銭湯サイズの浴室。炭酸泉で長湯を楽しもう

小部屋の仕切りや浴槽の壁面には浮世絵調の絵が描かれ、和のムードを感じる。

『RAKU SPA 1010 神田』は、全国にスーパー銭湯を展開する『極楽湯』が運営する新業態の温浴施設。風呂と遊びをコラボさせた楽しい空間が特徴。4店舗目となる神田店は、都市型店舗にふさわしく、コワーキングスペースを儲けるなど、ビジネスマンのニーズにも対応している。

1階で受付を済ませたら3階の浴室へ。店名に「1010(せんとう)」とあるが、まさに、街の銭湯のようなシンプルな造り。

血行と新陳代謝の促進、美容効果が期待できるという人工炭酸泉の浴槽。

浴槽は3つあり、中央の一番大きな浴槽は38度くらいのぬる湯となっている炭酸泉。手足を伸ばして長湯を楽しめば、心からリラックスできる。左側の小部屋は季節の湯や薬湯などを楽しめる日替の湯。炭酸泉との交互浴がおすすめだ。

日替の湯では、季節の湯やイベント風呂、薬湯などさまざまな湯を楽しめる。
サウナで汗を流せば、老廃物も一緒に流れ出て、体がシャキッとする。マットもこまめに交換するので、気持ちがよい。

マンガ、うたた寝、テレビ観賞など、思い思いに過ごせるくつろぎスペース

4階は、大樹をモチーフにしたオブジェがくつろぎの空間を演出する。

4階はRAKU SPAコース専用フロア。他人の目を気にせずにくつろげる半個室型の2段BOXや蜂の巣が珍しい。このほか、体がすっぽりと包まれてふわふわ揺れるハンモック、テレビ付きのリクライニングチェア、横になれるマットコーナーなど、さまざまな休憩スペースが設けられているので、お好みの場所を探してみよう。

書棚を埋め尽くす5000冊のマンガ・雑誌は読み放題でWi-Fiもフリー。フロアの一画にはコンセント付きのデスクがあり、コワーキングスペースとして利用できる。深夜料金を払えば、宿泊施設代わりに利用ができるのも便利だ。

ハンモックに包まれたり、蜂の巣に寝ころびながらマンガを読むのも楽しそう。

漢方オイル使用のボディケアでココロもカラダも癒やしたい

週末や休日には、“自分へのご褒美に”と、施術を受ける女性が多い。

地下1階のリラクゼーションルームでは、漢方オイルを使用したオールハンド施術のボディケアメニューが用意されている。

アロマセラピーコース40分6050円~。リンパデトックスコース40分5940円~、小顔フェイシャルコース30分4400円のほか、整体20分2200円~などのコースがあり、入浴と組み合わせればボディケア効果も大きい。

地下1階にはRAKU SPAコース専用の女性仮眠スペースもあるので、このフロアは女性の楽園という趣。

温浴施設内のレストランとは思えない充実メニューと洗練された空間

レストランはおしゃれなカフェのような洗練された空間。

2階はレストラン「1010 Dining & Pub(せんとうダイニング アンド パブ)」。手軽に食べられるホットドッグや長崎県南島原から取り寄せた手延べそうめんを使用したパスタ、大豆ミートを使用した健康食など、オリジュナリティ豊かな多彩なメニューがそろっている。

1010(銭湯)ドッグは、プレーン、Wチーズ、メキシカンサルサなど5種類あり、528円〜。

都内限定クラフトビールをはじめ、酒のメニューも豊富で、酒類だけでも70種類を超す。カフェのようなインテリアも女性客に好評だ。

TOKYO 隅田川ブルーイングの3種のクラフトビールの飲み比べセットは1078円。

「駅近なので、お気軽に足をお運びください。銭湯でサクッと汗を流すこともできますし、RAKU SPAコースで一日ゆっくり過ごすこともできます。お好みに合わせてご利用下さい」と話す網代浩一店長。

銭湯のように気軽に入浴やサウナだけを利用することもできるし、寝転んだり、マンガを読んだりして過ごす遊びの場として、あるいはPCを持ち込んでコワーキングスペースとして利用することもできる。

また、深夜料金を払えば、宿泊施設代わりに朝まで過ごせるのも便利だ。『RAKU SPA 1010 神田』は、使い方自由自在の都市型温浴施設として注目度も高い。

「近隣に働くビジネスマンの、都会のオアシスのような存在になれればうれしいですね」と網代店長。
住所:東京都千代田区神田淡路町2-9-9/営業時間:11:00~翌8:00(最終受付は~翌7:00)/定休日:無休/アクセス:JR中央総武線・地下鉄丸の内線御茶ノ水駅から各徒歩5分

取材・文=塙広明 写真=RAKU SPA 1010 神田