入間の記事一覧

1〜5件(全5件)
飯能・入間・所沢で発見! 秘境? 街なか? 武蔵野うどん探訪記
北関東の風土が薫る魂の一杯をもとめて、飯能・入間・所沢へ。辺境で昔ながらの地粉うどんを打つ店がある。市街で自分流のアレンジを加えた麺を生み出す店がある。ともに共通するのは「埼玉のうどんはヤワじゃねえ」という気概。小麦文化を背景にもつ郷土麺を求め、街へ秘境へ。
パリッコの埼玉南西ディープ酒場 ~飯能・狭山・入間、珠玉の4店~
歩いてめぐった飯能・入間・狭山の街。それぞれに再開発のおよんでいない古い飲み屋街などが残っていて、飲み歩きがとても楽しいエリアだった。中でも特に素晴らしかった4店の記録をどうぞ。
こだわり食材に舌鼓。狭山・入間グルメ7軒
本場へ飛ぶ。奥深い山や冷たい川へ入る。数キロ四方の良品を集める……。狭山・入間の飲食店は、食材への探究心が深く、静かに力強く営む。中華に和食、麺に洋食。皿の向こうに産地の風景が広がるような、食材の魅力が口に広がる。「うまい!」が響く、真の“ご馳走”をご紹介。
非日常にひたる狭山・入間のカフェ
街の空気に欧米文化が溶け込み、異国のような穏やかさに包まれる狭山・入間エリア。ここのカフェには、自然を慈しみ、使い込まれた道具を愛し、時間を楽しむ贅沢がある。ひだまりで茶を喫すれば、のどかな風が吹き抜けるようだ。非日常を楽しむカフェ、3軒を紹介。
山麓にはムーミン谷! 往復3時間の駅からお手軽ハイキング〜加治丘陵〜
子供も少し歩けるようになり、近く山登りにでも挑戦したいな。なんて親子が対象の『親子で山登り』。第2回のテーマは駅からハイキング!都心からの移動がしやすい西武鉄道池袋線仏子駅を起点に往復約3時間で楽しむ加治丘陵は、そのほとんどの登山道が舗装道路。けれど、深い森と山頂展望台からの大展望が魅力の丘陵帯です。加えてうれしいのが、山頂直下にある「山仕事の広場」と山麓にある『トーベヤンソンあけぼの子供の森公園』の2つ。山仕事の広場では木製遊具で子供と一緒に楽しめるし、子供の森公園ではムーミン谷の世界に浸れます。まさに自然と公園を一度に楽しめるおすすめルートなのです。

入間のスポット一覧

1〜8件(全8件)
さわだ
裏山で採った極太の竹を使い、体重を目いっぱいかけて麺を伸ばす。あえて寝かさず朝の打ちたてを出すのも、小麦の風味を優先する...
範(てほん)
お店を1人で切り盛りする、福島出身の真理子ママ「うちはまずお通しが100円でたっぷり出るから、足りなかったら他を注文して...
鳩家
入間駅から歩くこと約15分。街道沿いの横道に、突如一本の小さな飲み屋街が現れる。『鳩家』は50年以上の歴史を誇る古株で、...
郷土料理ともん
渓流釣り名人の戸門秀雄さんと妻のみね子さんで営んできたが、近年、息子の剛さんが加わりパワーアップ。イワナと寒雑魚の塩焼き...
ウェロニカ・ペルシカ
「地元のものにフレンチらしい食材を合わせて、仏子ならではのひと皿を」。祖母の家を改装して12年前に独立したオーナーシェフ...
麺.SUZUKI
「高級食材だけで作ったら、どんな味がするんだろう」。常連さんの声を聞いた店主の鈴木貴弘さんは、名古屋コーチン、比内地鶏、...
豆春(まめはる)
勤めた焙煎所の5㎏釜を引き継いだ宮木春子さんが自宅で開業。注文は、ずらりと並ぶ約20種の豆から、飲みたい味を選び、抽出方...
パン工房パンジャ
店内で作られる、石釜焼きパンが人気のパン工房。カレーパンが人気だが、惣菜パンもおいしい。カフェが併設されているので、購入...
PAGE TOP PAGE TOP