【STEP 1】皇居ランに必要な用品やサービスもこの街なら揃う

人生初の皇居ランに挑むと決めたものの、右も左もわからない。まずは専門家に聞いてみよう。
最初に訪れたのは神保町の『さかいやスポーツシューズ館』。スタッフの斎藤勇一さんは、数多くのランナーがアドバイスを求めにやってくる名物店員だ。
「シューズ選びも重要ですが、さらに膝への負担を軽減させるのはインソール、つまり中敷きなんです。当店では、それぞれの足の形に合わせたインソールを作っているので、ぜひご利用ください」

お次も神保町の『サクラカフェ神保町』。皇居ランナーのために荷物の預かりサービスとシャワーの利用を含むランニングステーションを設けている。「早朝に走るランナーの方には、カレー、ラーメン、サンドイッチなどのモーニングセットが人気ですね」とスタッフの篠原絢子さん。

続いて、御茶ノ水駅付近にあるスーパー銭湯『RAKUSPA1010神田』。100円でロッカーを使えるほか、ラン後のお風呂が楽しめる。「近隣のオフィスで働く方が仕事後に利用されるケースが多いです。炭酸泉のお風呂はランの疲れが取れます」と店長の網代さん。

最後は馬喰町にあるランニング専門店、『Run boys! Run girls!』。スタッフの仲田潔子さんは、フルマラソンのベストタイムが3時間16分という強者だった。「シューズ選びはデザインも大事。気に入ったものだとランのテンションが上がりますから」。ここで、シューズとソックスを購入。さあ、あとは決行を待つのみ!

【STEP 2】数十年ぶりのランニング、果たして完走できるか?

決行の日がやってきた。気温は22℃と絶好のラン日和だ。とはいえ、 一人では心もとないので仲田さんに伴走をお願いした。彼女はふだんから仕事終わりに皇居ランをしており、興が乗った日は5周することもあるらしい。

「よっしゃあ、初の皇居ラン、やったるで!」
『Run boys! Run Girls!』の仲田さんが伴走してくれましたよ。「無理をせず、マイペースで走りましょう!」
スタートは地下鉄竹橋駅付近、大手濠に立つ和気清麻呂像から。

大手濠の和気清麻呂像前からスタート。シューズの性能に驚いたが、何しろ数十年ぶりのランニング。体がびっくりしている。数百mほど走った地点で早くも小休止。仲田さんは 「大丈夫、自分のペースで行きましょう」 と言ってくれる。

いきなり上り坂……。皇居周回コースは約30mの高低差があるのだ。
仲田さんが好きな景色のひとつ。国会議事堂も見えますね。
100mごとに現れる47都道府県の「花の輪」プレートにも注目。

以降、走っては歩くを繰り返して距離を伸ばす。ガチ勢のランナーがすごい勢いで追い抜いて行く。仲田さんいわく、「皇居ランじゃないと見られない景色があります。私が好きなのは千鳥ケ淵付近と東京駅が正面に見えるポイントです」。

国の重要文化財、桜田門をくぐるのも皇居ランの醍醐味のひとつ。
パワースポットの二重橋に一礼。奥に皇居内の伏見櫓を望む。
「東京駅が真っ正面というお気に入りスポットです」と仲田さん。

二重橋の辺りでは皇宮警察の騎馬隊を見ることもあるそうだ。走り始めて30分ほど経った。
「仲田さん、そろそろゴールでしょうか」
「まだ半分ぐらいです(笑)」。そんなやりとりを経て、スタートから約1時間後にゴール。いやあ、長かった。しかし、東京の真ん真ん中の景色を眺めながらの皇居ランは予想以上に楽しいということがわかった。仲田さん、また一緒に走りましょう。

5kmは予想以上に長かった。これを何周もする仲田さん、すごい……。

【皇居ラン トリビア】ここで「皇居ラン」の歴史をご紹介します!

コースの見どころの一つ、桜田門をくぐっていく皇居ランナーたち。背後には警視庁の庁舎がある。

ブームのきっかけは1964年の「皇居1周マラソン」。同年の東京オリンピックでは円谷幸吉がマラソン競技で銅メダルを獲得し、日本中が大いに沸いた。そんな背景のもとに大会を主催したのは銀座のバーやクラブ。約40人のホステスさんが深夜、一斉にスタートを切り、優勝者は1周5kmのコースを23分台で走ったというからすごい。現在は日本一有名なランニングスポットとなり、多い日には1日に1万人ものランナーが集まる。

《ここで準備&休憩ができます》

さかいやスポーツ シューズ館( 神保町 )

アウトドアシューズのことなら何でもござれ

シューズの品揃えは500種類以上。専門的な知識を持つスタッフが相談に乗ってくれる。

登山・アウトドア用品専門店の『さかいやスポーツ』グループは神保町に店を構えて66年。その中でここはトレイルランニング用のシューズ、ソックス、シューズケア用品などを扱う。足の形状を測定したうえで成型するオリジナルのインソールは、「靴擦れ」「ひざ痛」「指の付け根の腫(は)れ」といった足の3大トラブルを解消してくれる。

スタッフの斎藤勇一さん。
ソックス選びも重要で、売れ筋は着圧、吸汗性がある5本指のもの。

『さかいやスポーツ シューズ館』店舗詳細

住所:東京都千代田区神田神保町2-14 SP神保町ビル/営業時間:11:00~20:00/定休日:無/アクセス:地下鉄神保町駅から徒歩2分

サクラカフェ 神保町 ( 神保町 )

朝ラン後はおいしいモーニングで満腹に

カフェは早朝からオープンしていて便利。人気のモーニングメニューはアボカドチーズサンドとアイスコーヒーセット700円。

年間約3万人、世界中から宿泊客が訪れる『サクラホテル』に併設されたカフェ。皇居に近いため、荷物預かりサービスとシャワー設備を備えたランニングステーションを設けている(550円)。朝ランを終えたらシャワーを浴びて、ドリンクバーセット700円、世界のビール1本セット1000円で至福のひとときを味わえるのだ。

1年前にリニューアルしたきれいなシャワールーム。タオルも無料でレンタルできる。

『サクラカフェ 神保町』店舗詳細

住所:東京都千代田区神田神保町2-21-4/営業時間:5:00~20:00LO/定休日:無/アクセス:地下鉄神保町駅から徒歩2分

RAKU SPA 1010神田( 御茶ノ水 )

御茶ノ水ランナーの癒やしステーション

ランの疲れが取れると評判の炭酸泉風呂。その他、季節の湯、イベント風呂などの様々な替わり湯も楽しめる。

2019年オープンしたばかりのスーパー銭湯。100円を払ってロッカーに荷物を預け、ラン後は480円で水風呂、炭酸泉、替わり湯に浸かれる。御茶ノ水界隈のオフィスに勤める皇居ランナーに愛されている施設だ。館内にはサウナ、食事処、コワーキングスペース、マッサージルームあり(それぞれ別料金)、さまざまな利用法が可能。

ロッカーの脇には店長・網代浩一さんが自ら走って作った「皇居ランマップ」がある。

『RAKU SPA 1010』店舗詳細

住所:東京都千代田区神田淡路町2-9-9/営業時間:11:00~翌8:00(最終受付は~翌7:00)/定休日:無休/アクセス:JR中央総武線・地下鉄丸の内線御茶ノ水駅から各徒歩5分

Run boys! Run girls!( 馬喰町 )

ボーイもガールもランランラン!

期間限定のお得価格でランシューズをゲット!

「ランニングを通じて人生を豊かにする」というコンセプトを掲げるランニング専門店。物販のみならず、ランニング関連の情報発信や交流イベントも積極的に実施。初心者から100マイル(約160km)マラソンへの出場を目指すガチ勢も所属するランニングチームのメンバーは100人を超えている。

フィット感がすごいソックスも1760円で購入。
「スマホや鍵などは、このランニングベルト7560円に入れると便利」とスタッフの仲田さん。

『Run boys! Run girls!』店舗詳細

住所:東京都千代田区東神田1-2-11 アガタ竹澤ビル404/営業時間:15:00~20:00(土・日・祝は12:00~18:00)/定休日:水/アクセス:JR総武快速線馬喰町駅から徒歩3分

取材・文=石原たきび 撮影=丸毛 透
『散歩の達人』2021年11月号より