JR総武線東船橋駅から徒歩1分