池袋のにぎわいの中にある肩ひじ張らない洋食店

夜になるとますます活気づく池袋西口。パワーみなぎるこの街で、ガツンとパンチの効いた洋食を手軽に食べられるのが『洋庖丁 池袋店』だ。

トキワ通りと劇場通りの交差点からすぐ。オレンジ色の看板を目印に行こう。

都内では『洋庖丁』という名の洋食店がいくつかある。板橋からはじまった『洋庖丁』からのれん分けをする形で独立していった。そのためメニューや店の雰囲気は似ているが、各店それぞれにオーナーがいる。池袋店は2010年に江古田から移転してきた。

昭和の空気をまといながらも、明るい店内。「どなた様も気軽に入りやすいように」という『洋庖丁 池袋店』のオーナー青木悠華さんの思いが反映されている。(写真提供=洋庖丁 池袋店)

味のインパクトがすごい。「からし焼定食」は何も考えずご飯をかき込め!

食欲を刺激するコショウとニンニクのいい香り。からし焼定食(並)は760円、(大)は860円。写真は(大)をさらに大盛りでオーダー。

『洋庖丁 池袋店』で人気のからし焼定食(大)860円は、プラス100円でおかず、ご飯ともに大盛りになるというからお得感満点。ミキサーにかけたニンニク、塩、コショウなどで味付けしながら焼いた豚バラ肉がピリッと塩辛い味わい。でもその奥にはうま味もちゃんとある。

おいしさの秘密はふたつ。ひとつはオリジナルのうま味調味料を使っていること。これは『洋庖丁 池袋店』で特別な配合でブレンドしている、ここだけの味。もうひとつは調理の最後に料理酒でフランベすること。そうすると味が引き締まるという。

からし焼を一口食べると白いご飯が激しく欲しくなる。余計なことは考えず、ご飯を頬張るのが大正解だ。

台地のように盛られるご飯。これが瞬時になくなっていく。
豚汁も具沢山。

毎日通いたくなる、まさにやみつきの味

オーナーの青木さんは店に立ち、接客と調理を担う。もともとは青木さんの父が立ち上げた店だったが、そのあとを引き継いだ。不動産営業職からの転身というから親しみやすい笑顔が印象的だ。

厨房を仕切るのは店長の奈良岡正彦さん。火を使う調理の要の部分を担当し、黙々と手を動かす職人タイプだ。江古田店の立ち上げの頃から店を支えてきた。忙しい時は大きなフライパンで2~3人前を一度に調理をする。まさに重労働。火を使う調理の役は誰でもできるわけではないそうだ。

「顔写真はちょっと……」とのことで、背中から失礼します。
肉と豆腐をタレで焼きたっぷりとネギの乗せたジャンボ焼定食880円、野菜の付け合わせがうれしいチキンソテー定食860円、生野菜とタルタルソースを添えた白身魚のバター焼き定食880円。ここでのおしながきは、どれもボリュームたっぷりなのにお手頃価格で食べられるのがポイント。

がっつり濃厚な味わいのおかずと白米を一緒に食べるとき、体の内側から湧き出てくるよろこびがある。『洋庖丁 池袋店』のからし焼にはそんな本能に近い幸福感をたっぷりともたらしてくれる。「毎日来て毎日からし焼を頼むお客様もいます」とは青木さんの談。一度食べたら忘れられない、魅惑の味なのだ。

住所:東京都豊島区池袋2-41-6 第一シャンボールビル1F/営業時間:11:00〜22:00/定休日:日/アクセス:JR・私鉄・地下鉄池袋駅から徒歩3分

構成=フリート 取材・文・撮影=宇野美香子