【お腹いっぱいのガッツりランチ】

お客さんへの愛が伝わるガッツリメニュー『キッチンABC池袋西口店』

ガッツリ食べたいときに嬉しいオリエンタルライス&黒カレーのセット。これで1000円は驚きだ。
ガッツリ食べたいときに嬉しいオリエンタルライス&黒カレーのセット。これで1000円は驚きだ。

創業から半世紀以上という池袋きってのランチの名店。ポーク焼肉や手ごねハンバーグ、オムライスなど定番の洋食が多数メニューに並ぶ中で人気を集めるのがお店オリジナルのオリエンタルライスと黒カレー、そしてお客さんの根強いリクエストからグランドメニューへと昇格したというチキン南蛮タルタル。いずれもボリューム満点で腹ペコの学生はもちろん、働き盛りのサラリーマンまでもが空腹を満たしにやって来る。

「目の前のお客さまを笑顔にしたい」という総括店長兼総料理長の中野正之さんの思いがこれでもかというくらいに伝わってくる愛情あふれるメニューの数々は一度食べたらヤミツキになること必至。

常連客の根強い支持を得るチキン南蛮タルタル。チキンにかかった甘みと酸味が際立つタレとマイルドな味わいのタルタルソースとの相性は抜群。
常連客の根強い支持を得るチキン南蛮タルタル。チキンにかかった甘みと酸味が際立つタレとマイルドな味わいのタルタルソースとの相性は抜群。

『キッチンABC 池袋西口店』店舗詳細

住所:東京都豊島区西池袋3-26-6/営業時間:11:00~21:30LO/定休日:無/アクセス:JR・私鉄・地下鉄池袋駅から徒歩5分

「お箸で食べられる」本格洋食の数々『ウチョウテン』

お店1番人気の黒毛和牛のハンバーグとシーフードクリームコロッケ1390円。付け合わせもすべて手作りなのが嬉しい。
お店1番人気の黒毛和牛のハンバーグとシーフードクリームコロッケ1390円。付け合わせもすべて手作りなのが嬉しい。

「ご飯と一緒に食べる」ということに重きを置いたメニューがウリの『ウチョウテン』。自慢のハンバーグにかかっているデミグラスソースはまさにご飯に合わせることを前提に作られ、赤ワインをあえて使わないというこだわりぶり。その代わりに黒毛和牛の牛筋を丁寧に煮込んで作るという手の込みよう。すべてが手作りのメニューはどれもが絶品でご飯との相性も抜群。付け合わせの千切りキャベツまでついつい完食してしまうというお客さんが後を絶たないという。口コミで広まっていった評判は今や池袋の街を超え、県外からも熱烈なファンがやって来るのだとか。ランチタイムは行列覚悟で参戦しよう。

ややゴツゴツした形のシーフードクリームコロッケには……ご覧の通り魚介類がてんこ盛りだ!
ややゴツゴツした形のシーフードクリームコロッケには……ご覧の通り魚介類がてんこ盛りだ!

『ウチョウテン』店舗詳細

住所:東京都豊島区南池袋2-36-10 SoHo103/営業時間:11:30~14:00LO・18:00~19:45LO/定休日:日/アクセス:JR・私鉄・地下鉄池袋駅から徒歩8分

卸問屋の底力!ビッグサイズのうな丼が1200円『まんまる』

これがまんまる丼1200円。ランチ限定20食のため、オープン直後から行列ができることも。
これがまんまる丼1200円。ランチ限定20食のため、オープン直後から行列ができることも。

「ランチで鰻を食べる」と言えば、2000円前後がおおよその相場。ところが『まんまる』は川魚問屋で鰻を自社加工していることから出てくるという卸売りできない“訳あり”の鰻を使ったうな丼こと、まんまる丼が人気。実際にまんまる丼を見ると規格外の鰻とはいえ、驚くほどのビッグサイズ。しかも腹ペコさんに向けてご飯の大盛り無料といううれしいサービスも。鰻の蒲焼きには欠かせない山椒もこの鰻に合わせて選んだという「ブドウ山椒」をミルで挽いて振りかけて食べれば満足度もMAXに!

アルバイト時代からこの店に務める副店長の小路永啓介さん。気さくな接客で常連客からも親しまれているナイスキャラ。
アルバイト時代からこの店に務める副店長の小路永啓介さん。気さくな接客で常連客からも親しまれているナイスキャラ。

『まんまる』店舗詳細

住所:東京都豊島区池袋2-13-8光陽ビル1F/営業時間:11:00~14:40LO・17:00~22:00LO/定休日:日・祝/アクセス:JR・私鉄・地下鉄池袋駅から徒歩5分

たっぷりチーズと肉料理の店。『CHEESE CHEESE & Meat. COMTE』

見た目からもはや飯テロ!

長壽卵on!チーズ屋さんの特製キーマカレー1430円は一番人気のメニュー。ランチタイムならサラダ付きで1380円、LINEで友だち登録すれば1200円でたのしめる。
長壽卵on!チーズ屋さんの特製キーマカレー1430円は一番人気のメニュー。ランチタイムならサラダ付きで1380円、LINEで友だち登録すれば1200円でたのしめる。

ラクレットチーズやブラータチーズをはじめ、さまざまなチーズを使用したカジュアル料理の店、『CHEESE CHEESE & Meat. COMTE』、通称『COMTE(コンテ)』。見た目も味にも妥協しないこだわりメニューは、インスタ映えすると評判。ラクレットチーズを目の前でかけてもらえるグリルプレートや、チーズフォンデュなど、ライブ感満載の料理もたのしめる。3種のチーズで作るラクレットソースと長壽卵の黄身がかかった長壽卵on!チーズ屋さんの特製キーマカレーは、ランチタイムの人気メニュー。塊のチーズを削ってふりかけた生パスタも見逃せない。生ハムやサラダなどのアンティパストも充実。旨味が詰まった肉料理は、ソムリエ厳選のワインと一緒にたのしみたい。

料理はもちろんだが、店内も映えの宝庫だ。
料理はもちろんだが、店内も映えの宝庫だ。
ブリュレチーズケーキ580円。目の前でバーナーであぶってキャラメリゼしてくれる。
ブリュレチーズケーキ580円。目の前でバーナーであぶってキャラメリゼしてくれる。

『CHEESE CHEESE & Meat. COMTE』店舗詳細

住所:東京都豊島区南池袋2-27-5 カテイビルB1F/営業時間:11:30~14:00LO・ 17:00~22:30LO(土・日・祝は11:00〜16:00・16:00〜22:30LO)/定休日:年末年始/アクセス:JR・私鉄・地下鉄池袋駅から徒歩3分

旨味たっぷりの赤身肉で作る個性派ハンバーガー『No.18』

味も食感も映え度も満点!

人気No.1のアボカドチーズバーガー1450円。+150円でポテトがセットに。
人気No.1のアボカドチーズバーガー1450円。+150円でポテトがセットに。

スーパーアイドルが番組内で弟子入りした“聖地“として話題を集めた、行列必至のハンバーガー専門店。人気の秘密は、牛肩ロースを使った旨味たっぷりのパティにあり。スジや脂などを手作業で取り除き、独特の食感に仕上げたその食感に、ハマる人が続出している。肩ロースのパティと相性抜群のオレンジマスタードソースもオリジナル。ダイナミックさの中にも、日本人の味覚に合う五味あふれる味が光っている。「ステーキ用のフレッシュなお肉を使っているので、焼き加減をお選びいただけます」と語るのは、オーナーの長谷川さん。内側はやわらかく、外側はカリッと仕上がるミディアムレアがおすすめだ。

店舗外観。ハンバーガーの看板が目印だ。
店舗外観。ハンバーガーの看板が目印だ。
パティの直径は約10.5cm。ハンバーガーの高さはゆうに10cmを超える。
パティの直径は約10.5cm。ハンバーガーの高さはゆうに10cmを超える。

『No.18』店舗詳細

住所:東京都豊島区東池袋2-57-2 コスモ東池袋105/営業時間:11:00〜20:20LO/定休日:火/アクセス:JR・私鉄・地下鉄池袋駅から徒歩8分

イタリアのマンマに招待されたみたい!『GHIOTTONE(ギオットーネ)』

人気ナンバーワンのペスカトーラ。ランチではサラダが付いて1050円。
人気ナンバーワンのペスカトーラ。ランチではサラダが付いて1050円。

イタリア通も足繁く通う、イタリア料理専門店『GHIOTTONE』。パスタ、ピッツァはシングルサイズのほかに2~3人前も。グループで来店して食べ比べもおすすめ。ランチでは、パスタにサラダと飲み物がついて1050円。リーズナブルな価格設定だが、イタリアで修業経験のあるスタッフたちが作るのは、本気の本場のイタリアンだ。ランチでもイタリア産ワインやイタリア産の生ビールを楽しむことができる。スタッフに今日の一杯のワインを選んでもらうのも楽しみのひとつ。

オルトラーナ(ランチ・サラダ付き)1050円。
オルトラーナ(ランチ・サラダ付き)1050円。
あたたかみのあるネオンがクラシックな雰囲気の看板。
あたたかみのあるネオンがクラシックな雰囲気の看板。

『GHIOTTONE(ギオットーネ)』店舗詳細

住所:東京都豊島区西池袋3-27-12 ウエストパークビル 1F/営業時間:11:30~14:30LO、17:00~21:30LO/定休日:月/アクセス:JR・私鉄・地下鉄池袋駅から 徒歩5分

窯焼き本格ピッツァをたのしむなら。『PIZZA BORSA』

マルゲリータ1100円は不動の人気メニュー。
マルゲリータ1100円は不動の人気メニュー。

麻布に本店を持つ有名店『Savoy(サヴォイ)』やイタリアンレストランで修行を積んだオーナーがオープンした、本格ピッツァの店。池袋西口といえばイタリアンの店が多いエリアだが、本場の製法や食材を取り入れたこだわりの味が客の胃袋をつかみ、時間帯によっては客が殺到することも。丸1日かけて低温発酵させた記事を手作業で伸ばし、500度近い高温で素早く焼き上げたピッツァの魅力は、薪窯ならではのもちっ、サクッとした食感と、ふわっと広がるチーズの香りにあり。定番2種と日替わり2種から選べる、直径約25cmのピッツァにサラダ、ピーチティーが次いた平日限定のランチは950円とお得感満載。食後にコーヒーとデザートを付けても1200円でたのしめる。

店舗外観。
店舗外観。

『PIZZA BORSA』店舗詳細

住所:東京都豊島区西池袋3-30-8 渡辺ビル 1F/営業時間:11:30〜14:30LO・18:00〜22:30LO/定休日:年末年始/アクセス:JR・私鉄・地下鉄池袋駅から徒歩6分

元バイヤーだからこそできる、最高級の国産和牛での直球勝負!『ハンバーグ・ステーキ宮崎亭』

国産和牛100%、繋ぎもほとんど入れていないというまさにステーキに限りなく近いハンバーグ。そのまま食べても肉の旨味があふれてくる。
国産和牛100%、繋ぎもほとんど入れていないというまさにステーキに限りなく近いハンバーグ。そのまま食べても肉の旨味があふれてくる。

『ハンバーグ・ステーキ宮崎亭』の社長は元バイヤーという異色な経歴を持つ人物。それだけに国産和牛の目利きは抜群で店で使用する牛肉はすべて独自のメソッドによって仕入れられた特別な国産和牛。調理する際は肉の旨味を最大限に引き出すことにこだわり、ハンバーグに入れがちなつなぎのパン粉や玉ねぎ、香辛料などをほとんど加えずに作り上げている。そのためハンバーグはさながらステーキのような味わいに。ナイフをスーッとひと刺し入れるだけでも肉汁があふれ出てくるほどジューシーなハンバーグとなっている。これをそのまま食べるのもいいが、お店こだわりの「500万年前の塩」と合わせて食べれば、忘れられない味わいになること請け合いだ。

ナイフを入れると……ご覧の通りに肉汁が大噴射! これを塩に付けて食べると絶品だ
ナイフを入れると……ご覧の通りに肉汁が大噴射! これを塩に付けて食べると絶品だ

『ハンバーグ・ステーキ宮崎亭』店舗詳細

1日4000個売れる焼小籠包。『永祥生煎館』

秋田県産のブランド豚の肉と国産野菜を使用。調理は面点師と呼ばれる中国の調理の国家資格保持者が担当する。
秋田県産のブランド豚の肉と国産野菜を使用。調理は面点師と呼ばれる中国の調理の国家資格保持者が担当する。

上海名物・焼小籠包が大人気の『永祥生煎館(ヨォンシァンシェンジェングァン)』。上海の本場の味わいを堪能できる中華料理店として在日中国人から熱い支持を受けている。日本ではなかなか出合えない珍しい料理にハマる日本人も急増中で、ブームは爆発寸前だ。

コロコロとかわいい小籠包は飛ぶように売れていく。大鍋に敷き詰められ、一斉に焼かれていく様子も圧巻! 焼きたてを食べられるのがうれしい。お持ち帰りもOK。
コロコロとかわいい小籠包は飛ぶように売れていく。大鍋に敷き詰められ、一斉に焼かれていく様子も圧巻! 焼きたてを食べられるのがうれしい。お持ち帰りもOK。
店員さんから熱烈におすすめされた塩水鴨(イェンシュウヤ)780円。塩水鴨とは茹でたアヒルの肉を塩と山椒、酒に2~3日ほど漬けたもの。骨つきのアヒル肉はブリンと身が引き締まっているが、口に入れればやわらかな食感。クセもなく鳥のうま味に塩味が溶け込む。
店員さんから熱烈におすすめされた塩水鴨(イェンシュウヤ)780円。塩水鴨とは茹でたアヒルの肉を塩と山椒、酒に2~3日ほど漬けたもの。骨つきのアヒル肉はブリンと身が引き締まっているが、口に入れればやわらかな食感。クセもなく鳥のうま味に塩味が溶け込む。

『永祥生煎館』店舗詳細

住所:東京都豊島区西池袋1-29-1 サンシティホテル西側1F/営業時間:11:00~24:00頃/定休日:無/アクセス:JR・私鉄・地下鉄池袋駅から徒歩1分

がっつりメニューがそろう定食屋『ランチハウス ミトヤ』

安い・うまい・おなかいっぱい!

野菜と肉のタレ焼き定食860円。25㎝ほどの大皿にたっぷりと盛られている。
野菜と肉のタレ焼き定食860円。25㎝ほどの大皿にたっぷりと盛られている。

大手チェーンの飲食店が多く集まる池袋西口から少し歩いたところで20年以上根を張る『ランチハウス ミトヤ』。焼肉、チキンカツ、フライ、炒め物にカレー…。目移りするような定食メニューが勢ぞろいし、パンチの効いたおかずとともに白いご飯をワシワシとかき込む至福のひとときが待っている。安くて、うまくて、おなかいっぱいになれる。そんなうれしい三拍子がそろっている心強いお店だ。

おいしさの秘密は門外不出の特製タレ。マイルドな甘辛さが広がる豊かな味わい。
おいしさの秘密は門外不出の特製タレ。マイルドな甘辛さが広がる豊かな味わい。

『ランチハウス ミトヤ』店舗詳細

住所:東京都豊島区西池袋3-30-10 久保ビル1F/営業時間:11:00~22:30LO/定休日:無/アクセス:JR・私鉄・地下鉄池袋駅から徒歩5分

コスパ満点の手ごねハンバーグのお店。『三浦のハンバーグ』

基本のハンバーグ200g590円+おかわり自由のライス210円。みそ汁付きは+10円と激安。ハンバーグソースは9種からチョイス可能で、一番人気は写真のデミグラスソースだ。
基本のハンバーグ200g590円+おかわり自由のライス210円。みそ汁付きは+10円と激安。ハンバーグソースは9種からチョイス可能で、一番人気は写真のデミグラスソースだ。

やわらかさと肉の旨味が自慢の自家製手ごねハンバーグを好みのサイズ、ソース、トッピングでたのしめるハンバーグ専門店。ソースが選べる基本のハンバーグは150g480円、200g590円、300g900円、400g1100円、みそ汁付き+220円のライスはおかわり自由とリーズナブルな価格設定で、腹ペコ族の絶大な支持を集めている。トッピングや組み合わせの自由度も高いうえ、レディースデーやポイント2倍デーなど、日替わりのサービスも充実。池袋東口から徒歩4分、サンシャイン通りから脇道に逸れてすぐとアクセスも抜群だ。

毎週水曜日はレディースデー、木曜日はポイント2倍デーなど、お得なサービスも満載。
毎週水曜日はレディースデー、木曜日はポイント2倍デーなど、お得なサービスも満載。

『三浦のハンバーグ』店舗詳細

住所:東京都豊島区東池袋1-22-13 第5ナカムラビル2F/営業時間:11:00〜22:30LO(土・日・祝は11:00〜22:00LO)/定休日:無/アクセス:JR・私鉄・地下鉄池袋駅から徒歩4分

パンチの効いたからし焼定食。『洋庖丁 池袋店』

塩辛うまい味わいにノックアウト。

からし焼定食(大)860円はプラス100円でおかずもご飯も大盛りにできる。
からし焼定食(大)860円はプラス100円でおかずもご飯も大盛りにできる。

リーズナブルな価格でボリュームたっぷりの洋食を食べられる『洋庖丁 池袋店』。ここでの看板メニューはジューシーな豚バラ肉を焼いたからし焼定食だ。ニンニクとコショウがピリッと効いたうま味たっぷりの一皿で白米があっという間になくなっていく! ほかにも肉と豆腐をタレで焼いてたっぷりとネギを乗せたジャンボ焼定食880円、野菜の付け合わせがうれしいチキンソテー定食860円、生野菜とタルタルソースを添えた白身魚のバター焼き定食880円など、食欲を刺激する洋定食が待っている。どれもボリュームたっぷりなのにお手頃価格で食べられるのがポイント。

最後に料理酒でフランベして味を引き締めている。
最後に料理酒でフランベして味を引き締めている。

『洋庖丁 池袋店』店舗詳細

住所:東京都豊島区池袋2-41-6 第一シャンボールビル1F/営業時間:11:00〜22:00/定休日:日/アクセス:JR・私鉄・地下鉄池袋駅から徒歩3分

池袋に火星の入り口発見!?ここでしか味わいえないカレー『火星カレー』

カンガルーカレー1480円+草トッピング190円。
カンガルーカレー1480円+草トッピング190円。

個性豊かな飲食店が並ぶ一角でも、ひと際目を引くのがここ『火星カレー』だ。「並んででも食べたい」「ここでしか味わえないカレーなので、週イチで行く」という熱狂的なファンを数多く持つ、人気店。インドでもタイでもない、今までに食べたことのない味はまさに宇宙級だ。もはやトッピングとはいえない量のお肉は食べ応え十分。オーナーは某著名なゲームクリエイター。看板や券売機など、クリエイターらしい店づくりも楽しい。

火星カレーイメージキャラクターの火星人子(ひぼしじんこ)さん。
火星カレーイメージキャラクターの火星人子(ひぼしじんこ)さん。
店長の橋本さん。
店長の橋本さん。

『火星カレー』店舗詳細

住所:東京都豊島区西池袋3-27-3 S&Kビル B1F/営業時間:17:30~21:45(木・土は11:30~15:00・17:30~21:45、日は11:30~15:00・17:30~21:00※ラストオーダーは閉店30分前/定休日:月・火/アクセス:JR・私鉄・地下鉄池袋駅から徒歩4分

1987年創業の定食一筋の人気店。『定食 美松』

近年はおむすびのテイクアウトも。

カツオとヤサイ煮1500円。ライスは白米と雑穀米、玄米からチョイス可能。
カツオとヤサイ煮1500円。ライスは白米と雑穀米、玄米からチョイス可能。

家庭的な料理をバランスよく組み合わせた、絶品定食がたのしめる昭和62(1987)年創業の人気店。あじ、いわし、鮭をはじめ、店主みずから市場で仕入れてきた新鮮食材を使い、体に馴染むメニューを多数展開している。カツオとヤサイ煮は、具だくさん味噌汁に小鉢1品、つけもの、ライスがついて1500円。素材の魅力を活かした味もさることながら、ボリューム、栄養バランスとも満点だ。小鉢や味噌汁は日替わり。家庭菜園で大切に育てた採れたての野菜がお目見えすることも。豊富な定食メニューのほか、日替わりの弁当やおむすびのテイクアウトも利用可能だ。

数年前にアゼリア通りに面した旧店舗を離れ、裏路地の店一本に絞ったが、場所が変わっても客足が途切れることはない。
数年前にアゼリア通りに面した旧店舗を離れ、裏路地の店一本に絞ったが、場所が変わっても客足が途切れることはない。

『定食 美松』店舗詳細

住所:東京都豊島区池袋2-15-1 シティルーフ1F/営業時間:11:30〜14:30LO、17:30〜19:00LO(夜の営業は月・水・金のみ)/定休日:日・祝/アクセス:JR・私鉄・地下鉄池袋駅から徒歩3分

変わらぬ味で愛され続ける名物ジャンボ餃子。『開楽本店』

ジャンボ餃子5個と半チャーハンのBセットは950円。
ジャンボ餃子5個と半チャーハンのBセットは950円。

1954年に創業した『開楽本店』にはジャンボ餃子を求めるお客さんで行列ができる。上質な肉とたっぷりの野菜が詰まった餡とモチモチの皮がベストマッチ。ニンニクは少なめで、表面はパリッと焼き上げられ、ボリューム満点ながらペロリと食べてしまう。ほかにもラーメンやチャーハン、定食などが豊富にそろう。「THE日本の町中華」として、老若男女から愛されている。

1個85gほど。普通の餃子の3~4倍の大きさ!
1個85gほど。普通の餃子の3~4倍の大きさ!

『開楽本店』店舗詳細

住所:東京都豊島区南池袋1-27-2/営業時間:月~土11:00~22:30(LO20:00)、 日11:00~21:30(LO20:00)/定休日:第1月、第3月/アクセス:JR・地下鉄池袋駅から徒歩1分

旨辛な麻婆豆腐の刺激にやみつき!『知音食堂』

ランチタイムの麻婆豆腐。ご飯と卵スープのセットで、豆腐干の千切り合えと塩で炒ったピーナッツが添えられて680円。安い!
ランチタイムの麻婆豆腐。ご飯と卵スープのセットで、豆腐干の千切り合えと塩で炒ったピーナッツが添えられて680円。安い!

“ガチ中華”と称される本格的な中国料理店が多く集まる池袋西口のなかでも、ガチ度が高めとして有名な『知音(ちいん)食堂』。本場四川省の激辛料理を求める猛者が集まる。もちろん故郷の味を楽しみにする中国人のお客さんからも熱く支持されている。異国情緒のあふれる店内で味わう大人気のマーボー豆腐は辛さ満点、旨味もバッチリの深みのある一皿。一度食べるとハマります。

本四川風魚の煮込みはラーメンどんぶりのような器になみなみと入って1380円。四川省の夏は高温多湿で、冬は寒い。食欲アップと健康増進のためにスパイスたっぷりの料理が発達したといわれている。
本四川風魚の煮込みはラーメンどんぶりのような器になみなみと入って1380円。四川省の夏は高温多湿で、冬は寒い。食欲アップと健康増進のためにスパイスたっぷりの料理が発達したといわれている。

『知音食堂』店舗詳細

住所:東京都豊島区西池袋1-24-1/営業時間:11:30~24:30LO(月・火は~23:30LO)/定休日:無/アクセス:JR・私鉄・地下鉄池袋駅から徒歩1分

疲れた心を癒してくれる、絶品手作りサムゲタン『韓国家庭料理 自起屋(ジキヤ)』

韓国から取り寄せた材料をふんだんに使ってイチから手作り。サムゲタン1000円。
韓国から取り寄せた材料をふんだんに使ってイチから手作り。サムゲタン1000円。

オープンは2001年。流行りのメニューを出すのではなく、本場韓国の家庭料理を丁寧に仕上げる、オモニの味にこだわっている。韓国から取り寄せた材料を使い、手間ひまをかけたオモニこだわりの料理がいただける。豊富なメニューに迷うのも楽しみのひとつ。日替わりランチは本格的ながらワンコイン。池袋のこの界隈にはさまざまな国籍の人が多く住む。彼らを満足させ、さらに池袋のビジネスマンや学生さんたちも足繫く通う店として安定の地位を築いている。

あのサムギョプサルが丼物として登場! がっつりかっこみたい。サムギョプサル丼800円。
あのサムギョプサルが丼物として登場! がっつりかっこみたい。サムギョプサル丼800円。
友達の家のような落ち着ける店内。
友達の家のような落ち着ける店内。
この看板を目印に。
この看板を目印に。

『韓国家庭料理 自起屋』店舗詳細

住所:東京都豊島区池袋2-54-1 パールビル1F/営業時間:11:30~16:00LO・17:00~23:00LO/定休日:無/アクセス:JR・私鉄・地下鉄池袋駅から徒歩5分

席で焼くあつあつほわほわの牛かつ!『牛かつ いろは』

牛かつ定食130g1300円。
牛かつ定食130g1300円。

さっと揚げられた牛かつをさらにテーブルで石焼き。あつあつ、齧ればホワホワ。牛の旨みを衣で閉じ込めた牛かつは、ひとくち齧ればじゅわっととろける美味しさ。「岩塩」「山わさびの特製ソース」そして、「しょうゆとわさび」の3種類を付けていただく。さらにトッピングとして「とろろ」と「明太子」「わらび餅」を付けることもできる。リーズナブルに牛かつをいただける人気店だ。

さっと揚げた牛かつを席で石焼きにしていただく。
さっと揚げた牛かつを席で石焼きにしていただく。
「岩塩」「山わさびの特製ソース」「しょうゆとわさび」などのトッピングを自分好みにカスタマイズ。
「岩塩」「山わさびの特製ソース」「しょうゆとわさび」などのトッピングを自分好みにカスタマイズ。

『牛かつ いろは』店舗詳細

住所:東京都豊島区東池袋1-9-7 友光ビル B1F/営業時間:11:00~22:00LO/定休日:無/アクセス:JR・私鉄・地下鉄池袋駅から徒歩1分

【激戦区のうまいラーメン】

ハワイ×ラーメンという組み合わせが淡麗系ラーメン『麺屋Hulu-lu』

見た目にも美しい1番人気メニューの醤油SOBAスパムセット1100円。焦がしたネギから香ばしい匂いが漂ってくる
見た目にも美しい1番人気メニューの醤油SOBAスパムセット1100円。焦がしたネギから香ばしい匂いが漂ってくる

ラーメンにハワイという一見似つかわしくない組み合わせが興味深い『麺屋Hulu-lu』。オーナーの古川さんの好みがそのままお店のコンセプトとなって表れているというが、見た目以上に印象深いのがそのラーメン。豚骨を一切使わず鶏だけで仕上げたという自慢の醤油SOBAはすっきりとしたスープが特徴的で全粒粉を使用して作った自家製の細麺にもマッチ。美しい盛り付けも相まって女性客を中心に口コミで評判が広がっていったという。まるでカフェのような店内で過ごすハワイアンなひと時は東京のど真ん中・池袋にいることをうっかり忘れてしまうかも!?

オーナーの古川雄司さん。ハワイ好きが高じてラーメン×ハワイというオンリーワンの組み合わせのお店が生まれた。
オーナーの古川雄司さん。ハワイ好きが高じてラーメン×ハワイというオンリーワンの組み合わせのお店が生まれた。

『麺屋Hulu-lu』店舗詳細

住所:東京都豊島区池袋2-60-7/営業時間:11:30~15:00・18:00~21:00(日・祝は11:30~15:30)/定休日:火/アクセス:JR・私鉄・地下鉄池袋駅から徒歩10分

ラーメン激戦区を長年生き抜いてきたトンコクスープが絶品!『無敵家』

『無敵家』自慢の無敵家らーめんニクタマ1250円。肉厚のチャーシュー3枚と味付け卵が2個乗っているボリューミーなメニュー
『無敵家』自慢の無敵家らーめんニクタマ1250円。肉厚のチャーシュー3枚と味付け卵が2個乗っているボリューミーなメニュー

ラーメン激戦区としての顔を持つ池袋に店を構えて2022年で28年目、今や不動の人気店としての地位を築いているのが池袋駅から徒歩5分の所にある『無敵家』。高品質の豚骨を14時間かけて煮詰めていくだけでなく、その過程で出るアクや不純物を丁寧に取り除くことに注力しているという。この細やかな気配りがあってこそ、あの濃厚かつ味わい深いスープが出来上がる。そして麺はこのスープに合わせるように中華麺に最適な北海道のブランド小麦「春よ恋」を使用し、もっちりとした食感を生み出した。そして『無敵家』の名物であるチャーシューは分厚くカットされているのがウリ。食べ応えも抜群で老若男女に長年愛されるのがよくわかる味わいだ。

無敵家の名物であるチャーシュー。このラーメンでは通常のものに加え、炙り、柚子胡椒載せの3種類が楽しめる
無敵家の名物であるチャーシュー。このラーメンでは通常のものに加え、炙り、柚子胡椒載せの3種類が楽しめる

『無敵家』店舗詳細

住所:東京都豊島区南池袋1-17-1 崎本ビル/営業時間:10:30~翌4:00/定休日:無/アクセス:JR・私鉄・地下鉄池袋駅から徒歩5分
コッテコテ濃厚な極太ラーメンから透き通った細麺の上品系はもちろん、コクたっぷりの煮込み明太子のつけ麺やスモーキーな燻製利用、本格派の担々麺などあらゆる種類が揃うラーメン激戦区・池袋。歩けば歩くほどたくさんのラーメン屋に出合えるこの街で、実食ライターがとくにオススメできる名店16軒を一挙紹介!

【心も満たされるこだわりランチ】

都市開発が進む池袋の象徴的なお店に!?『RACINES FARM TO PARK』

オープン当時から人気のボルケッタサンド830円。食べ応え抜群の豚肉に和風のハーブソースがかかっているのが面白い。
オープン当時から人気のボルケッタサンド830円。食べ応え抜群の豚肉に和風のハーブソースがかかっているのが面白い。

近年、都市開発化が進む池袋。南池袋公園もリニューアルされてかつての面影はなくなったが、それと同時にオープンしたのが『RACINES FARM TO PARK』。早朝から深夜にかけて営業し、時間帯によって提供されるメニューが変わるため、いつ行っても楽しめるが、中でも人気が高いのがランチタイム。特にオープン当初から根強い人気を誇るのが皮付きの豚肉をカリカリにローストして、オリジナルの和風ハーブソースに絡めたものをバケットに挟んだボルケッタサンド。これを目当てに遠方から食べに来るという方もいるほど。晴れた日はテイクアウトして公園内で食べるのもオススメだ。

1階にある厨房はむき出しにして、オープンキッチンスタイルに。自分の料理が目の前で作られていくというワクワク感がウリ。
1階にある厨房はむき出しにして、オープンキッチンスタイルに。自分の料理が目の前で作られていくというワクワク感がウリ。

『RACINES FARM TO PARK』店舗詳細

住所:東京都豊島区南池袋2-21-1 豊島区南池袋公園内/営業時間:8:00~22:00(金は8:00~23:00、土は9:00~23:00、日・祝は9:00~22:00)/定休日:無/アクセス:JR・私鉄・地下鉄池袋駅から徒歩5分

映えてヘルシー、おいしいガレット『ルコックロティ』

好きな種類のガレットを選べるランチメニューは1980円から。旬の野菜を使ったサラダにスープ、そしてドリンクも付いてくる。
好きな種類のガレットを選べるランチメニューは1980円から。旬の野菜を使ったサラダにスープ、そしてドリンクも付いてくる。

ガレットとはそば粉と水、塩だけで作った生地を薄く焼き、その中に卵やハムなどを入れて折りたたんだもの。GI値が低くグルテンフリーのため、美容やダイエットにも最適なスーパーフードとして注目を集めているフランスの家庭料理だが、それをリーズナブルな価格で楽しめるのがこのお店。おいしいうえに見映えも美しく、さらにダイエットや美容にも効果があるというのだから、女性人気が高いのも頷ける。

主成分のそば粉は北海道の北早生なる品種のものを厳選して使用し、それにフランス産の塩を合わせるというこだわりよう。トッピングもエビやカモ肉などメニューによって異なるなどバリエーションも豊富。

これぞガレットの醍醐味! 動画撮影してSNSにupする人が多いのも納得。
これぞガレットの醍醐味! 動画撮影してSNSにupする人が多いのも納得。

『ルコックロティ』店舗詳細

住所:東京都豊島区南池袋2-27-5カテイビル2F/営業時間:11:00~15:00(土・日・祝は11:00~11:30)・17:00~22:30(日・月・火は17:00~22:00)※夜はバー営業/定休日:無/アクセス:JR・私鉄・地下鉄池袋駅から徒歩4分

こだわりたっぷりの創作うどん『あんぷく』

来店するお客さんの大半がオーダーする名物カルボナーラうどんのレディースセット1870円。サラダ、デザートが付いてこの価格はうれしい。
来店するお客さんの大半がオーダーする名物カルボナーラうどんのレディースセット1870円。サラダ、デザートが付いてこの価格はうれしい。

うどんと言えばシンプルな料理というイメージがあるが、『あんぷく』が提供している創作うどんと呼ばれるメニューの数々はそうしたイメージを覆すものばかり。中でも1番人気を誇る名物カルボナーラうどんはオーナーの安江勇治さん自ら開発に携わった「真麺許皆伝」という最上級の小麦粉を使用したうどんを用い、だしとベーコンを入れた小鍋にゆでたうどんを投入し、加熱しながらうどんに和風だしを吸わせることで、洋のソースと和のうどんをしっかり調和させるというこだわりよう。濃厚なソースが絡まりつつもだしの風味を感じるうどんはコシが強くてもっちりと弾力がある。濃いめのソース、パンチの効いた粗挽きコショウに負けない存在感だ。

このカルボナーラ以外にも8時間煮込んだ牛すじカレーうどんやジェノバソース、トマトベースのうどん、麻婆ソースなどを取り入れたピリ辛うどん、シメサバとブラックオリーブなどなど、豊富なメニューを揃えているので自分好みの一皿を探してみて。

果実酒や地酒も豊富に取り揃え。ランチタイムから楽しめるのもポイント。
果実酒や地酒も豊富に取り揃え。ランチタイムから楽しめるのもポイント。

『あんぷく』店舗詳細

住所:東京都豊島区西池袋1-37-8 JPビル1F/営業時間:11:00~14:30LO・17:00~22:00LO(日は21:00LO)/定休日:不定/アクセス:JR・私鉄・地下鉄池袋駅から徒歩5分

オトナな雰囲気で楽しむ極上のヴィーガンパンケーキ『AIN SOPH. soar IKEBUKURO』

見るからに美しくも愛らしい天上のヴィーガンパンケーキ1760円。ふんわりもっちりとしたパンケーキは意外と腹持ちも抜群。
見るからに美しくも愛らしい天上のヴィーガンパンケーキ1760円。ふんわりもっちりとしたパンケーキは意外と腹持ちも抜群。

店名の「AIN SOPH」はヘブライ語で「永遠・無限」、soarは英語で「高く上がる・舞い上がる」という意味。それぞれを合わせて“本来の自分に戻る場所”という思いが込められているのだとか。そんなお店のウリは何といっても動物性の食品を使わないヴィーガンメニュー。中でも常連客に根強い人気を誇るのが「天上のヴィーガンパンケーキ」1760円。国産の小麦粉に植物性チーズなどを混ぜて焼き上げたパンケーキはふんわり、もっちり、そしてしっとりとした食感が楽しめる。
これにやさしい甘さのアガペシロップ、ソイクレマホイップにベリージャム、そしてミックスナッツらをディップしながら食べるとおなかも心も満たされ、まさに天にも舞い上がるような気持ちになること間違いなし。

店内には60ほどあるテーブル席のほか、ラグジュアリーな雰囲気が漂う個室も用意。予約制なので気になる方は要チェック!
店内には60ほどあるテーブル席のほか、ラグジュアリーな雰囲気が漂う個室も用意。予約制なので気になる方は要チェック!

『AIN SOPH. soar IKEBUKURO』店舗詳細

住所:東京都豊島区東池袋3-5-7 ユニオンビル1F/営業時間:11:30~15:00LO・18:00~20:00LO/定休日:不定/アクセス:JR・私鉄・地下鉄池袋駅から徒歩10分

行くたびに新しい自分を見つけられる池袋の隠れ家スポット『cafe pause』

ハヤシライス スープ・コーヒー付き1200円(土・日は1300円)。
ハヤシライス スープ・コーヒー付き1200円(土・日は1300円)。

居心地の良さにあっという間に時間が過ぎていく『cafe pause』。ちょうどいい距離感を保ってくれるスタッフの気遣いが嬉しい。店の名前にあるように、体だけでなく心も一時停止してリラックスできる空間だ。毎日ランチは洋食を中心に3種類、ケーキも3,4種類を用意。すべてオーナーシェフの髙野さんの手作りだ。お客さんは幅広い層がやってくるので、みんながほっとできる味付けに仕上げている。食後には、開発に3年かけたというオリジナルの絶品コーヒーをぜひ味わってみてほしい。

陽あたりの良い店内でボーッと過ごす、ぜいたくな池袋時間。
陽あたりの良い店内でボーッと過ごす、ぜいたくな池袋時間。
ケーキセット1000円(平日のみ)。
ケーキセット1000円(平日のみ)。

『cafe pause』店舗詳細

住所:東京都豊島区南池袋2-14-12 山口ビル1F/営業時間:月 12:00-17:00 / 水・木 12:00-20:00 / 金 12:00-23:00 / 土 11:00-23:00 / 日 11:00-21:00/定休日:火/アクセス:JR・私鉄・地下鉄池袋駅から徒歩6分 、地下鉄有楽町線東池袋駅から徒歩9分、地下鉄副都心線雑司ヶ谷駅より徒歩9分

構成=フリート 取材・文・撮影=宇野美香子、村岡真理子、福嶌弘、池田実香、逸見チエコ

コッテコテ濃厚な極太ラーメンから透き通った細麺の上品系はもちろん、コクたっぷりの煮込み明太子のつけ麺やスモーキーな燻製利用、本格派の担々麺などあらゆる種類が揃うラーメン激戦区・池袋。歩けば歩くほどたくさんのラーメン屋に出合えるこの街で、実食ライターがとくにオススメできる名店16軒を一挙紹介!