牛の角突き

角突きの音と掛け声、歓声が響き渡る伝統神事

疫病除けに始まるとされる神事。闘牛だが勝負はつけず頃合いをみて引き分けにする。ほとんどが南部牛で最大1100kgの巨体がぶつかり合うさまは圧巻だ。相撲同様、取組が進むにつれてどんどん強くなり「終い三番」は横綱級の好取組。わかりやすい軽妙な実況解説があるので初心者でも安心。

●一般席1000円・特別席2000円。9月6日、10月4日、11月1日各12時〜15時ごろ、小千谷闘牛場で開催。新潟県小千谷市小栗山2453  ☎0258‐83‐3512(小千谷市観光交流課・観光協会)

引き分け後は「人vsウシ」。勢子の勇猛果敢な妙技も見どころの一つ。
ウシの急所である鼻を素手でつかみ、おとなしくさせる「鼻とり」。

石動神社

疫病退散を願って「面綱(おもづな)の輪」くぐり

面綱をくぐって祓い清め、新型コロナの早期終息と無病息災を祈る。
天井画の錦鯉と牛の角突きを描く御朱印帳2000円(御朱印含む)。

上杉謙信没後の家督争い「御館(おたて)の乱」で落城した薭生(ひう)城の城主や家老、宮司家初代の廣井清左衛門らにより始まったとされる蘭木村。14・15代目宮司が、村で代々信奉してきた石動様や内鎮守を祀る里宮を2015年に建立。2020年は茅の輪でなく、牛の角突きの化粧まわし「面綱」を新型コロナ終息まで設置。

住所:新潟県小千谷市大字ひ生乙1380-2/営業時間:8:00~18:00/定休日:無

錦鯉の里

「泳ぐ宝石」「泳ぐ芸術品」が愛めでられる唯一無二の場所

錦鯉発祥の地、小千谷ならではの世界唯一の施設。約200年前に突然変異で生まれ、この地で研究と改良が重ねられ世界が認める鑑賞魚になった錦鯉。誰でも気軽に鑑賞でき、歴史や品種・飼育方法などを学べる。屋内外の池で泳ぐ優秀鯉の眺めは壮観そのものだ。錦鯉オーナー制度もある。

4つの池と2つの滝を配した庭園に優秀鯉15品種約220尾が泳ぐ。
110尾が泳ぐ屋内の鑑賞池。餌(100円)をやると、この通り。
住所:新潟県小千谷市城内1-8-22/営業時間:9:00~18:00/定休日:無

小千谷織物工房「匠之座」「織之座」

素朴で涼やか、伝統の小千谷縮は夏の高級織物

かつて小千谷地方で嫁入りの必須条件だったといういざり機織り。

伝統技法で独特のシボ(しわ)を生み出し、織りあげる小千谷縮。江戸時代初期、越後麻布に改良を加えて生み出され、薄く涼しいことから全国で広く愛用されてきた。『サンプラザ』内で織物製品を展示販売する「匠之座」、織物体験(現在は展示のみ)できる「織之座」でその質感に触れられる。

着け心地さわやか、快適な「小千谷縮おしゃれマスク」1350円。
住所:新潟県小千谷市城内1-8-25/営業時間:10:00~17:00/定休日:水(『サンプラザ』は無休)

元祖小千谷そば 角屋

織物の町ならではのへぎそばを老舗で食す

一口程度に丸めて盛り付ける、へぎそば2人前1640円(写真は4人前)。

明治22年(1889)の創業から伝統の味を守り続ける老舗そば処。オススメは、もちろん小千谷名物へぎそば。織物の糊付けに使う海藻の布海苔(ふのり)をつなぎに打つユニークなそばで、コシが強く歯ごたえのよさとなめらかさが特徴。「へぎ」は剝ぐが訛ったもので、杉板を薄く剝いで作った四角い器のこと。その器に食べやすいよう「手振り」で小分けされる。

碾きたて、打ちたて、ゆでたてのへぎそばを、ゆったりした店内で。
住所:新潟県小千谷市桜町4992/営業時間:11:00〜14:30LO・16:30〜19:30LO/定休日:不定

クレープハウス星野屋

たっぷりのフルーツは果物専門店ならでは

スイーツ系・食事系クレープ8個セットのプチクレープ1080円。
小千谷女子の聖地なだけにピンク。現在テイクアウト専門で営業中。

明治38年(1905)創業の果物専門店が営む店。クレープやパフェ、パンケーキのテイクアウトメニューが盛りだくさん。本業が果物屋だけに、ジューシーで旬なフルーツをたっぷりトッピング。驚くべきはその種類。クレープだけでも約200種類以上あり、さらに新メニューが続々と登場している。

住所:新潟県小千谷市城内1-5-20/営業時間:9:00〜18:00LO/定休日:無

さつまいも農カフェ きらら

アツアツとひんやり、まぜながら一口ずつ

サツマイモ愛から生まれた絶品の焼きイモソフトクリーム430円。

サツマイモマニアのオーナー考案の、焼きイモソフトクリームが人気。コーンの代わりに焼きイモを使った独創的なスイーツで、濃厚なガンジー乳のソフトとホカホカの焼きイモの相性が絶妙。焼きイモのおいしさと温かさがより引き立つ。雪イモポテト590円、フライドイモ子310円もぜひ。

行けばかならず会える看板娘、願イモ叶う「さつまいもこ」さん。
住所:新潟県小千谷市桜町2495-1/営業時間:10:30〜18:00/定休日:水・木

ぽっぽの里公園

「おぢや」? 「おじや」? 今さら校正しても……です

西小千谷駅で使われていた柱用駅名標。これだけが「おじや」表記。

今はなき国鉄魚沼線の終点、西小千谷駅の遺構を保存する公園。魚沼線はもともと魚沼鉄道という軌間762㎜の軽便鉄道。大正9年(1920)にほぼ並行する現在の上越線が開業したため赤字に転落、国有化され戦時中に休止されるまで軽便規格で営業した。1954年に一部ルートを変更、1067㎜に改軌して再開されたが利用者は少なく1984年廃止された。

●園内自由。新潟県小千谷市城内3-2

小栗山木喰観音堂

微笑を浮かべた温和な木喰(もくじき)仏

住民総出で運びあげたイチョウの大木1本から造ったといわれる。(写真提供:小千谷市)

全国を旅しながら微笑仏(みしょうぶつ)と呼ばれる仏像を91歳まで精力的に彫り続けた木喰上人(1718〜1810)。2度目の越後巡礼で、ここに24日間滞在して三十三観音と行基菩薩、大黒天の35体を彫り上げた。上人85歳のときの円熟した作品群に心が和む。

住所:新潟県小千谷市大字小栗山/営業時間:8:00〜16:00ごろ、毎月17日(5 〜11月)と牛の角突き開催日に開帳。